1992年のヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1992年のヤクルトスワローズ
成績
日本シリーズ敗退
3勝4敗(対西武
セントラル・リーグ優勝
69勝61敗1分 勝率.531
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 桑原潤
経営母体 ヤクルト本社
監督 野村克也
« 1991
1993 »

1992年のヤクルトスワローズ(1992ねんのヤクルトスワローズ)では、1992年のヤクルトスワローズにおける動向をまとめる。

この年のヤクルトスワローズは、野村克也監督の3年目のシーズンであり、1978年以来14年ぶり2度目のリーグ優勝を果たしたシーズンである。

概要[編集]

前年11年ぶりにAクラス入りしたチームは、開幕前にはその強力な打線から優勝候補に挙げられていたが、一方で投手陣は、前年14勝を挙げた川崎憲次郎がキャンプ中に負傷し戦線を離脱し、先発投手が西村龍次岡林洋一だけという苦しい状況に陥った。

阪神との開幕2連戦を1勝1敗で終えて迎えた4月7日の対中日戦で、右肘の故障で長年離脱していた高野光が先発し、打線の援護もあり1076日ぶりに勝利投手となる。高野はローテーションに加わるが、先発が手薄な状況は解消できず、4月は10勝10敗の3位で終える。4月30日の夜に1978年の初優勝時の主力打者だった大杉勝男の訃報が伝えられ、半旗を掲げて臨んだ翌日からの巨人との3連戦は飯田哲也が攻守にわたり活躍、3日には大杉の背番号8を継いだ広沢克己の満塁本塁打で巨人を三タテし、その後も連勝を7まで伸ばし初めて首位に浮上。5月16日には右肩の故障で戦列を離れていた伊東昭光が1029日ぶりの勝利を完封で飾り復活。その後は広島や阪神との首位争いを続けていたが、7月に入ると、前月から調子を上げてきた巨人に三タテを喰らい、巨人に首位の座を明け渡し3位で前半を終える。

後半戦は首位巨人との3連戦から始まったが、前半戦で8本塁打と振るわなかった新外国人ジャック・ハウエルが2試合連続で本塁打を放ち巨人を三タテ、首位の座を奪い返したチームは8月には7連勝をマークし、最大で2位に4.5ゲーム差を付けて優勝が見え始めた。しかし投手陣が苦しいことに変わりはなく、9月2日の対巨人戦で中継ぎの小坂勝仁を先発させ、2回からベテラン新浦壽夫を投入する「奇策」が失敗し大敗するとそこから崩れ、岡林を抑えに回す苦心の策も実らず9月5日からチームは泥沼の9連敗。9月13日には広沢克の痛恨のトンネルで阪神にサヨナラ負けを喫し首位から陥落し、その後3位にまで転落する。

9月24日、右肘の故障や椎間板ヘルニアなどで4年以上も戦列を離れていた荒木大輔が一軍に復帰、その日の対広島戦で1541日ぶりに登板。荒木に勝ちは付かなかったものの、これに奮起した古田敦也が決勝本塁打を放ち、インタビューで「荒木さんが救世主なんだと信じて(打席に入った)」と発言しチームの士気が上がる。9月26日には再び首位に返り咲くが、その後岡林が広島相手に2度もサヨナラ本塁打を浴びるなど4連敗し、混戦から抜け出せない。

首位阪神と1ゲーム差で迎えた10月6日の首位攻防戦で、野村監督は岡林を1ヶ月ぶりに先発させる。岡林と仲田幸司の息詰まる投手戦が続き迎えた7回裏、不振が続いていた広沢克が仲田からバックスクリーンに一発を放ち、その1点を岡林が守って完封し、ヤクルトと阪神が同率で首位に並ぶ。翌7日は先発伊東が打たれ、9回表まで1-3と苦しい展開。しかしその裏、阪神の中込伸湯舟敏郎が崩れ同点に追いつくと、最後は荒井幸雄がサヨナラ打を放ち再び単独首位に立つ。9日の対広島戦をベテラン角富士夫の3ランで勝利し優勝に王手をかけ、敵地甲子園で迎えた10日の阪神との直接対決では、後半戦だけで30本塁打を打ったハウエルが2打席連発でリードを奪い、8回には広沢がトドメのソロ。投げては先発荒木が5回1失点と好投し、6回途中から登板の伊東が最後を締めくくり、阪神ファンの罵声の中で野村監督が宙に舞った。

