1990年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1990年ナショナルリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
シンシナティ・レッズ 4
ピッツバーグ・パイレーツ 2
シリーズ情報
試合日程 10月4日–12日
観客動員 6試合合計:30万7739人
1試合平均:05万1290人
MVP ロブ・ディブル(CIN)
ランディ・マイヤーズ(CIN)
殿堂表彰者 トニー・ペレス(CINコーチ[注 1]
バリー・ラーキン(CIN内野手)
チーム情報
シンシナティ・レッズ(CIN)
シリーズ出場 11年ぶり7回目
GM ボブ・クイン
監督 ルー・ピネラ
シーズン成績 91勝71敗・勝率.562
西地区優勝

ピッツバーグ・パイレーツ(PIT)
シリーズ出場 11年ぶり7回目
GM ラリー・ドーティー
監督 ジム・リーランド
シーズン成績 95勝67敗・勝率.586
東地区優勝

 < 1989
NLCS
1990

1991 > 

 < 1989
ALCS
1990

1991 > 
ワールドシリーズ

1990年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月4日に開幕した。ナショナルリーグの第22回リーグチャンピオンシップシリーズ(22nd National League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、同日から12日にかけて計6試合が開催された。その結果、シンシナティ・レッズ西地区)がピッツバーグ・パイレーツ東地区)を4勝2敗で下し、14年ぶり9回目のリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たした。

両球団がリーグ優勝決定戦で対戦するのは、ともに前回出場の1979年以来5度目。その翌年以降1980年代の10年間で、当時のナショナルリーグ全12球団中この2球団だけがポストシーズン出場を逸し続けていたが[1]1990年代最初の年に揃って11年ぶりに出場した。この年のレギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、6勝6敗の五分だった[2]。レッズはこの年 "ナスティ・ボーイズ" との異名を持つ強力な救援投手陣を擁して勝ち進んだ。今シリーズでも、彼らのうちロブ・ディブルランディ・マイヤーズが合わせて10.2イニングで17三振を奪い防御率0.00を記録[注 2]シリーズMVPを共同受賞した。このあとレッズは、ワールドシリーズでもアメリカンリーグ王者オークランド・アスレチックスを4勝0敗で下し、14年ぶり5度目の優勝を成し遂げた。

パイレーツの本拠地球場スリー・リバース・スタジアムは野球専用球場ではなくアメリカンフットボールでも使用され、NFLピッツバーグ・スティーラーズも本拠地としていた。今シリーズ第3戦は当初、東地区優勝球団の本拠地球場で10月8日に行う予定だったが、その日のスリー・リバース・スタジアムではNFLシーズン第5週、サンディエゴ・チャージャーズ対スティーラーズ戦を開催することになっていた。そのため、今シリーズは第3戦以降の開催日を1日ずつ繰り下げ、第2戦と第3戦の間の移動日を2日間とる異例の日程を組んだ[注 3][3]

試合結果[編集]

1990年のナショナルリーグ優勝決定戦は10月4日に開幕し、9日間で6試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月04日(木) 第1戦 ピッツバーグ・パイレーツ 4-3 シンシナティ・レッズ リバーフロント・スタジアム
10月05日(金) 第2戦 ピッツバーグ・パイレーツ 1-2 シンシナティ・レッズ
10月06日(土) 移動日
10月07日(日)
10月08日(月) 第3戦 シンシナティ・レッズ 6-3 ピッツバーグ・パイレーツ スリー・リバース・スタジアム
10月09日(火) 第4戦 シンシナティ・レッズ 5-3 ピッツバーグ・パイレーツ
10月10日(水) 第5戦 シンシナティ・レッズ 2-3 ピッツバーグ・パイレーツ
10月11日(木) 移動日
10月12日(金) 第6戦 ピッツバーグ・パイレーツ 1-2 シンシナティ・レッズ リバーフロント・スタジアム
優勝:シンシナティ・レッズ(4勝2敗 / 14年ぶり9度目)

