1991年の日本競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1991年 | 1991年のスポーツ

馬齢は旧表記で統一する。

概要[編集]

降着制度の導入[編集]

欧米諸国でおおむね1950年代に導入されていた降着制度が、中央競馬では1月1日から(ただし実質的には1月5日の開催から)、地方競馬では4月1日からそれぞれ導入された。中央競馬における最初の降着は導入初日の1月5日、中山競馬第8競走で第13位に入線したミヤギノフジ(寺島祐治騎乗)が15着に降着となったのが最初。また1位入線馬の降着はその翌日(1月6日)の京都競馬第11競走で行われたKBS京都紅梅賞でのリンデンリリー須貝尚介騎乗、13着降着)が最初となった。更にGI競走では天皇賞・秋で1位入線のメジロマックイーンが最下位(18着)に降着となり、大きな話題となった(第104回天皇賞も参照)。

馬番連勝複式の導入[編集]

日本中央競馬会が新たな勝ち馬投票券として馬番連勝複式を導入。夏の函館競馬場から試験発売を開始し、10月5日から本格導入した。これに伴い、単枠指定制度は廃止された。最後に行われた単枠指定競走は9月22日セントライト記念であったが、この時の単枠指定馬レオダーバンは3着に敗れた。また、フルゲートの上限が18頭と定められたため、この年の東京優駿(以下日本ダービーと記述)馬トウカイテイオーは8枠20番に単枠指定されたが、馬番号19番以後のダービー馬は今後この制度が改められない限りは現れないこととなる。

トウカイテイオーの活躍[編集]

日本競馬史上最強馬と呼ばれたGI7勝馬シンボリルドルフの初年度産駒トウカイテイオーが、無敗のまま皐月賞、日本ダービーを優勝。父に次いで史上2頭目の無敗の三冠馬となるところだったが、日本ダービー競走中での骨折により菊花賞を断念。三冠挑戦はならなかった。なお、関西馬による日本ダービー優勝は1982年バンブーアトラス以来9年ぶりであった。

3歳GIの東西統一[編集]

前年(1990年)まで朝日杯3歳ステークス阪神3歳ステークスとして東西別に行われていた3歳(現在の馬齢表記では2歳)のGIが統一され、前者は牡馬・騙馬限定戦となり、後者は牝馬限定の阪神3歳牝馬ステークスと改称された。
前者はミホノブルボン、後者はニシノフラワーがそれぞれ1番人気に応えて勝利を収めたが、いずれも翌年のクラシック路線の中心として活躍した。現在では、それぞれ朝日杯フューチュリティステークス・阪神ジュベナイルフィリーズと改称されている。

阪神競馬場の改修[編集]

阪神競馬場は前年の第4回開催終了から改修工事に着手し、本年11月30日に竣工した。従来のスタンドを一新し、更に最後の直線走路には坂を設けた。なお、この年の開催については例年の第1回・第4回開催は中京競馬場に、桜花賞を含む第2回、宝塚記念を含む第3回開催は京都競馬場にそれぞれ振り替えて開催された。

できごと[編集]

1月 - 3月[編集]

  • 3月3日:3億6050万円の史上最高額[1]で落札されたサンゼウスが弥生賞に挑戦して話題となる。東の3歳チャンピオン、リンドシェーバーと西の3歳チャンピオン、イブキマイカグラに次いで、1勝馬ながら3番人気となった。結果はイブキマイカグラがリンドシェーバーとの接戦を制し、サンゼウスは8着に終わった。

4月 - 6月[編集]

  • 4月3日大井競馬場で行われた第14回帝王賞で、8歳のチヤンピオンスターが同競走3年ぶりの優勝。帝王賞史上初の同一レース2度目の優勝馬となった。
  • 4月7日:第51回桜花賞で、1番人気に支持されていたイソノルーブルが競走前に落鉄。蹄鉄の打ち直しにも失敗したため右前脚に蹄鉄を装着しないまま11分遅れでスタート。このとき場内放送で観客には落鉄の事実は告げられていたが、打ち直しが失敗したことは告げられなかったため大きな混乱を招いた。

7月 - 9月[編集]

10月 - 12月[編集]

競走成績[編集]

中央競馬・平地GI[編集]

中央競馬・障害[編集]

地方競馬主要競走[編集]

表彰[編集]

JRA賞[編集]

  • 年度代表馬・最優秀4歳牡馬・最優秀父内国産馬 トウカイテイオー
  • 最優秀3歳牡馬 ミホノブルボン
  • 最優秀3歳牝馬 ニシノフラワー
  • 最優秀4歳牝馬 シスタートウショウ
  • 最優秀5歳以上牡馬 メジロマックイーン
  • 最優秀5歳以上牝馬・最優秀スプリンター ダイイチルビー
  • 最優秀ダートホース ナリタハヤブサ
  • 最優秀障害馬 シンボリクリエンス
  • 最優秀アラブ アフェクトダンサー

NARグランプリ[編集]

リーディング[編集]

リーディングジョッキー[編集]

分類 騎手の氏名 勝利数
中央競馬 岡部幸雄 128
地方競馬
ばんえい競走

リーディングトレーナー[編集]

分類 調教師の氏名 勝利数
中央競馬 渡辺栄 46
地方競馬
ばんえい競走

リーディングオーナー[編集]

リーディングブリーダー[編集]

リーディングサイアー[編集]

リーディングブルードメアサイアー[編集]

誕生[編集]

人物[編集]

競走馬[編集]

この年に生まれた競走馬は1994年のクラシック世代となる。

死去[編集]

人物[編集]

競走馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ のちに、2004年に4億9000万円の落札馬が登場(ザサンデーフサイチ)して更新された。

出典・参考文献[編集]

  • 『新版競馬歴史新聞』(競馬歴史新聞編集委員会篇、日本文芸社、2004年4月、ISBN 4-537-25205-7)