14年ぶりに出場した日本シリーズは、シリーズ2連覇中の王者西武が相手だったが、第1戦でベテラン杉浦享が代打サヨナラ満塁本塁打を放つ劇的なスタート。その後3連敗で王手をかけられるが、第5戦で池山隆寛が10回に決勝ソロ、第6戦でも秦真司が10回にサヨナラ本塁打を放ち逆王手をかける。投げては岡林が第1戦を12回完投勝利、第4戦は8回1失点も敗戦投手となり、最終第7戦では石井丈裕と投手戦を演じたが、延長10回に秋山幸二の犠飛で失点し力尽き、打線は石井を攻略できず敗れ、14年ぶりの日本一は惜しくも逃した。

荒木復帰からヤクルト優勝まで
順位 9/24終 9/25終 9/26終 9/27終 9/29終 9/30終 10/1終 10/2終 10/3終 10/4終 10/6終 10/7終 10/9終 10/10終
1位 阪神 -- 阪神 -- ヤク -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- 阪神 -- ヤク -- ヤク -- ヤク -- ヤク 優勝
2位 ヤク 1.5 ヤク 0.5 阪神 0.5 ヤク 0.5 ヤク 1.0 ヤク 1.0 巨人 0.5 巨人 1.0 ヤク 1.5 ヤク 1.0 阪神 -- 阪神 1.0 阪神 2.0 巨人 2.5
3位 巨人 1.5 巨人 0.5 巨人 1.0 巨人 1.5 巨人 1.5 巨人 1.5 ヤク 1.0 ヤク 1.5 巨人 2.0 巨人 2.0 巨人 1.5 巨人 1.5 巨人 2.0 阪神 3.0
試合結果 ヤ5-4広 ヤ9-5神
巨4-3中
ヤ3-2神
中7-6巨
神6-3ヤ
中5-2巨
広4-3ヤ 中4-3神
広4-3ヤ
洋8-2巨
中2-1神
広8-7ヤ
巨6-3洋
神3-2洋 神6-0洋
広4-1巨
ヤ11-0中
洋5-2神
広6-3巨
ヤ1-0神 ヤ4-3神
巨1-0洋
ヤ7-2広
中1-0神
ヤ5-2神

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

オーダー変遷
開幕 5/1 6/2 7/1 8/1 9/1
1 飯田哲也 飯田哲也 飯田哲也 飯田哲也 飯田哲也 飯田哲也
2 笘篠賢治 城友博 城友博 城友博 パリデス 荒井幸雄
3 レイ 秦真司 レイ 古田敦也 古田敦也 古田敦也
4 広沢克己 広沢克己 広沢克己 広沢克己 広沢克己 広沢克己
5 池山隆寛 ハウエル 秦真司 池山隆寛 ハウエル ハウエル
6 ハウエル 池山隆寛 池山隆寛 ハウエル 池山隆寛 秦真司
7 秦真司 古田敦也 古田敦也 秦真司[注 1] 秦真司 池山隆寛
8 古田敦也 桜井伸一 桜井伸一 桜井伸一 荒井幸雄 笘篠賢治
9 西村龍次 加藤博人 岡林洋一 岡林洋一 高野光 西村龍次

[1]

1992年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- 阪神 -- ヤクルト --
2位 阪神 2.0 広島 0.5 阪神 2.0 阪神 1.5 巨人 2.5 ヤクルト 1.0 巨人 2.0
3位 ヤクルト 3.5 阪神 1.0 巨人 3.5 巨人 2.0 阪神 3.0 巨人 1.5 阪神
4位 中日 4.0 中日 4.0 広島 5.0 広島 3.0 広島 5.0 広島 4.0 広島 3.0
5位 巨人 5.0 巨人 9.0 中日 6.0 中日 8.0 大洋 10.5 大洋 6.0 大洋 8.0
6位 大洋 6.5 大洋 9.5 大洋 7.5 大洋 9.5 中日 15.0 中日 8.5 中日 9.0
期間
成績
10勝10敗
勝率.500
13勝5敗
勝率.722
9勝9敗
勝率.500
10勝10敗
勝率.500
14勝10敗
勝率.583
8勝15敗1分
勝率.348
5勝2敗
勝率.714
1992年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 69 61 1 .531 -
2位 読売ジャイアンツ 67 63 0 .515 2.0
阪神タイガース 67 63 2 .515 2.0
4位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 3.0
5位 横浜大洋ホエールズ 61 69 1 .469 8.0
6位 中日ドラゴンズ 60 70 0 .462 9.0

日本シリーズ[編集]

