1992年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1992年のワールドシリーズ
チーム 勝数
トロント・ブルージェイズAL 4
アトランタ・ブレーブスNL 2
シリーズ情報
試合日程 10月17日–24日
観客動員 6試合合計:31万1460人
1試合平均:05万1910人
MVP パット・ボーダーズ(TOR)
ALCS TOR 4–2 OAK
NLCS ATL 4–3 PIT
殿堂表彰者 パット・ギリック(TOR GM)
ロベルト・アロマー(TOR内野手)
ジャック・モリス(TOR投手)
デーブ・ウィンフィールド(TOR外野手)
ジョン・シャーホルツ(ATL GM)
ボビー・コックス(ATL監督)
トム・グラビン(ATL投手)
ジョン・スモルツ(ATL投手)
チーム情報
トロント・ブルージェイズ(TOR)
シリーズ出場 球団創設16年目で初
GM パット・ギリック
監督 シト・ガストン
シーズン成績 96勝66敗・勝率.593
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり14万4962.16ドル[1]
アトランタ・ブレーブス(ATL)
シリーズ出場 2年連続6回目
GM ジョン・シャーホルツ
監督 ボビー・コックス
シーズン成績 98勝64敗・勝率.605
NL西地区優勝
分配金 選手1人あたり08万4259.13ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 CBS
実況 ショーン・マクドノー
解説 ティム・マッカーバー
平均視聴率 20.2%(前年比3.8ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 1991 1993 > 

1992年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第89回ワールドシリーズ(89th World Series)は、10月17日から24日にかけて計6試合が開催された。その結果、トロント・ブルージェイズアメリカンリーグ)がアトランタ・ブレーブスナショナルリーグ)を4勝2敗で下し、球団創設16年目で初の優勝を果たした。

カナダを本拠地とするブルージェイズの初出場初優勝により、ワールドシリーズが史上初めてアメリカ合衆国以外の国で開催され、コミッショナーズ・トロフィーがアメリカ合衆国外の球団に渡った。カナダの英語圏では今シリーズのテレビ中継をCTVが行い、第6戦では推計視聴者670万人を記録している。これは専用機器による測定が1989年に導入されて以来の歴代最多であり、2002年2月にソルトレーク冬季五輪・男子アイスホッケー決勝中継が870万人を記録するまで9年以上その座にあった[3]。また、ブルージェイズ監督のシト・ガストンアフリカ系アメリカ人史上初のシリーズ優勝監督となった[4]シリーズMVPには、全6試合で安打を放ち打率.450・1本塁打・3打点OPS 1.250という成績を残したブルージェイズのパット・ボーダーズが選出された。

試合結果[編集]

1992年のワールドシリーズは10月17日に開幕し、途中に移動日を挟んで8日間で6試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月17日(土) 第1戦 トロント・ブルージェイズ 1-3 アトランタ・ブレーブス フルトン・カウンティ・スタジアム
10月18日(日) 第2戦 トロント・ブルージェイズ 5-4 アトランタ・ブレーブス
10月19日(月) 移動日
10月20日(火) 第3戦 アトランタ・ブレーブス 2-3x トロント・ブルージェイズ スカイドーム
10月21日(水) 第4戦 アトランタ・ブレーブス 1-2 トロント・ブルージェイズ
10月22日(木) 第5戦 アトランタ・ブレーブス 7-2 トロント・ブルージェイズ
10月23日(金) 移動日
10月24日(土) 第6戦 トロント・ブルージェイズ 4-3 アトランタ・ブレーブス フルトン・カウンティ・スタジアム
優勝:トロント・ブルージェイズ(4勝2敗 / 球団創設16年目で初)

