1989年中華民国立法委員増額選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of the Republic of China.svg
中華民国政治関連項目

中華民国の政治
中華民国憲法

総統蔡英文
副総統陳建仁

中華民国総統選挙
中華民国立法委員選挙

行政院 • 立法院
司法院 • 監察院
考試院

国民大会(-2005年

最高法院

政党制度政党一覧

泛藍 : 無盟
泛緑 : NPP 台連
泛橘 : 民国 その他:民衆

両岸問題両岸関係史

台独 • 統一

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 交通
歴史

中華民国関係記事

中華文化
中国の歴史

中華民国立法院

1989年中華民国立法委員増額選挙(-ねんちゅうかみんこくりっぽういいんぞうがくせんきょ)は、中華民国の立法府である中華民国立法院を構成する委員を選出するため1989年12月2日に行われた選挙である。国民党政府台湾に遷都する前の1948年に行われた第1回立法院選挙で選出された後、中国共産党政権(中華人民共和国)の誕生で、改選が不可能となり、そのまま議員職に留まり続けている「資深」(古参)議員を除く、増額委員(台湾地域で改選される委員)130名が改選された。

概要[編集]

1949年から台湾地域で実施されていた戒厳令1987年に解除された後、初めて行われた立法委員選挙である。立法委員選挙と合わせて、21の県と市の首長を選ぶ県長・市長選挙、行政院直轄の台北市高雄市台湾省の三地域の議会議員を選出する選挙も同時に行われた。

また、1989年1月に公布施行された「人民団体法」によって、政党結成が自由化され、民主進歩党(民進党)[1]を初めとする100余りの新政党が結成された。今回の立法委員選挙では初めて党名を公にした民進党を初めとする20余りの政党が選挙に参加した。しかし本法においても共産主義政党は結成を認められなかった。

  • 改選委員数:130名
    • 台湾地域:101名
      • 台湾区域:79名
      • 原住民:4名
      • 職業団体:18名
    • 海外華僑:29名
  • 候補者数
  • 選挙人(有権者):12,600,437名(選挙権年齢は満20歳に達した中華民国の国民)

選挙結果[編集]

1989年中華民国立法院増額委員選挙の結果
中国国民党 民主進歩党 無党籍
・その他
公認 自参 公認 自参
候補者 99 44 52 4 103
当選 69 3 20 1 8
当選者合計 72 21 8
得票率 54.85 3.63 25.79 1.42 11.15
得票率合計 58.48 27.21 11.15
  • 女性は13名当選
  • 海外華僑分については未掲載
  • 投票率:75.1%(前回、1986年選挙は65.38%)

脚注[編集]

  1. ^ 1986年選挙の時、民進党は未成立で「党外公職人員公共政策研究会」、所謂「党外派」として参戦しており、正式に党名を名乗ることが出来たのは中国国民党と、衛星政党である中国青年党中国民主社会党のみであった。
  2. ^ 党の公認が得られないままに出馬した候補者。

参考文献[編集]

  • 台湾研究所編『日文版 中華民国総覧 1990年版』(台湾研究所)