1988年の阪急ブレーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1988年の阪急ブレーブス
成績
パシフィック・リーグ4位
60勝68敗2分 勝率.469[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪急西宮スタジアム
阪急西宮スタジアム.JPG
球団組織
オーナー 柴谷貞雄小林公平
経営母体 阪急電鉄
監督 上田利治
 < 1987 1989 > 

1988年の阪急ブレーブス(1988ねんのはんきゅうブレーブス)では、1988年の阪急ブレーブスにおける動向をまとめる。

この年の阪急ブレーブスは、2回目の上田利治監督体制の8年目(通算13年目)のシーズンである。この年の10月に球団のオリックスへの譲渡が発表され、新球団名が「オリックス・ブレーブス」に決定したため、「阪急ブレーブス」としての最後のシーズンとなった[2][3]。また、長年チームを支えた山田久志福本豊がこのシーズン限りで引退した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[4]
1 本西厚博
2 福良淳一
3 ブーマー
4 石嶺和彦
5 松永浩美
6 高橋智
7 内田強
8 弓岡敬二郎
9 福本豊
投手 佐藤義則
1988年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 近鉄 1.5 近鉄 4.5 近鉄 7.5 近鉄 5.0 近鉄 4.0 近鉄 1.5 近鉄 0.0
3位 ロッテ 2.0 ロッテ 8.0 日本ハム 11.5 日本ハム 8.5 日本ハム 12.0 日本ハム 9.0 日本ハム 12.5
4位 日本ハム 3.0 日本ハム 9.5 ロッテ 11.5 阪急 10.0 南海 13.0 阪急 12.5 阪急 15.0
5位 阪急 6.5 南海 10.0 南海 11.5 南海 10.5 阪急 13.0 南海 13.5 南海 17.5
6位 南海 8.0 阪急 13.0 阪急 15.0 ロッテ 11.0 ロッテ 15.0 ロッテ 14.5 ロッテ 21.0
期間
成績
6勝12敗
勝率.333
9勝14敗
勝率.391
9勝9敗
勝率.500
10勝4敗2分
勝率.714
9勝11敗
勝率.450
9勝10敗
勝率.474
8勝8敗
勝率.500

[5][6][7][8][9][10]

1988年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 73 51 6 .589 -
2位 近鉄バファローズ 74 52 4 .587 0.0
3位 日本ハムファイターズ 62 65 3 .488 12.5
4位 阪急ブレーブス 60 68 2 .469 15.0
5位 南海ホークス 58 71 1 .450 17.5
6位 ロッテオリオンズ 54 74 2 .422 21.0

[1]

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/星野伸之 27 27 16 1 0 13 9 0 862 209.0 168 29 79 1 163 3 0 85 71 3.06 1.182
/佐藤義則 25 25 14 5 1 13 10 0 820 195.2 176 22 70 10 112 4 0 76 70 3.22 1.257
/古溝克之 28 21 9 3 0 10 10 0 657 155.1 153 28 58 3 81 1 0 80 78 4.52 1.358
/山沖之彦 25 25 6 3 0 7 12 0 622 142.2 166 26 47 0 73 6 0 86 79 4.98 1.493
/山田久志 20 19 5 0 1 4 10 0 490 118.0 125 20 28 2 43 0 0 68 64 4.88 1.297
/森浩二 42 0 0 0 0 2 1 0 228 54.1 61 4 12 1 23 1 0 25 22 3.64 1.344
/伊藤敦規 20 5 0 0 0 1 4 1 224 49.0 58 8 16 5 28 0 0 34 31 5.69 1.510
/山内嘉弘 29 0 0 0 0 4 3 11 205 47.2 45 6 17 1 31 1 0 16 12 2.27 1.301
/原田賢治 23 2 0 0 0 3 2 0 182 42.0 41 5 16 3 28 4 1 24 20 4.29 1.357
/今井雄太郎 13 5 0 0 0 2 4 0 154 34.1 42 3 5 5 17 0 0 28 20 5.24 1.369
/関口朋幸 21 0 0 0 0 0 1 0 88 19.2 25 0 7 1 7 1 0 5 4 1.83 1.627
/清原雄一 11 0 0 0 0 1 0 0 80 18.2 18 1 8 1 6 1 0 7 6 2.89 1.393
/谷良治 9 0 0 0 0 0 0 0 81 17.2 26 1 2 0 9 0 0 11 9 4.58 1.585
/森厚三 9 0 0 0 0 0 2 0 63 13.2 20 3 3 1 12 0 0 13 13 8.56 1.683
/小林敦美 7 0 0 0 0 0 0 0 54 10.2 10 2 9 2 8 0 0 9 8 6.75 1.781
/白井孝幸 1 1 0 0 0 0 0 0 24 5.2 5 0 3 0 3 0 0 1 1 1.59 1.412
/二宮正己 4 0 0 0 0 0 0 0 24 4.2 7 1 4 0 1 0 0 4 4 7.71 2.357
/八木政義 2 0 0 0 0 0 0 0 14 2.0 6 0 3 0 1 0 0 6 5 22.50 4.500

