1989年東京都議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1989年東京都議会議員選挙(1989ねんとうきょうととぎかいぎいんせんきょ)は、東京都議会である東京都議会を構成する東京都議会議員を全面改選するため1989年平成元年)7月2日に投開票が行われた選挙である。

概要[編集]

東京都議会議員選挙は、1965年(昭和40年)の東京都議会自主解散で時期がずれたため、統一地方選挙で行われない3つの都県議会選挙の1つである(残り2つは茨城県沖縄県の議員選挙)。

宇野内閣発足後、初めての大型選挙となっただけでなく、都議選投票日と同じ月の7月23日に投票が行われる参議院議員選挙の行方を占う前哨戦としての意味合いが強い選挙となり、各政党とも国政選挙並みに力を入れた選挙となった。

  • 東京都知事鈴木俊一
  • 都議会議員定数:128議席
  • 告示日:6月23日
東京都議会議員選挙の候補者数
党派 合計 うち
女性
現議席
自由民主党 71 2 60 1 10 63
公明党 28 0 26 0 2 29
日本共産党 43 10 15 1 27 19
日本社会党 公認 31 9 10 3 18 11
推薦 10 5 1 0 9 1
民社党 公認 7 0 2 1 4 2
推薦 6 0 1 0 5 1
進歩党 3 0 0 0 3 0
諸派 23 6 0 0 23 0
無所属 24 1 0 3 21 0
合計 246 33 115 9 122 126
  • 出所:「都議選の候補者数」(朝日新聞1989年6月23日付夕刊1面)。『朝日新聞縮刷版 1989年6月号』1115頁。なお党派の掲載順序は現有議席の多い順である。

選挙結果[編集]

投票日:1989年(平成元年)7月2日
投票率:58.74%[1]
党派 得票数 得票率 合計
議席数
女性 改選前
議席数
増減
(±)
自由民主党 1,557,071 30.36 43 1 41 0 2 63 -20
日本社会党 公認 1,252,493 24.42 29 8 10 3 16 11 +18
推薦 252,917 4.91 7 4 1 0 6 1 +5
公明党 799,111 15.58 26 0 24 0 2 29 -3
日本共産党 712,874 13.90 14 3 12 0 2 19 -5
民社党 公認 113,736 2.22 3 0 2 1 0 2 +1
推薦 83,688 1.63 2 0 1 0 1 1 +1
進歩党 39,060 0.76 1 0 0 0 1 0 +1
諸派※ 87,464 1.71 2 1 0 0 2 0 +2
無所属 230,853 4.50 1 0 0 0 1 0 +1
合計 5,128,267 128 17 91 4 33 126
欠2
※諸派2名の内訳は以下のとおり
出所:朝日新聞1989年7月3日付夕刊1面「党派別当選者」と5面「都議選 選挙区別当選者数」、朝日新聞7月4日付26面「都議選 党派別当選者・得票数」。『朝日新聞縮刷版 1989年7月号』123頁、127頁、164頁。

参議院選挙の前哨戦として注目された都議選は翌日開票の結果、自民党がリクルート事件消費税導入、宇野首相の女性問題などの逆風をまともに受ける形で現有議席を大幅に減らし惨敗した。これに対して社会党は前回より得票を大幅に伸ばし、公認候補のみで都議会第二党に躍進した上に当選した推薦候補も含めると現有議席を3倍に伸ばした。得票で見た場合、自民党との票差は1%程度にまで縮めた。公明党は現有29議席より候補者を絞って選挙に挑んだが、候補者2名が落選した。共産党も社会党躍進の余波を受ける形で現有議席を5議席減らした。一方、民社党は善戦健闘し、現有議席を増やすことができた。またミニ政党の進歩党も世田谷区で新人候補が当選した。

杉並区選挙区では社会党現職三井マリ子の大量得票により、他候補の当選ラインが大幅に下がった。その影響で、革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)系の長谷川が滑り込み、1期務めた。MPDは後に大衆党と改名し、下元が代表を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 選挙結果&データ 各種選挙における投票率(東京都選挙管理委員会)

参考文献[編集]

  • 朝日新聞社『「朝日新聞」縮刷版 1989年6月号』
  • 朝日新聞社『「朝日新聞」縮刷版 1989年7月号』

関連項目[編集]