1991年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1991年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ6位
48勝82敗 勝率.369
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Summer Koshien 2009 Final.jpg
球団組織
オーナー 久万俊二郎
経営母体 阪神電気鉄道
監督 中村勝広
« 1990
1992 »

1991年の阪神タイガース(1991ねんのはんしんタイガース)では、1991年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。

この年の阪神タイガースは、中村勝広監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

この年はいきなり開幕5連敗とつまずき、5月に8連敗、6月には10連敗・7連敗と大型連敗が相次ぎ早々と最下位が定位置となった。3割打者は新外国人のトーマス・オマリーのみ、2桁勝利投手ゼロと明るい材料がない中、9月22日から中込伸湯舟敏郎野田浩司猪俣隆葛西稔と5試合連続でドラフト1位入団投手が完投勝利という快挙を達成し、これが翌年の快進撃につながっていく。

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 高橋慶彦
2 和田豊
3 オマリー
4 岡田彰布
5 ウイン
6 田尾安志
7 八木裕
8 木戸克彦
9 野田浩司
1991年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 大洋 -- 広島 -- 中日 -- 中日 -- 中日 -- 広島 -- 広島 --
2位 広島 1.0 ヤクルト 0.0 ヤクルト 1.5 ヤクルト 1.0 広島 4.5 中日 3.0 中日 3.0
3位 ヤクルト 1.0 中日 2.0 巨人 5.0 広島 3.5 ヤクルト 6.0 ヤクルト 8.5 ヤクルト 7.0
4位 巨人 1.0 巨人 2.0 広島 6.0 巨人 5.0 巨人 6.0 巨人 9.5 巨人 8.0
5位 中日 1.5 大洋 2.5 大洋 12.0 大洋 13.5 大洋 16.5 大洋 13.0 大洋 10.0
6位 阪神 4.5 阪神 8.5 阪神 20.5 阪神 22.0 阪神 24.0 阪神 23.0 阪神 26.0
1991年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 広島東洋カープ 74 56 2 .569 -
2位 中日ドラゴンズ 71 59 1 .546 3.0
3位 ヤクルトスワローズ 67 63 2 .515 7.0
4位 読売ジャイアンツ 66 64 0 .508 8.0
5位 横浜大洋ホエールズ 64 66 1 .492 10.0
6位 阪神タイガース 48 82 0 .369 26.0

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/野田浩司 32 28 10 2 1 8 14 1 900 212.2 206 24 75 5 143 10 1 95 90 3.81 1.32
/猪俣隆 27 26 7 1 0 9 13 0 717 172.1 135 7 80 5 116 7 0 72 63 3.29 1.25
/湯舟敏郎 23 18 3 2 0 5 11 0 495 112.0 114 8 50 1 114 7 0 63 58 4.66 1.46
/仲田幸司 37 6 0 0 0 1 7 0 429 97.1 89 10 48 2 81 4 1 57 46 4.25 1.41
/葛西稔 17 15 6 0 1 8 8 0 385 93.0 86 9 24 4 52 0 0 44 39 3.77 1.18
/中込伸 13 12 2 0 1 1 4 0 300 71.1 62 10 29 0 47 5 0 36 34 4.29 1.28
/田村勤 50 0 0 0 0 3 3 4 257 59.2 46 7 30 7 57 0 0 30 25 3.77 1.27
/久保康生 37 0 0 0 0 6 3 6 252 59.2 51 8 25 1 39 1 0 22 21 3.17 1.27
/藤本修二 30 4 0 0 0 0 5 2 282 59.2 68 8 35 2 43 0 0 50 46 6.94 1.73
/中西清起 16 8 0 0 0 2 4 0 236 50.1 70 3 13 2 18 2 0 47 42 7.51 1.65
/麦倉洋一 12 7 0 0 0 2 4 0 174 39.1 40 6 24 0 18 2 0 23 21 4.81 1.63
/古里泰隆 14 1 0 0 0 2 2 0 113 25.2 16 2 21 2 16 0 0 12 10 3.51 1.44
/御子柴進 9 2 0 0 0 1 0 0 89 20.1 25 2 7 1 9 0 0 11 9 3.98 1.57
/中田良弘 14 0 0 0 0 0 1 0 92 19.0 28 6 8 2 20 0 0 19 17 8.05 1.90
/渡辺伸彦 8 0 0 0 0 0 0 0 56 10.0 21 4 6 1 9 1 0 16 16 14.40 2.70
/西川佳明 5 1 0 0 0 0 0 0 47 10.0 11 1 5 1 8 0 0 7 5 4.50 1.60
/高村洋介 5 0 0 0 0 0 1 0 31 6.2 10 2 2 1 2 0 0 4 3 4.05 1.80
/太田貴 4 1 0 0 0 0 1 0 27 5.0 10 0 2 0 6 0 0 4 3 5.40 2.40
/嶋尾慶一 2 0 0 0 0 0 0 0 16 4.0 3 0 1 0 4 1 0 2 2 4.50 1.00
/服部裕昭 2 0 0 0 0 0 0 0 12 4.0 0 0 1 0 2 0 0 0 0 0.00 0.25
/嶋田哲也 2 0 0 0 0 0 0 0 14 4.0 2 0 1 0 2 0 0 0 0 0.00 0.75
/伊藤文隆 1 1 0 0 0 0 1 0 4 1.0 1 1 0 0 1 0 0 1 1 9.00 1.00
/住友一哉 1 0 0 0 0 0 0 0 4 1.0 1 1 0 0 1 0 0 1 1 9.00 1.00

