1989年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1989年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ3位
68勝59敗3分 勝率.535
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 加藤巳一郎
経営母体 中日新聞社
監督 星野仙一
 < 1988 1990 > 

1989年の中日ドラゴンズ(1989ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1989年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、星野仙一監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 彦野利勝
2 仁村徹
3 ジョージ
4 落合博満
5 大豊泰昭
6 宇野勝
7 川又米利
8 中村武志
9 小野和幸
1989年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 3.5 巨人 0.0 広島 2.5 広島 7.0 広島 8.0 広島 4.5 広島 9.0
3位 ヤクルト 8.0 阪神 10.5 阪神 15.5 中日 14.0 中日 13.0 中日 13.0 中日 15.5
4位 阪神 8.0 ヤクルト 11.5 ヤクルト 15.5 ヤクルト 20.0 ヤクルト 24.5 ヤクルト 23.0 ヤクルト 28.5
5位 中日 8.0 中日 12.0 中日 阪神 22.0 阪神 29.0 阪神 28.0 阪神 30.5
6位 大洋 8.5 大洋 14.0 大洋 17.0 大洋 24.0 大洋 30.5 大洋 33.5 大洋 36.5
1989年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 84 44 2 .656 -
2位 広島東洋カープ 73 51 6 .589 9.0
3位 中日ドラゴンズ 68 59 3 .535 15.5
4位 ヤクルトスワローズ 55 72 3 .433 28.5
5位 阪神タイガース 54 75 1 .419 30.5
6位 横浜大洋ホエールズ 47 80 3 .370 36.5

オールスターゲーム1989[編集]

  • 監督
星野仙一
  • 監督推薦
西本聖
中村武志
落合博満
宇野勝
彦野利勝
山本昌広(補充選手)

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
落合博満 打点王 116打点 3年ぶり4度目
西本聖 最多勝利 20勝 初受賞
最高勝率 .769 初受賞
その他
選手名 タイトル
西本聖 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
落合博満 三塁手 3年ぶり4度目[注 1]
彦野利勝 外野手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
西本聖 投手 4年ぶり8度目
彦野利勝 外野手 2年連続2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 与田剛 投手 NTT東京 入団
2位 井上一樹 投手 鹿児島商業高 入団
3位 松永幸男 投手 三菱重工長崎 入団
4位 松井達徳 外野手 日産自動車 入団
5位 山田喜久夫 投手 東邦高 入団
6位 種田仁 内野手 上宮高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一塁手部門と二塁手部門で2度ずつ受賞しており、通算8度目。

出典[編集]