1991 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1991 FIFA女子世界選手権日本女子代表(1991ふぃーふぁじょしせかいせんしゅけんにほんだいひょう)は、1991年11月16日から11月30日にかけて、中国で開催された第1回FIFA女子世界選手権サッカー日本女子代表チームである。
(註:開催時の正式な大会名は「FIFA女子世界選手権」だが、すでにこの頃から通称として「ワールドカップ」とも呼ばれていたので、記事名は「1991 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表」とする。)

概要[編集]

1991年5月26日から6月8日まで行われた「第8回アジア女子選手権」(会場:福岡市)で、日本はグループリーグを1位で通過。決勝トーナメントで準優勝となり、優勝の中国、3位のチャイニーズタイペイとともにワールドカップ出場をきめた。とくにグループリーグの北朝鮮戦はその後、2004年4月18日アテネオリンピックアジア予選まで唯一の勝利であった。

本大会では、初戦のブラジル戦で前半4分に相手コーナーキックからの混戦でキーパーチャージと思われたそのプレーがゴールと判定され、その後もチャンスを作るものの結局無得点で敗戦。

つづくスウェーデン戦では立ち上がりのわずか40秒で失点すると前半だけで6失点。後半も追撃を図るも、さらに失点を重ね0対8の大差で敗れてしまった。

最終戦となったアメリカ戦は優勝候補を相手に善戦したが、体格やプレーの精度に差があり、0対3で敗戦。

初の挑戦は全試合無得点による3戦全敗に終わった。

本大会登録メンバー[編集]

  • 「出場状況」欄の「〇」はフル出場、「▼」は途中交代アウト、「▲」は途中交代イン、数字は前半の試合開始からの経過時間(分)、「得点」は獲得得点をそれぞれ表す。
  • 「所属クラブ」は、開会式が行われた1991年11月16日時点の所属クラブ。
背番号 選手名 ポジション 所属クラブ 出場状況 備考
ブラジル戦
11月17日
スウェーデン戦
11月19日
アメリカ戦
11月21日
1 鈴木政江 GK 日本の旗 日興證券ドリームレディース  〇  〇  〇
2 本田美登里 DF 日本の旗 読売ベレーザ  〇  〇  〇
3 渡邊由美 DF 日本の旗 フジタ天台SCマーキュリー      
4 加治真弓 DF 日本の旗 田崎神戸FC  〇  〇  〇  
5 山口小百合 DF 日本の旗 鈴与清水ラブリーレディース 〇  〇  〇 
6 高萩陽子 DF 日本の旗 東京学芸大学      
7 大部由美 DF 日本の旗 日興證券ドリームレディース      
8 松田理子 MF 日本の旗 プリマハムFCくノ一  〇  〇  〇
9 野田朱美 FW 日本の旗 読売ベレーザ  〇 〇   〇 
10 高倉麻子 MF 日本の旗 読売ベレーザ ▼52  〇 ▼60
11 木岡二葉 MF 日本の旗 鈴与清水ラブリーレディース  〇  〇  〇
12 坂田恵 GK 日本の旗 日産FCレディース      
13 黒田今日子 DF 日本の旗 プリマハムFCくノ一  〇  〇  〇
14 半田悦子 FW 日本の旗 鈴与清水ラブリーレディース      ▲60
15 長峯かおり FW イタリアの旗 ACレッジアーナ  〇  ▼67  〇
16 手塚貴子 FW 日本の旗 読売ベレーザ  〇  〇  〇
17 水間百合子 FW 日本の旗 浦和本太レディースFC  ▲52  ▲67  
18 内山環 DF 日本の旗 田崎神戸FC      

スタッフ[編集]

監督[編集]

コーチ[編集]

試合結果[編集]

グループリーグ[編集]

グループ B

チーム 勝点
試合
勝利
引分
敗戦
得点
失点
点差
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 6 3 3 0 0 11 2 +9
スウェーデンの旗 スウェーデン 4 3 2 0 1 12 3 +9
ブラジルの旗 ブラジル 2 3 1 0 2 1 7 -6
日本の旗 日本 0 3 0 0 3 0 12 -12

日本 日本の旗 0 - 1 ブラジルの旗 ブラジル
FIFA公式サイト
仏山, ニュープラザ・スタジアム
観客数: 14,000人

日本 日本の旗 0 - 8 スウェーデンの旗 スウェーデン
FIFA公式サイト
仏山, ニュープラザ・スタジアム
観客数: 14,000人

日本 日本の旗 0 - 3 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
FIFA公式サイト
仏山, ニュープラザ・スタジアム
観客数: 14,000人

脚注[編集]

関連項目[編集]