第1戦 10月17日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ビリー・レイ・サイラスによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(2分16秒)
4回表、ジョー・カーターがトム・グラビンからソロ本塁打を放ちブルージェイズが先制(58秒)
ブルージェイズ先発投手ジャック・モリスは6イニングで7つの三振を奪う(1分14秒)
6回裏、デイモン・ベリーヒルがモリスから3点本塁打を放ちブレーブスが逆転(58秒)
9回表、グラビンがカーターを右飛に打ち取り試合終了、完投勝利でブレーブスに先勝をもたらす(59秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
トロント・ブルージェイズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 0
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 3 0 0 X 3 4 0
  1. : トム・グラビン(1勝)  : ジャック・モリス(1敗)  
  2. :  TOR – ジョー・カーター1号ソロ  ATL – デイモン・ベリーヒル1号3ラン
  3. 審判:球審…ジェリー・クロフォード(NL)、塁審…一塁: マイク・ライリー(AL)、二塁: ジョー・ウェスト(NL)、三塁: ダン・モリソン(AL)、外審…左翼: ボブ・デービッドソン(NL)、右翼: ジョン・シュロック(AL)
  4. 試合時間: 2時間37分 観客: 5万1763人 気温: 60°F(15.6°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
トロント・ブルージェイズ アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ホワイト 1 O・ニクソン
2 R・アロマー 2 J・ブラウザー
3 J・カーター 3 T・ペンドルトン
4 D・ウィンフィールド 4 D・ジャスティス
5 C・マルドナード 5 S・ブリーム
6 K・グルーバー 6 R・ガント
7 P・ボーダーズ 7 D・ベリーヒル
8 M・リー 8 M・レムキー
9 J・モリス 9 T・グラビン
先発投手 投球 先発投手 投球
J・モリス T・グラビン

第2戦 10月18日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ピーボ・ブライソンによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(2分5秒)
4回表、ジョン・スモルツの投球を捕手デイモン・ベリーヒルが弾き、三塁走者ロベルト・アロマーが生還を狙うもタッチアウトに(1分7秒)
5回表、ブルージェイズ先発投手デビッド・コーンが自ら適時打を放ち1点差に詰め寄る(1分)
9回表、代打エド・スプレイグの2点本塁打でブルージェイズが逆転(57秒)
その裏二死一・二塁、トム・ヘンキーがテリー・ペンドルトンを三邪飛に打ち取って試合終了、ブルージェイズが初勝利(29秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
トロント・ブルージェイズ 0 0 0 0 2 0 0 1 2 5 9 2
アトランタ・ブレーブス 0 1 0 1 2 0 0 0 0 4 5 1
  1. : デュアン・ウォード(1勝)  : ジェフ・リアドン(1敗)  S: トム・ヘンキー(1S)  
  2. :  TOR – エド・スプレイグ1号2ラン
  3. 審判:球審…マイク・ライリー(AL)、塁審…一塁: ジョー・ウェスト(NL)、二塁: ダン・モリソン(AL)、三塁: ボブ・デービッドソン(NL)、外審…左翼: ジョン・シュロック(AL)、右翼: ジェリー・クロフォード(NL)
  4. 試合時間: 3時間30分 観客: 5万1763人 気温: 57°F(13.9°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
トロント・ブルージェイズ アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ホワイト 1 O・ニクソン
2 R・アロマー 2 D・サンダース
3 J・カーター 3 T・ペンドルトン
4 D・ウィンフィールド 4 D・ジャスティス
5 J・オルルド 5 S・ブリーム
6 K・グルーバー 6 J・ブラウザー
7 P・ボーダーズ 7 D・ベリーヒル
8 M・リー 8 M・レムキー
9 D・コーン 9 J・スモルツ
先発投手 投球 先発投手 投球
D・コーン J・スモルツ

この日の試合前、式典中にアメリカ海兵隊の隊員がカナダの国旗を上下逆さまに掲げるという事件が発生した。MLBコミッショナー事務局は、試合が3回に入った頃に謝罪声明を発表した[5]アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュも2日後、11月の大統領選挙での再選に向けて選挙活動中のジョージア州で、この件について「全アメリカ人を代表して」謝罪の意を表明した[6]。この件について、リーグがカナダ球団の優勝を阻止するために実施している妨害策のひとつととらえる陰謀論者のカナダ人も少なからずいた[5]。海兵隊広報によると、隊員が球場入りした際にはアメリカ合衆国の国旗と海兵隊の軍旗しか用意されておらず、隊員の手元にカナダの国旗が届いたのが式典開始直前だったため、慌てて準備したところ誤って上下が逆さまに掲げられてしまったという[6]

