1989年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1989年ナショナルリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
サンフランシスコ・ジャイアンツ 4
シカゴ・カブス 1
シリーズ情報
試合日程 10月4日–9日
観客動員 5試合合計:26万4617人
1試合平均:05万2923人
MVP ウィル・クラーク(SF)
殿堂表彰者 アンドレ・ドーソン(CHC外野手)
グレッグ・マダックス(CHC投手)
ライン・サンドバーグ(CHC内野手)
ダグ・ハーヴェイ(審判員)
チーム情報
サンフランシスコ・ジャイアンツ(SF)
シリーズ出場 2年ぶり3回目
GM アル・ローゼン
監督 ロジャー・クレイグ
シーズン成績 92勝70敗・勝率.568
西地区優勝

シカゴ・カブス(CHC)
シリーズ出場 5年ぶり2回目
GM ジム・フライ
監督 ドン・ジマー
シーズン成績 93勝69敗・勝率.574
東地区優勝

 < 1988
NLCS
1989

1990 > 

 < 1988
ALCS
1989

1990 > 
ワールドシリーズ

1989年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月3日に開幕した。ナショナルリーグの第21回リーグチャンピオンシップシリーズ(21st National League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、翌4日から9日にかけて計5試合が開催された。その結果、サンフランシスコ・ジャイアンツ西地区)がシカゴ・カブス東地区)を4勝1敗で下し、27年ぶり19回目のリーグ優勝および16回目のワールドシリーズ進出を果たした。

両球団がリーグ優勝決定戦で対戦するのはこれが初めて。この年のレギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、6勝6敗の五分だった[1]。カブスの本拠地球場リグレー・フィールド1914年に開場し、1930年代以降各地の他球場が夜間試合用の照明器具を導入していくなか、昼間のみの試合開催を続けていた。1980年代に入り夜間試合のほうが高額のテレビ放映権料を得られるようになると、リーグはカブスに、ポストシーズン開催地の変更を示唆して照明設置を促した[注 1][2]。その結果1988年に照明設備が導入され、今シリーズ第1戦は球場史上初のポストシーズン夜間試合となった[3]。リグレー・フィールドでの2試合で両球団が星を分けたあと、ジャイアンツは本拠地キャンドルスティック・パークで3連勝してリーグ優勝を決めた。シリーズMVPには、第1戦で2本塁打を放ち6打点を挙げるなど、5試合で打率.650・2本塁打・8打点・OPS 1.882という成績を残したジャイアンツのウィル・クラークが選出された。しかしジャイアンツは、ワールドシリーズではアメリカンリーグ王者オークランド・アスレチックスに0勝4敗で敗れ、45年ぶり6度目の優勝を逃した。

キャンドルスティック・パークは野球専用球場ではなくアメリカンフットボールでも使用され、NFLサンフランシスコ・フォーティナイナーズも本拠地としていた。10月8日、キャンドルスティック・パークでは当初、NFLシーズン第5週、ニューオーリンズ・セインツ対フォーティナイナーズ戦を開催予定だった。しかし今シリーズ開催のため、NFLの試合は開催地をセインツの本拠地ルイジアナ・スーパードームへ移し、その代わりに11月6日の2回目の対戦をキャンドルスティック・パークで行うことにした[4]

試合結果[編集]

1989年のナショナルリーグ優勝決定戦は10月4日に開幕し、途中に移動日を挟んで6日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月04日(水) 第1戦 サンフランシスコ・ジャイアンツ 11-3 シカゴ・カブス リグレー・フィールド
10月05日(木) 第2戦 サンフランシスコ・ジャイアンツ 5-9 シカゴ・カブス
10月06日(金) 移動日
10月07日(土) 第3戦 シカゴ・カブス 4-5 サンフランシスコ・ジャイアンツ キャンドルスティック・
パーク
10月08日(日) 第4戦 シカゴ・カブス 4-6 サンフランシスコ・ジャイアンツ
10月09日(月) 第5戦 シカゴ・カブス 2-3 サンフランシスコ・ジャイアンツ
優勝:サンフランシスコ・ジャイアンツ(4勝1敗 / 27年ぶり19度目)