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/和田豊 129 565 494 50 147 13 3 0 166 34 9 13 10 2 58 4 1 48 14 .298 .371 .336 .707
/オマリー 130 537 476 61 146 29 0 21 238 81 0 1 0 2 57 1 2 83 10 .307 .382 .500 .882
/八木裕 130 524 472 60 118 12 1 22 198 64 11 1 0 4 43 0 5 113 13 .250 .317 .419 .736
/ウイン 123 473 453 40 104 18 5 13 171 44 6 2 0 1 18 2 1 96 12 .230 .260 .377 .638
/岡田彰布 108 428 383 45 92 11 0 15 148 50 1 3 0 3 40 3 2 68 9 .240 .313 .386 .700
/真弓明信 102 319 288 38 77 9 0 17 137 61 1 0 0 1 30 1 0 46 12 .267 .335 .476 .811
/中野佐資 114 265 229 32 48 11 1 8 85 18 6 3 5 1 19 0 11 47 0 .210 .300 .371 .671
/木戸克彦 80 185 163 14 37 7 1 5 61 24 0 2 4 0 18 3 0 36 6 .227 .304 .374 .678
/山田勝彦 66 166 149 14 19 4 0 2 29 6 0 0 6 1 10 1 0 41 3 .128 .181 .195 .376
/金森永時 73 148 136 13 32 8 1 2 48 14 0 0 0 1 9 0 2 9 3 .235 .291 .353 .643
/高橋慶彦 57 139 126 14 26 4 0 0 30 2 6 2 3 0 10 0 0 17 2 .206 .265 .238 .503
/宮内仁一 74 120 105 22 28 1 0 5 44 9 1 2 5 1 9 0 0 31 3 .267 .322 .419 .741
/田尾安志 40 93 84 2 13 0 1 0 15 1 0 0 0 0 9 0 0 18 3 .155 .237 .179 .415
/嶋田章弘 27 88 68 8 15 3 0 0 18 6 3 1 5 0 14 0 1 17 1 .221 .361 .265 .626
/山脇光治 62 81 75 12 15 0 0 0 15 5 1 0 5 0 1 0 0 14 1 .200 .211 .200 .411
/吉田博之 40 60 55 3 12 4 0 1 19 1 0 0 0 0 5 1 0 6 3 .218 .283 .345 .629
/平田勝男 44 54 49 5 13 1 0 0 14 2 0 1 2 0 2 0 1 8 1 .265 .308 .286 .593
/古屋英夫 44 48 45 1 14 2 0 0 16 2 0 0 0 0 2 0 1 12 3 .311 .354 .356 .710
/山口重幸 28 44 36 3 10 0 0 0 10 3 1 0 3 0 4 1 1 5 1 .278 .366 .278 .644
/関川浩一 10 30 28 3 8 2 0 0 10 0 0 0 0 0 2 0 0 11 0 .286 .333 .357 .690
/横谷総一 8 24 22 2 4 3 0 0 7 0 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .182 .250 .318 .568
/亀山努 18 21 21 0 2 0 0 0 2 1 1 0 0 0 0 0 0 7 0 .095 .095 .095 .190
/新庄剛志 13 17 17 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .118 .118 .118 .235
/金子誠一 13 14 12 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .167 .286 .167 .452
/吉田康夫 12 2 2 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
/岩田徹 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
/嶋田宗彦 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

1991 サンヨー オールスターゲーム[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出
回数
外野手 真弓明信 9
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。

できごと[編集]

4月[編集]

  • 4月16日 - 田村勤がプロ入り初登板の対広島戦(広島)の7回1死三塁の場面で、初打者の小早川毅彦に日本プロ野球史上34人目の「初登板、初打者に本塁打」[1]

7月[編集]

  • 7月30日 - 野田浩司が対巨人戦(甲子園)で9回表までに毎回12奪三振で、この時点で巨人の出場全選手から奪三振を記録していたが、9回裏に巨人が守備要員で篠塚利夫を起用し、阪神がサヨナラ勝ちをした為、篠塚が打席に立たなかったので全員からの奪三振の記録はならず[2]

9月[編集]

12月[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし
ゴールデングラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 萩原誠 内野手 大阪桐蔭高 入団
2位 久慈照嘉 内野手 日本石油 入団
3位 弓長起浩 投手 熊谷組 入団
4位 桧山進次郎 内野手 東洋大学 入団
5位 中川申也 投手 秋田経済法科大学附属高 入団
6位 工藤慎明 投手 筑陽学園高 入団
7位 木立章成 内野手 専修大学北上高 入団
8位 中村公信 投手 元田村コピー 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 記録メモ(個人投手編) Archived 2013年12月12日, at the Wayback Machine.パ・リーグ公式サイト
  2. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」671ページ
  3. ^ 阪神タイガースヒストリー1990-1994阪神球団公式サイト