1989年の日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1989年の日本(1989ねんのにほん)では、1989年昭和64年/平成元年)の日本出来事流行・世相などについてまとめる。

他の紀年法[編集]

新元号を発表する内閣官房長官小渕恵三1989年1月7日

日本では、西暦の他にも以下の紀年法を使用している。なお、以下の紀年法は西暦と月日が一致している。

在職者[編集]

世相[編集]

1989年の流行語[編集]

新語・流行語大賞の新語部門は「セクシャルハラスメント」、流行語部門は「オバタリアン」が金賞を受賞した(その他の受賞語は後節「#流行語」も参照)。

周年[編集]

できごと[編集]

通年[編集]

1月[編集]

2月[編集]

FM TOWNS」発表(写真は2F、2月28日)

3月[編集]

アジア太平洋博覧会(3月17日開催)

4月[編集]

横浜アリーナ(4月1日開業)

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

海部俊樹が第76代日本国首相に就任(8月10日)

9月[編集]

横浜ベイブリッジ(9月27日開通)

10月[編集]

おとなのふりかけ(10月2日発売)

11月[編集]

12月[編集]

日付不詳[編集]

社会[編集]

政治[編集]

経済[編集]

[編集]

労働[編集]

教育[編集]

女性史[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

イベント・行事[編集]

自然科学[編集]

環境[編集]

天候・天災・観測等[編集]

文化と芸術[編集]

流行[編集]

流行語[編集]

ファッション[編集]

  • イタリアン・ファッションがブーム。サラリーマンのビジネススーツにもソフトスーツが浸透
  • 「渋カジ」が定着
  • ラルフローレンが人気を集める。

建築[編集]

竣工
解体

出版[編集]

ベストセラー

文学[編集]

雑誌[編集]

創刊
廃刊

音楽[編集]

演劇[編集]

歌舞伎
宝塚歌劇団

映画[編集]

邦画[編集]

洋画[編集]

日本公開映画(本国公開は前年以前)
本国公開・日本公開ともに当年

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

ドラマ
バラエティなど諸分野
特撮

コマーシャル[編集]

キャッチフレーズなど 商品名など メーカーなど 出演者 音楽
♪24時間たたかえますか リゲイン 三共 時任三郎 日下好明・近藤達郎・時任三郎(牛若丸三郎太)(歌)
証言 キリンラガービール キリンビール つかこうへい -
私はドライではありません モルツ サントリー 郷ひろみ山本浩二 -
♪まいて まいて〜 手巻き寿司ぃ ミツカン酢 中埜酢店 とんねるず とんねるず(歌)
ピントに強く、色がいい フジカラーHG 富士フイルム 井森美幸 -
ピーマン入れんといてやー 焼ビーフン ケンミン食品 子供2人(イラスト) -
僕はいつもハローダイヤル ハローダイヤル NTT 中井貴一・小島なおみ 高橋良一・中井貴一(歌)
やまだかつてないうまさ ファイブ・ミニ 大塚製薬 山田邦子 芳野藤丸
やわらか頭、してます 企業イメージ 住友金属工業 山瀬まみ -
♪デューダー デューダー DODA 学生援護会 大地康雄イッセー尾形 オリジナル&草競馬
♪そーれ そーれ 鉄骨飲料 鉄骨飲料 サントリー 鷲尾いさ子と鉄骨娘 東京バナナボーイズ・鷲尾いさ子と鉄骨娘(歌)
ちからこぶる。 カップヌードル 日清食品 アーノルド・シュワルツェネッガー ラッキィ池田(振付担当)
カッコインテグラ インテグラ ホンダ マイケル・J・フォックス パワー・オブ・ラヴ(ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
まっさらです パンシロン総合胃腸薬 ロート製薬 渥美清 -
ホカロンで、ホカホカ列島 ホカロン(使い捨てカイロ) ロッテ 福井敏雄 -

アニメ[編集]

アニメーション映画
テレビアニメ
OVA

ゲーム[編集]

コンピューターゲーム[編集]

アーケードゲーム
テレビゲーム
携帯型ゲーム

スポーツ[編集]

総合競技大会[編集]

各競技[編集]

野球[編集]

プロ野球
高校野球

相撲[編集]

大相撲(幕内最高優勝)

プロレス[編集]

モータースポーツ[編集]

競馬[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

昭和天皇(1月7日崩御、平成に改元)
手塚治虫(2月9日死去)
美空ひばり(6月24日死去)

1月 - 3月[編集]

4月 - 6月[編集]

7月 - 9月[編集]

10月 - 12月[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 1月7日 - D県警管内で「雨宮翔子ちゃん誘拐事件」が発生。翌1月8日に死亡が確認される。(小説・テレビドラマ・映画『64(ロクヨン)』)
  • 4月2日 - 警視庁捜査一課に、既存の7つの捜査班のいずれにも属さない刑事部長直轄の機関となる第8班が創設される。(テレビドラマ『ゴリラ・警視庁捜査第8班』)
  • 6月21日 - 小惑星からのサンプルリターンを目的とした日本の無人探査機「青羽」が打ち上げられる。(漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第1650話「帰還1989-008J」)[7]
  • 人類によって火星が征服される。(絵物語『オズマ隊長』)[8]
  • 太平洋上空で隕石群と衝突した宇宙ステーション「ホリゾント」が大気圏内へと墜落する。それと同時に、未知の病原体による伝染病が世界中で発生し、これによる人類の破滅は確実と判断した緊急国連総会は人類自決のために水爆でオゾン層を破壊する「6・9指令」を発動。人類は実験海底都市「ブルーシティー」などで生き残るのみとなる。(漫画『ブルーシティー』)[9][10]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ アスティナは同年4月27日発売。
  2. ^ 同時に郵便料金も3%値上げされた。
  3. ^ NHKフジテレビ系列では毎日新聞が実施する以前から「容疑者」の呼称を付けている。
  4. ^ 宝くじの歴史”. 全国自治宝くじ事務協議会. 2017年9月14日閲覧。
  5. ^ 空手道”. 日本オリンピック委員会 (2010年). 2014年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月15日閲覧。
  6. ^ 香月義徳『大浦留市先生』、1999年11月11日、3, 7頁。全国書誌番号:20049259
  7. ^ 秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所 175』集英社、2011年、76・85頁。ISBN 978-4-08-870234-6。
  8. ^ 手塚治虫『手塚治虫漫画全集 117 オズマ隊長4』講談社、1981年、148頁。ISBN 978-4-06-108717-0。
  9. ^ 星野之宣『ブルーシティー』スコラ、1995年、3・4・8 - 38・46・47・56 - 77・326 - 328頁。ISBN 978-4-7962-0313-5。
  10. ^ 星野之宣『星野之宣SF作品集成I [CONTINENT]』光文社、2008年、187・201・202頁。ISBN 978-4-334-90151-6。

関連項目[編集]