1992年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月17日(土) 第1戦 西武ライオンズ 3-7 ヤクルトスワローズ 明治神宮野球場
10月18日(日) 第2戦 西武ライオンズ 2-0 ヤクルトスワローズ
10月19日(月) 移動日
10月20日(火) 第3戦 雨天中止 西武ライオンズ球場
10月21日(水) ヤクルトスワローズ 1-6 西武ライオンズ
10月22日(木) 第4戦 ヤクルトスワローズ 0-1 西武ライオンズ
10月23日(金) 第5戦 ヤクルトスワローズ 7-6 西武ライオンズ
10月24日(土) 移動日
10月25日(日) 第6戦 西武ライオンズ 7-8 ヤクルトスワローズ 明治神宮野球場
10月26日(月) 第7戦 西武ライオンズ 2-1 ヤクルトスワローズ
優勝:西武ライオンズ(3年連続11回目)

オールスターゲーム1992[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 野村克也
投手 岡林洋一
捕手 古田敦也 3
一塁手 広沢克己 6
内野手 池山隆寛 5
外野手 飯田哲也
  • 太字はファン投票による選出。

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(131イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/西村龍次 31 27 9 2 2 14 13 0 867 200.2 199 17 77 6 124 12 0 94 88 3.95 1.38
/岡林洋一 34 23 12 3 4 15 10 0 811 197.0 190 20 41 4 131 4 0 70 65 2.97 1.17
/伊東昭光 29 20 5 1 1 7 5 1 594 146.0 130 15 44 4 85 0 0 52 45 2.77 1.19
/高野光 18 18 1 0 0 7 5 0 421 91.0 104 16 47 4 62 9 0 68 48 4.75 1.66
/高津臣吾 23 11 3 0 0 5 3 0 362 82.2 84 10 36 3 63 1 1 48 43 4.68 1.45
/金沢次男 40 6 0 0 0 3 2 0 322 73.2 65 6 31 9 74 4 1 37 28 3.42 1.30
/内藤尚行 35 3 1 0 0 5 6 10 304 71.0 64 9 33 0 53 2 0 32 28 3.55 1.37
/小坂勝仁 28 1 0 0 0 0 0 1 214 50.0 46 6 19 4 44 4 0 24 20 3.60 1.30
/中本茂樹 32 0 0 0 0 2 1 3 195 44.2 52 8 15 1 23 2 0 24 19 3.83 1.50
/角盈男 46 0 0 0 0 2 4 5 171 39.1 29 4 24 2 37 3 0 15 14 3.20 1.35
/加藤博人 14 5 0 0 0 3 4 0 187 39.0 45 3 29 2 30 0 0 23 22 5.08 1.90
/乱橋幸仁 28 1 0 0 0 3 1 0 143 38.1 22 4 12 0 24 1 0 10 10 2.35 0.89
/石井一久 12 5 0 0 0 0 0 0 123 28.0 23 4 17 2 22 2 0 13 13 4.18 1.43
/新浦壽夫 14 4 0 0 0 1 3 0 116 25.1 33 6 9 1 24 1 1 22 21 7.46 1.66
/増田政行 9 3 0 0 0 0 1 0 92 19.2 19 1 14 0 16 2 0 13 12 5.49 1.68
/西岡洋 7 1 0 0 0 0 2 0 69 14.1 14 4 12 1 8 0 0 16 16 10.05 1.81
/荒木大輔 4 2 0 0 0 2 0 0 47 13.0 8 0 4 0 9 0 0 1 1 0.69 0.92
/鈴木平 4 1 0 0 0 0 1 0 21 4.0 2 0 7 1 4 0 0 3 3 6.75 2.25
/山田勉 2 0 0 0 0 0 0 0 13 3.0 2 0 2 0 2 0 0 1 1 3.00 1.33