第1戦 10月4日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ピッツバーグ・パイレーツ 0 0 1 2 0 0 1 0 0 4 7 1
シンシナティ・レッズ 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 0
  1. :ボブ・ウォーク(1勝)  ノーム・チャールトン(1敗)  S:テッド・パワー(1S)  
  2. 本塁打:  PIT – シド・ブリーム1号2ラン
  3. 審判:球審…ハリー・ウェンデルステット、塁審…一塁: ジョン・マクシェリー、二塁: ポール・ランギー、三塁: ダッチ・レナート、外審…左翼: ジェリー・クロフォード、右翼: ジェリー・デービス
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時30分 試合時間: 2時間51分 観客: 5万2911人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ピッツバーグ・パイレーツ シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 W・バックマン 1 B・ラーキン
2 J・ベル 2 B・ハッチャー
3 A・バンスライク 3 H・モリス
4 B・ボニーヤ 4 E・デービス
5 B・ボンズ 5 P・オニール
6 S・ブリーム 6 C・セイボー
7 M・ラバリエール 7 J・リード
8 J・リンド 8 M・ダンカン
9 B・ウォーク 9 J・リーホ
先発投手 投球 先発投手 投球
B・ウォーク J・リーホ

第2戦 10月5日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
レッズのポール・オニールが初回裏に先制適時打、5回裏に勝ち越し適時打を放ち、6回表の右翼守備でも二塁走者アンディ・バンスライクのタッチアップによる進塁を送球で阻止(1分28秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ピッツバーグ・パイレーツ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 6 0
シンシナティ・レッズ 1 0 0 0 1 0 0 0 X 2 5 0
  1. トム・ブラウニング(1勝)  ダグ・ドレイベック(1敗)  Sランディ・マイヤーズ(1S)  
  2. 本塁打:  PIT – ホセ・リンド1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョン・マクシェリー、塁審…一塁: ポール・ランギー、二塁: ダッチ・レナート、三塁: ジェリー・クロフォード、外審…左翼: ジェリー・デービス、右翼: ハリー・ウェンデルステット
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後3時15分 試合時間: 2時間38分 観客: 5万4456人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ピッツバーグ・パイレーツ シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 G・リーダス 1 B・ラーキン
2 J・ベル 2 H・ウィニンガム
3 A・バンスライク 3 P・オニール
4 B・ボニーヤ 4 E・デービス
5 B・ボンズ 5 H・モリス
6 J・キング 6 C・セイボー
7 D・スロート 7 J・オリバー
8 J・リンド 8 M・ダンカン
9 D・ドレイベック 9 T・ブラウニング
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ドレイベック T・ブラウニング

第3戦 10月8日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 2 0 0 3 0 0 0 1 6 13 1
ピッツバーグ・パイレーツ 0 0 0 2 0 0 0 1 0 3 8 0
  1. :ダニー・ジャクソン(1勝)  :ゼイン・スミス(1敗)  Sランディ・マイヤーズ(2S)  
  2. 本塁打:  CIN – ビリー・ハッチャー1号2ラン、マリアーノ・ダンカン1号3ラン
  3. 審判:球審…ポール・ランギー、塁審…一塁: ダッチ・レナート、二塁: ジェリー・クロフォード、三塁: ジェリー・デービス、外審…左翼: ハリー・ウェンデルステット、右翼: ジョン・マクシェリー
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後3時20分 試合時間: 2時間51分 観客: 4万5611人 気温: 71°F(21.7°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ピッツバーグ・パイレーツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・ラーキン 1 J・キング
2 M・ダンカン 2 J・ベル
3 C・セイボー 3 A・バンスライク
4 E・デービス 4 B・ボニーヤ
5 G・ブラッグス 5 B・ボンズ
6 T・ベンジンガー 6 C・マルティネス
7 J・オリバー 7 D・スロート
8 B・ハッチャー 8 J・リンド
9 D・ジャクソン 9 Z・スミス
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ジャクソン Z・スミス

第4戦 10月9日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
8回裏、パイレーツのボビー・ボニーヤが中堅フェンス直撃の長打を放ち三塁進塁を狙うも、左翼手エリック・デービスの送球でタッチアウトに(1分43秒)
9回裏、ロブ・ディブルが代打ジェフ・キングを見逃し三振に仕留めて試合終了、レッズがリーグ優勝に王手をかける(30秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 0 2 0 0 2 0 1 5 10 1
ピッツバーグ・パイレーツ 1 0 0 1 0 0 0 1 0 3 8 0
  1. ホセ・リーホ(1勝)  :ボブ・ウォーク(1勝1敗)  Sロブ・ディブル(1S)  
  2. 本塁打:  CIN – ポール・オニール1号ソロ、クリス・セイボー1号2ラン  CIN – ジェイ・ベル1号ソロ
  3. 審判:球審…ダッチ・レナート、塁審…一塁: ジェリー・クロフォード、二塁: ジェリー・デービス、三塁: ハリー・ウェンデルステット、外審…左翼: ジョン・マクシェリー、右翼: ポール・ランギー
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時30分 試合時間: 3時間0分 観客: 5万461人 気温: 72°F(22.2°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ピッツバーグ・パイレーツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・ラーキン 1 W・バックマン
2 B・ハッチャー 2 J・ベル
3 P・オニール 3 A・バンスライク
4 E・デービス 4 B・ボニーヤ
5 H・モリス 5 B・ボンズ
6 C・セイボー 6 S・ブリーム
7 J・リード 7 M・ラバリエール
8 M・ダンカン 8 J・リンド
9 J・リーホ 9 B・ウォーク
先発投手 投球 先発投手 投球
J・リーホ B・ウォーク

