1990年の広島東洋カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1990年の広島東洋カープ
成績
セントラル・リーグ2位
66勝64敗2分 勝率.508[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島市民球場
Hiroshima Municipal Baseball Stadium 2008.JPG
球団組織
オーナー 松田耕平
経営母体 松田家(マツダ創業者一族)
監督 山本浩二
« 1989
1991 »

1990年の広島東洋カープ(1990ねんのひろしまとうようカープ)では、1990年における広島東洋カープの動向をまとめる。

この年の広島東洋カープは、山本浩二監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年オフに、長年にわたり主力選手として活躍してきた高橋慶彦を放出し、ロッテから2年前のパの首位打者・高沢秀昭が加入したが、高沢は前年の故障の影響から思うような成績を残せず。その一方で高橋放出により新たに正遊撃手となった2年目の野村謙二郎が台頭し、盗塁王を獲得した。一方投手陣は、前年に最優秀救援投手となった津田恒実が故障でわずか4試合の登板にとどまる大誤算だったが、新人の佐々岡真司が当時の日本プロ野球記録となる17試合連続セーブポイントを記録するなど二桁勝利・二桁セーブを挙げ、先発と抑えの両方で活躍した。チームは4月を最下位で終えるなどスタートダッシュに失敗、6月下旬まで借金生活が続いた。8月にようやく2位に浮上したが、その時点で首位巨人とは10ゲーム以上の大差がついていた。結局巨人とは22ゲーム差、2位のチームとしては最少となる貯金2でシーズンを終えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 野村謙二郎
2 正田耕三
3 高沢秀昭
4 小早川毅彦
5 ヤング
6 西田真二
7 ロードン
8 達川光男
9 大野豊
1990年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 大洋 2.5 大洋 2.5 大洋 5.5 中日 12.0 広島 16.5 広島 22.0
3位 阪神 4.5 広島 8.0 広島 8.0 大洋 12.5 大洋 18.0 大洋 24.0
4位 ヤクルト 5.5 阪神 9.5 中日 9.0 広島 13.5 中日 18.5 中日 26.0
5位 中日 7.0 ヤクルト 9.5 ヤクルト 10.5 ヤクルト 16.0 ヤクルト 24.0 ヤクルト 30.0
6位 広島 7.5 中日 阪神 12.0 阪神 18.0 阪神 31.0 阪神 36.0
1990年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 88 42 0 .677 -
2位 広島東洋カープ 66 64 2 .508 22.0
3位 横浜大洋ホエールズ 64 66 3 .492 24.0
4位 中日ドラゴンズ 62 68 1 .477 26.0
5位 ヤクルトスワローズ 58 72 0 .446 30.0
6位 阪神タイガース 52 78 0 .400 36.0

オールスターゲーム1990[編集]

  • コーチ
山本浩二
  • 監督推薦
佐々岡真司
川口和久
正田耕三
野村謙二郎

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]


表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
野村謙二郎 盗塁王 33個 初受賞
ベストナイン
選出なし
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
正田耕三 二塁手 4年連続4度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 瀬戸輝信 捕手 法政大学 入団
2位 小野幸一 投手 鹿児島商業高 入団
3位 高橋英樹 投手 喜界高 入団
4位 山崎健 投手 関東第一高 入団
5位 小林敦司 投手 拓殖大学紅陵高 入団
6位 松本隆 捕手 五大化学 入団

出典[編集]

[ヘルプ]