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(406打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/広沢克己 131 577 503 84 139 18 0 25 232 85 3 0 1 2 70 0 1 130 16 .276 .365 .461 .826
/飯田哲也 125 574 521 69 153 24 8 7 214 42 33 4 9 2 39 3 3 83 5 .294 .345 .411 .756
/古田敦也 131 568 474 87 150 27 3 30 273 86 3 2 1 4 78 10 11 87 12 .316 .422 .576 .997
/池山隆寛 127 536 477 74 133 29 2 30 256 79 13 5 1 4 52 3 2 148 9 .279 .350 .537 .886
/ハウエル 113 435 387 67 128 21 1 38 265 87 3 3 0 1 41 2 6 86 10 .331 .402 .685 1.087
/秦真司 112 392 342 42 86 19 0 15 150 51 5 0 0 2 40 2 8 63 1 .251 .342 .439 .780
/荒井幸雄 93 273 230 32 58 6 2 5 83 25 4 0 6 0 37 1 0 27 6 .252 .356 .361 .717
/城友博 83 229 188 30 42 8 0 0 50 2 10 3 20 0 15 0 6 37 4 .223 .301 .266 .567
/橋上秀樹 107 205 176 24 40 5 2 6 67 18 5 3 1 1 27 0 0 37 6 .227 .328 .381 .709
/パリデス 53 175 157 22 38 6 1 3 55 12 1 1 2 1 14 3 1 30 3 .242 .306 .350 .657
/レイ 49 169 153 13 29 5 1 2 42 13 0 0 0 3 13 1 0 16 8 .190 .249 .275 .523
/笘篠賢治 73 164 144 15 37 3 1 1 45 7 8 5 9 0 10 1 1 24 3 .257 .310 .313 .622
/桜井伸一 51 130 117 6 26 5 0 0 31 10 0 0 2 1 9 5 0 19 3 .222 .276 .265 .541
/土橋勝征 59 120 108 14 31 10 0 6 59 16 2 0 3 1 8 2 0 25 2 .287 .333 .546 .880
/角富士夫 79 76 66 5 13 1 0 2 20 8 0 1 1 1 8 2 0 14 1 .197 .280 .303 .583
/西村龍次 36 74 61 2 6 0 0 0 6 1 0 0 10 0 3 0 0 30 1 .098 .141 .098 .239
/岡林洋一 40 70 57 0 7 0 0 0 7 2 0 0 10 0 3 0 0 20 0 .123 .167 .123 .289
/伊東昭光 36 54 44 2 7 1 0 0 8 2 0 0 8 0 2 0 0 17 0 .159 .196 .182 .377
/八重樫幸雄 36 38 33 1 8 2 0 1 13 9 0 0 0 3 2 0 0 6 2 .242 .263 .394 .657
/高野光 43 35 34 1 8 1 0 0 9 6 0 0 1 0 0 0 0 8 0 .235 .235 .265 .500
/君波隆祥 29 29 26 2 4 1 0 1 8 2 0 0 0 0 3 0 0 7 3 .154 .241 .308 .549
/高津臣吾 27 27 21 1 1 0 0 0 1 1 0 0 5 0 1 0 0 8 0 .048 .091 .048 .139
/清家政和 13 21 20 1 6 0 0 0 6 5 0 0 0 0 1 0 0 8 0 .300 .333 .300 .633
/内藤尚行 35 18 15 1 2 0 0 0 2 1 0 0 2 0 1 0 0 7 1 .133 .188 .133 .321
/杉浦享 18 16 11 1 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 5 0 0 3 0 .182 .438 .455 .892
/金沢次男 41 13 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .000 .077 .000 .077
/加藤博人 14 13 13 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .077 .077 .077 .154
/乱橋幸仁 28 8 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4 1 .000 .000 .000 .000
/角盈男 46 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
/石井一久 14 7 6 0 1 0 0 0 1 1 0 1 0 0 1 0 0 3 1 .167 .286 .167 .452
/中西親志 9 7 6 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .167 .286 .167 .452
/小坂勝仁 29 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .167 .167 .167 .333
/新浦壽夫 14 6 6 0 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .167 .167 .167 .333
/中本茂樹 33 5 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
/柳田浩一 15 5 5 1 1 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 .200 .200 .200 .400
/荒木大輔 5 5 5 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .200 .200 .200 .400
/幸田正広 3 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
/増田政行 10 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
/西岡洋 7 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .500 .000 .500

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
ハウエル 最優秀選手 初受賞
首位打者 .331 初受賞
本塁打王 38本 初受賞
飯田哲也 盗塁王 33個 初受賞
その他
選手名 タイトル
伊東昭光 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
古田敦也 捕手 2年連続2度目
ハウエル 三塁手 初受賞
池山隆寛 遊撃手 2年ぶり4度目
飯田哲也 外野手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
古田敦也 捕手 3年連続3度目
池山隆寛 遊撃手 初受賞
飯田哲也 外野手 2年連続2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 伊藤智仁 投手 三菱自動車京都 入団
2位 住友健人 内野手 鳴門高 入団
3位 真中満 外野手 日本大学 入団
4位 山本樹 投手 龍谷大学 入団
5位 鈴木浩文 内野手 早稲田大学 入団
6位 古沢淳 外野手 明治大学 入団
7位 小倉恒 投手 全足利クラブ 入団
8位 清水千曲 外野手 創価高 入団

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 偵察メンバーの高野光と交代。

出典[編集]

  1. ^ 『1993 ベースボール・レコード・ブック』ベースボール・マガジン社、1992年。ISBN 4-583-03036-3。
  2. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。