第1戦 10月4日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ジミー・バフェットによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(1分27秒)
ジャイアンツのウィル・クラークが4回表の満塁本塁打を含む4安打で6打点を挙げる(1分55秒)
8回表、ケビン・ミッチェルの3点本塁打でジャイアンツのリードが8点に広がる(59秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サンフランシスコ・ジャイアンツ 3 0 1 4 0 0 0 3 0 11 13 0
シカゴ・カブス 2 0 1 0 0 0 0 0 0 3 10 1
  1. :スコット・ギャレルツ(1勝)  グレッグ・マダックス(1敗)  
  2. 本塁打:  SF – ウィル・クラーク1号ソロ・2号満塁ケビン・ミッチェル1号3ラン  CHC – マーク・グレース1号2ラン、ライン・サンドバーグ1号ソロ
  3. 審判:球審…ダグ・ハーヴェイ、塁審…一塁: ブルース・フローミング、二塁: テリー・テイタ、三塁: ジム・クイック、外審…左翼: チャーリー・ウィリアムズ、右翼: ランディ・マーシュ
  4. 試合開始時刻: 中部夏時間UTC-5)午後7時20分 試合時間: 2時間51分 観客: 3万9195人 気温: 55°F(12.8°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
サンフランシスコ・ジャイアンツ シカゴ・カブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・バトラー 1 J・ウォルトン
2 R・トンプソン 2 R・サンドバーグ
3 W・クラーク 3 D・スミス
4 K・ミッチェル 4 M・グレース
5 M・ウィリアムズ 5 A・ドーソン
6 T・ケネディ 6 L・サラザー
7 P・シェリダン 7 S・ダンストン
8 J・ウリーベ 8 R・ウローナ
9 S・ギャレルツ 9 G・マダックス
先発投手 投球 先発投手 投球
S・ギャレルツ G・マダックス

第2戦 10月5日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サンフランシスコ・ジャイアンツ 0 0 0 2 0 0 0 2 1 5 10 0
シカゴ・カブス 6 0 0 0 0 3 0 0 X 9 11 0
  1. :レス・ランカスター(1勝)  リック・ラッシェル(1敗)  
  2. 本塁打:  SF – ケビン・ミッチェル2号2ラン、マット・ウィリアムズ1号2ラン、ロビー・トンプソン1号ソロ
  3. 審判:球審…ブルース・フローミング、塁審…一塁: テリー・テイタ、二塁: ジム・クイック、三塁: チャーリー・ウィリアムズ、外審…左翼: ランディ・マーシュ、右翼: ダグ・ハーヴェイ
  4. 試合開始時刻: 中部夏時間UTC-5)午後7時35分 試合時間: 3時間8分 観客: 3万9195人 気温: 58°F(14.4°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
サンフランシスコ・ジャイアンツ シカゴ・カブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・バトラー 1 J・ウォルトン
2 R・トンプソン 2 R・サンドバーグ
3 W・クラーク 3 D・スミス
4 K・ミッチェル 4 M・グレース
5 M・ウィリアムズ 5 A・ドーソン
6 T・ケネディ 6 L・サラザー
7 P・シェリダン 7 S・ダンストン
8 J・ウリーベ 8 J・ジラルディ
9 R・ラッシェル 9 M・バイレッキー
先発投手 投球 先発投手 投球
R・ラッシェル M・バイレッキー

第3戦 10月7日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シカゴ・カブス 2 0 0 1 0 0 1 0 0 4 10 0
サンフランシスコ・ジャイアンツ 3 0 0 0 0 0 2 0 X 5 8 3
  1. :ドン・ロビンソン(1勝)  :レス・ランカスター(1勝1敗)  Sスティーブ・ベドローシアン(1S)  
  2. 本塁打:  SF – ロビー・トンプソン2号2ラン
  3. 審判:球審…テリー・テイタ、塁審…一塁: ジム・クイック、二塁: チャーリー・ウィリアムズ、三塁: ランディ・マーシュ、外審…左翼: ダグ・ハーヴェイ、右翼: ブルース・フローミング
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時20分 試合時間: 2時間48分 観客: 6万2065人 気温: 75°F(23.9°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シカゴ・カブス サンフランシスコ・ジャイアンツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ウォルトン 1 B・バトラー
2 R・サンドバーグ 2 R・トンプソン
3 D・スミス 3 W・クラーク
4 M・グレース 4 K・ミッチェル
5 A・ドーソン 5 M・ウィリアムズ
6 L・サラザー 6 T・ケネディ
7 S・ダンストン 7 C・マルドナード
8 J・ジラルディ 8 J・ウリーベ
9 R・サトクリフ 9 M・ラコス
先発投手 投球 先発投手 投球
R・サトクリフ M・ラコス