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/松永浩美 130 551 473 78 154 27 3 16 235 77 11 4 0 5 72 16 1 52 13 .326 .412 .497 .909
/石嶺和彦 128 515 469 54 139 18 0 22 223 76 0 1 1 4 33 8 8 56 13 .296 .350 .475 .826
/福良淳一 110 483 410 74 131 17 2 7 173 33 12 4 15 4 49 0 5 31 8 .320 .395 .422 .817
/ウイリアムス 100 394 363 38 88 7 1 10 127 30 0 3 10 4 15 0 2 43 14 .242 .273 .350 .623
/ブーマー 88 378 339 48 98 18 0 14 158 46 1 0 0 2 37 6 0 24 15 .289 .357 .466 .823
/藤井康雄 111 348 311 42 89 13 4 20 170 62 1 3 2 0 34 1 1 51 5 .286 .358 .547 .905
/山森眞幸 112 334 295 34 81 12 2 3 106 24 3 2 20 1 14 2 4 40 7 .275 .315 .359 .675
/弓岡敬二郎 102 246 216 15 48 5 0 2 59 11 2 2 13 0 16 0 1 17 5 .222 .279 .273 .552
/熊野輝光 95 231 194 22 42 3 0 6 63 19 5 1 3 2 30 3 2 35 4 .216 .325 .325 .649
/藤田浩雅 83 217 194 15 34 6 0 5 55 25 0 1 9 0 13 1 1 20 7 .175 .231 .284 .514
/福本豊 92 206 174 23 44 12 2 1 63 21 3 1 0 0 32 1 0 18 4 .253 .369 .362 .731
/山越吉洋 89 172 161 21 39 4 3 3 58 19 2 0 3 1 6 0 1 37 2 .242 .272 .360 .632
/中嶋聡 74 145 135 7 24 8 1 2 40 14 1 1 3 2 3 0 2 34 1 .178 .204 .296 .501
/村上信一 76 138 123 11 27 4 0 2 37 13 3 1 1 2 10 0 2 23 1 .220 .285 .301 .585
/本西厚博 51 89 74 9 22 4 0 1 29 6 3 2 11 0 4 0 0 13 4 .297 .333 .392 .725
/南牟礼豊蔵 51 86 74 9 18 2 2 0 24 7 0 2 5 1 6 0 0 11 3 .243 .296 .324 .621
/飯塚富司 22 74 65 8 14 4 0 1 21 6 1 1 0 0 7 1 2 20 2 .215 .311 .323 .634
/内田強 39 66 62 2 9 2 0 0 11 1 1 1 2 0 2 0 0 11 2 .145 .172 .177 .349
/福原峰夫 59 59 51 11 11 2 0 0 13 2 1 0 1 0 7 0 0 21 3 .216 .310 .255 .565
/高橋智 21 58 55 7 14 5 0 1 22 4 0 0 0 0 1 0 2 16 2 .255 .293 .400 .693
/柴原実 21 29 29 0 4 0 0 0 4 1 1 0 0 0 0 0 0 8 0 .138 .138 .138 .276
/長村裕之 18 20 16 2 2 0 0 1 5 1 0 1 0 0 4 0 0 0 1 .125 .300 .313 .613
/山中賢次 9 15 15 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .133 .133 .133 .267
/風岡尚幸 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
/別府修作 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
/渡辺伸治 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

1988 サンヨー オールスターゲーム[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 上田利治
投手 佐藤義則 4
星野伸之 2
内野手 福良淳一
松永浩美 5
ブーマー 4
  • この年の阪急は監督推薦による選出のみであった。

できごと[編集]

1月[編集]

10月[編集]

  • 10月19日 - 球団をオリックスに売却することを発表。翌年より西宮球場が本拠地のまま「オリックス・ブレーブス」に。
  • 10月23日 - 阪急ブレーブスとしての最後の公式戦(対ロッテ戦、西宮球場・ダブルヘッダー)で勝利。(最後の勝利投手は現役引退を発表した山田久志)松永浩美が同試合で11打席連続敬遠を受け、首位打者を逃す。(高沢秀昭(ロッテ)が首位打者を獲得)

選手・スタッフ[編集]

[11]

  • 背番号変更
  • 福良淳一 51→1
  • 山越吉洋 24→2
  • 石嶺和彦 29→3
  • 飯塚富司 2→24
  • 山本誠 59→27
  • 内田強 14→29
  • 吉田征人 76→49
  • 小浜裕一 73→59
  • 守備位置登録変更
  • 本西厚博 内野手→外野手
  • 高橋智 内野手→外野手
  • 東哲也 内野手→外野手
  • 登録名変更
  • 山森雅文→山森眞幸

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
福良淳一 二塁手 初受賞
松永浩美 三塁手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 酒井勉 投手 日立製作所 入団
2位 小川博文 内野手 プリンスホテル 入団
3位 中村佳広 投手 杜若高 入団
4位 山崎尚史 投手 明徳義塾高 入団
5位 戸羽隆 内野手 佐野日本大学高 入団
6位 芦苅芳久 投手 大分・大野高 入団
  • 翌年から「オリックス・ブレーブス」になることが決定していたため、オリックスとしての最初のドラフト指名となった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1988年 パシフィック・リーグ”. 2015年6月4日閲覧。
  2. ^ ヒストリーオリックス球団公式サイト
  3. ^ ベースボール・マガジン社刊「阪急ブレーブス黄金の歴史 永久保存版 よみがえる勇者の記憶 1936-1988」74ページ
  4. ^ 『読売新聞』1988年4月9日付朝刊、14版、19面
  5. ^ 『読売新聞』1988年5月1日付朝刊、14版、17面
  6. ^ 『読売新聞』1988年6月1日付朝刊、14版、19面
  7. ^ 『読売新聞』1988年7月1日付朝刊、14版、19面
  8. ^ 『読売新聞』1988年8月1日付朝刊、14版、19面
  9. ^ 『読売新聞』1988年9月1日付朝刊、14版、19面
  10. ^ 『読売新聞』1988年9月30日付朝刊、14版、19面
  11. ^ LEGEND OF Bs 2012 ~劇的、激動の80's~オリックス・バファローズ公式HP