1991年の日本の女性史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
女性史 > 日本の女性史年表 > 1991年の日本の女性史

1991年の日本の女性史(1991ねんのにほんのじょせいし)は、1991年(平成3年)の日本における女性に関するできごとを時系列的に挙げる。

本項目は歴史研究としての女性史ではなく、日本における女性に関するできごとをある体系に基づいて述べようとするものではない。

この年[編集]

  • 総理府「女性に関する世論調査」、性別役割分担に否定的な男女約4割、夫婦別姓選択制に賛成約3割、どちらも前回調査より増加
  • 労働省「女子雇用者管理基本調査・女子労働者実態調査」、男女雇用機会均等法施行後も変化なし4割、定年前退職慣行あり5割
  • 労働省「育児に関する女性労働者のニーズ調査」、育児休業制度のある企業での実際の取得者は出産経験者の60%
  • 4年制大学卒女性の就職率、初めて男性を上回る。
  • 首都圏の女性の1ヶ月の小遣い、専業主婦1万5000円、独身OL5万7000円

参考文献[編集]

この年表作成に際して使用した参考文献(出典)については、日本の女性史年表を参照のこと。