第4戦 10月8日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
5回裏、マット・ウィリアムズの2点本塁打でジャイアンツが勝ち越し(1分11秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シカゴ・カブス 1 1 0 0 2 0 0 0 0 4 12 1
サンフランシスコ・ジャイアンツ 1 0 2 1 2 0 0 0 X 6 9 1
  1. :ケリー・ダウンズ(1勝)  :スティーブ・ウィルソン(1敗)  Sスティーブ・ベドローシアン(2S)  
  2. 本塁打:  CHC – ルイス・サラザー1号ソロ  SF – マット・ウィリアムズ2号2ラン
  3. 審判:球審…ジム・クイック、塁審…一塁: チャーリー・ウィリアムズ、二塁: ランディ・マーシュ、三塁: ダグ・ハーヴェイ、外審…左翼: ブルース・フローミング、右翼: テリー・テイタ
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時20分 試合時間: 3時間13分 観客: 6万2078人 気温: 78°F(25.6°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シカゴ・カブス サンフランシスコ・ジャイアンツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ウォルトン 1 B・バトラー
2 R・サンドバーグ 2 R・トンプソン
3 D・スミス 3 W・クラーク
4 M・グレース 4 K・ミッチェル
5 A・ドーソン 5 M・ウィリアムズ
6 L・サラザー 6 T・ケネディ
7 S・ダンストン 7 P・シェリダン
8 R・ウローナ 8 J・ウリーベ
9 G・マダックス 9 S・ギャレルツ
先発投手 投球 先発投手 投球
G・マダックス S・ギャレルツ

第5戦 10月9日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
8回裏、ウィル・クラークの2点適時打でジャイアンツが勝ち越し(1分11秒)
9回表、スティーブ・ベドローシアンがライン・サンドバーグを二ゴロに打ち取り試合終了、ジャイアンツのリーグ優勝が決定(35秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シカゴ・カブス 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2 10 1
サンフランシスコ・ジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 1 2 X 3 4 1
  1. リック・ラッシェル(1勝1敗)  :マイク・バイレッキー(1敗)  Sスティーブ・ベドローシアン(3S)  
  2. 審判:球審…チャーリー・ウィリアムズ、塁審…一塁: ランディ・マーシュ、二塁: ダグ・ハーヴェイ、三塁: ブルース・フローミング、外審…左翼: ジム・クイック、右翼: テリー・テイタ
  3. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後0時7分 試合時間: 2時間47分 観客: 6万2084人 気温: 76°F(24.4°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シカゴ・カブス サンフランシスコ・ジャイアンツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・ウォルトン 1 B・バトラー
2 R・サンドバーグ 2 R・トンプソン
3 M・ウイン 3 W・クラーク
4 M・グレース 4 K・ミッチェル
5 A・ドーソン 5 M・ウィリアムズ
6 L・サラザー 6 T・ケネディ
7 S・ダンストン 7 P・シェリダン
8 J・ジラルディ 8 J・ウリーベ
9 M・バイレッキー 9 R・ラッシェル
先発投手 投球 先発投手 投球
M・バイレッキー R・ラッシェル

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1987年時点で、もしワールドシリーズの試合開催時間が夜から昼へ変更されると、放映権料は1試合あたり最大で1500万ドル減額される恐れがある、とMLB機構コミッショナーピーター・ユベロスが述べている。そのためカブスがポストシーズンへ進出した場合、ホームゲームの開催地を同じイリノイ州シカゴにあるコミスキー・パークや、ミズーリ州セントルイスブッシュ・スタジアムなどへ移す案が取り沙汰されていた。

出典[編集]

  1. ^ "1989 San Francisco Giants Schedule," Baseball-Reference.com. 2021年4月3日閲覧。
  2. ^ Paul Sullivan, "UEBERROTH: CUBS NOT SAFE AT HOME FOR POSTSEASON," Chicago Trinube, June 17, 1987. 2021年4月3日閲覧。
  3. ^ Mike Tully, UPI National Baseball Writer, "Giants 11, Cubs 3," UPI Archives, October 4, 1989. 2021年4月3日閲覧。
  4. ^ "AROUND THE NFL," The Washington Post, September 29, 1989. 2021年4月3日閲覧。