1991年のロッテオリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1991年のロッテオリオンズ
成績
パシフィック・リーグ6位
48勝77敗5分 勝率.384[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989.jpg
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテ
監督 金田正一
« 1990
1992 »

1991年のロッテオリオンズ(1991ねんのロッテオリオンズ)では、1991年シーズンについてのロッテオリオンズの動向をまとめる。

この年のロッテオリオンズは、2回目の金田正一監督体制の2年目(通算8年目)のシーズンであり、翌シーズンから本拠地を移転し、チーム名を千葉ロッテマリーンズに変更したため、ロッテオリオンズとしての最後のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 西村徳文
2 横田真之
3 愛甲猛
4 ディアズ
5 山下徳人
6 初芝清
7 上川誠二
8 福澤洋一
9 佐藤兼伊知
投手 小宮山悟
1991年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 西武 -- 西武 -- 西武 -- 近鉄 -- 近鉄 -- 西武 --
2位 近鉄 3.0 近鉄 7.0 近鉄 4.0 西武 1.5 西武 1.5 近鉄 4.5
3位 日本ハム 3.5 日本ハム ダイエー 7.5 日本ハム 10.5 オリックス 15.5 オリックス 18.5
4位 ロッテ 4.0 ダイエー 10.5 日本ハム 10.0 ダイエー 12.5 ダイエー 19.0 日本ハム 28.5
5位 ダイエー 5.0 ロッテ 11.5 オリックス 12.0 オリックス 14.0 日本ハム 19.5 ダイエー 29.0
6位 オリックス 8.5 オリックス 15.0 ロッテ 20.0 ロッテ 23.5 ロッテ 30.0 ロッテ 33.5
1991年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 81 43 6 .653 -
2位 近鉄バファローズ 77 48 5 .616 4.5
3位 オリックス・ブルーウェーブ 64 63 3 .504 18.5
4位 日本ハムファイターズ 53 72 5 .424 28.5
5位 福岡ダイエーホークス 53 73 4 .421 29.0
6位 ロッテオリオンズ 48 77 5 .384 33.5


オールスターゲーム1991[編集]

ファン投票 監督推薦
選出なし 小宮山悟
愛甲猛

できごと[編集]

  • 1月18日 - 重光昭夫が球団社長代行に就任[2]
  • 5月10日 - 監督の金田正一が対日本ハムファイターズ戦で日本新記録(当時)の通算8度目の退場処分。7回に日本タイ記録の1イニング5投手登板[3]
  • 5月28日 - 高沢秀昭が金銭トレードで広島から復帰[4]
  • 7月17日 - 西村徳文が対日本ハム戦で球団新記録の通算285盗塁[2]
  • 7月31日 - 対西武戦が千葉マリンスタジアムでパ・リーグ初の公式戦かつ初のナイター試合[5]として行われ、試合後に重光球団社長代行が翌年からの千葉への本拠地移転を発表[2]9月4日、プロ野球実行委員会で正式に承認[6]
  • 10月17日 - 川崎球場で「ロッテオリオンズ」としての最後の試合が行われ(対ダイエーダブルヘッダー)、最終戦となった第2試合は5対4で勝利(7回表降雨コールド)[7]。球団初の観客動員100万人突破[2](102万1千人)。当時の既存12球団では最後の達成[8]平井光親が、2リーグ制以降では最少の111安打で首位打者。規定打席ちょうど(403)での達成は史上3人目[9]
  • 11月13日 - 重光球団社長代行のオーナー代行就任と、監督の金田正一の解任を発表。後任監督は八木沢荘六が就任[2]
  • 11月19日 - 翌年からの球団名を「千葉ロッテマリーンズ」とすることを発表[2](11月21日に改称[6])。
  • 12月2日 - 荘勝雄が日本に帰化[6]

選手・スタッフ[編集]

[10]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
平井光親 首位打者 .314 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
平井光親 外野手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 吉田篤史 投手 ヤマハ 入団
2位 河本育之 投手 新日本製鐵光 入団
3位 丹波健二 内野手 東芝 入団
4位 花島寛己 投手 習志野高 入団
5位 樋口一紀 内野手 住友金属 入団
6位 服部文夫 投手 九州三菱自動車 入団
7位 市場孝之 内野手 国際海洋高 入団
8位 小林至 投手 東京大学 入団

上位3位までに社会人が指名されたが理由は不明。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1991年 パシフィック・リーグ”. 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f チームヒストリー 1993”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト. 2015年12月29日閲覧。
  3. ^ 宇佐美徹也 『日本プロ野球記録大鑑』 講談社1993年、802頁。ISBN 4062061082。
  4. ^ 【5月28日】1991年(平3) 異例 1年で出戻り 高沢秀昭 シーズン中に古巣復帰”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン. 2015年12月29日閲覧。
  5. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 190.
  6. ^ a b c パシフィック・リーグ略史(1949年~2000年) Archived 2014年02月16日, at the Wayback Machine.パ・リーグ公式サイト
  7. ^ 『俺たちの川崎ロッテ・オリオンズ BBMタイムトラベル いま蘇る「川崎劇場」の14年間!』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK〉、2013年、63頁。ISBN 9784583620473。
  8. ^ 宇佐美徹也 1993, pp. 1077 - 1088.
  9. ^ 【10月16日】1991年(平3) バントで届いた!“シンデレラボーイ”平井“最低”安打の首位打者”. 日めくりプロ野球. スポーツニッポン (2008年10月13日). 2015年12月29日閲覧。
  10. ^ 千葉ロッテマリーンズ公式HP 歴代所属選手”. 2017年4月16日閲覧。