第5戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 7 0
ピッツバーグ・パイレーツ 2 0 0 1 0 0 0 0 X 3 6 1
  1. ダグ・ドレイベック(1勝1敗)  トム・ブラウニング(1勝1敗)  S:ボブ・パターソン(1S)  
  2. 審判:球審…ジェリー・クロフォード、塁審…一塁: ジェリー・デービス、二塁: ハリー・ウェンデルステット、三塁: ジョン・マクシェリー、外審…左翼: ポール・ランギー、右翼: ダッチ・レナート
  3. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時25分 試合時間: 2時間48分 観客: 4万8221人 気温: 74°F(23.3°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ピッツバーグ・パイレーツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 B・ラーキン 1 G・リーダス
2 H・ウィニンガム 2 J・ベル
3 P・オニール 3 A・バンスライク
4 E・デービス 4 B・ボニーヤ
5 H・モリス 5 B・ボンズ
6 C・セイボー 6 R・レイノルズ
7 J・オリバー 7 D・スロート
8 M・ダンカン 8 J・リンド
9 T・ブラウニング 9 D・ドレイベック
先発投手 投球 先発投手 投球
T・ブラウニング D・ドレイベック

第6戦 10月12日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
7回裏、代打ルイス・キニョーネスの適時打でレッズが1点を勝ち越し(1分1秒)
9回表、パイレーツのカルメロ・マルティネスが放った本塁打性の打球を、右翼手グレン・ブラッグスがフェンス上に手を伸ばして捕球しアウトに(54秒)
レッズの抑え投手ランディ・マイヤーズが次打者ドン・スロートを空振り三振に仕留めて試合終了、リーグ優勝を決める(1分37秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ピッツバーグ・パイレーツ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 3
シンシナティ・レッズ 1 0 0 0 0 0 1 0 X 2 9 0
  1. ノーム・チャールトン(1勝1敗)  :ゼイン・スミス(2敗)  Sランディ・マイヤーズ(3S)  
  2. 審判:球審…ジェリー・デービス、塁審…一塁: ハリー・ウェンデルステット、二塁: ジョン・マクシェリー、三塁: ポール・ランギー、外審…左翼: ダッチ・レナート、右翼: ジェリー・クロフォード
  3. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時20分 試合時間: 2時間57分 観客: 5万6079人 気温: 52°F(11.1°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ピッツバーグ・パイレーツ シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 J・キング 1 B・ラーキン
2 J・ベル 2 B・ハッチャー
3 A・バンスライク 3 P・オニール
4 B・ボニーヤ 4 E・デービス
5 B・ボンズ 5 C・セイボー
6 C・マルティネス 6 T・ベンジンガー
7 D・スロート 7 M・ダンカン
8 J・リンド 8 J・オリバー
9 T・パワー 9 D・ジャクソン
先発投手 投球 先発投手 投球
T・パワー D・ジャクソン

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 殿堂入りは指導者としてではなく、一塁手としての功績が評価されてのもの。
  2. ^ 個人成績は、ディブルが4試合5.0イニングで1セーブ・10奪三振、マイヤーズが4試合5.2イニングで3セーブ・7奪三振。
  3. ^ 東地区でパイレーツに次ぐ2位だったのは、ニューヨーク・メッツである。メッツの本拠地球場シェイ・スタジアムは、1983年を最後にアメリカンフットボールとの共用を終えていた。したがって、もし今シリーズに出場するのがパイレーツでなくメッツだった場合は、第2戦と第3戦の間の移動日は通常通り1日間になっていた。

出典[編集]

  1. ^ Pohla Smith, UPI Sports Writer, "Reds, Pirates ruled playoffs in '70s," UPI Archives, October 3, 1990. 2021年4月9日閲覧。
  2. ^ "1990 Cincinnati Reds Schedule," Baseball-Reference.com. 2021年4月9日閲覧。
  3. ^ Dave Anderson, "Two days' rest show CBS is interfering with playoffs," Baltimore Sun, October 7, 1990. 2021年4月9日閲覧。