第3戦 10月20日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ジョン・セカダによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(2分4秒)
アン・マレーによる試合前のカナダ国歌『オー・カナダ』独唱(1分39秒)
4回表、デビッド・ジャスティスの飛球を中堅手デボン・ホワイトが好捕。二塁塁審ボブ・デービッドソンの誤審により三重殺とはならず(1分13秒)
4回裏、ジョー・カーターのソロ本塁打でブルージェイズが先制(54秒)
8回裏、先頭打者ケリー・グルーバーの本塁打でブルージェイズが同点に追いつく(1分)
9回表、ブレーブス監督ボビー・コックスが判定への不満からヘルメットをフィールドに投げつけ、退場処分を受ける(3分7秒)
9回裏一死満塁、キャンディ・マルドナードの適時打でブルージェイズがサヨナラ勝利(1分32秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2 9 0
トロント・ブルージェイズ 0 0 0 1 0 0 0 1 1x 3 6 1
  1. : デュアン・ウォード(2勝)  : スティーブ・エイベリー(1敗)  
  2. :  TOR – ジョー・カーター2号ソロ、ケリー・グルーバー1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョー・ウェスト(NL)、塁審…一塁: ダン・モリソン(AL)、二塁: ボブ・デービッドソン(NL)、三塁: ジョン・シュロック(AL)、外審…左翼: ジェリー・クロフォード(NL)、右翼: マイク・ライリー(AL)
  4. 試合時間: 2時間49分 観客: 5万1813人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス トロント・ブルージェイズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 O・ニクソン 1 D・ホワイト
2 D・サンダース 2 R・アロマー
3 T・ペンドルトン 3 J・カーター
4 D・ジャスティス 4 DH D・ウィンフィールド
5 DH L・スミス 5 J・オルルド
6 S・ブリーム 6 C・マルドナード
7 J・ブラウザー 7 K・グルーバー
8 D・ベリーヒル 8 P・ボーダーズ
9 M・レムキー 9 M・リー
先発投手 投球 先発投手 投球
S・エイベリー J・グーズマン

試合前の式典でジョン・セカダアメリカ合衆国国歌星条旗』を歌うとき、スカイドームの観客は大歓声で応えた。これは2日前のカナダ国旗逆さま事件に対してカナダ人ファンが和解の姿勢を示したものと受け止められており、式典でカナダ国歌『オー・カナダ』を歌ったアン・マレーは「今夜は我が国を誇りに思います。人々があの一件を水に流したのが聞こえました」と話した[6]

両チームとも無得点のまま迎えた4回表、ブレーブスは先頭打者ディオン・サンダースと次打者テリー・ペンドルトンの連打で無死一・二塁の好機を迎えた。続く4番デビッド・ジャスティスは初球を弾き返し、打球は中堅方向へ上がった。ブルージェイズの中堅手デボン・ホワイトがこれを背走で追い、フェンス際で捕球し中飛とした。このとき塁上の2走者は飛び出しており、一塁走者ペンドルトンは二塁走者サンダースを追い越したためアウトに。サンダースは二・三塁間で挟まれ、二塁へ戻る際に三塁手ケリー・グルーバーに踵付近をタッチされた。しかし二塁塁審ボブ・デービッドソンはこのタッチを見落としてサンダースの二塁帰塁を認めた。

デービッドソンは翌日、リプレイ映像と『トロント・サン』一面に掲載された写真を確認すると「判定を下したときは完全に正しいと思っていたが、リプレイや写真を見る限りではどうやら私が間違っていたようだ」と誤審を認めた[7]。もしサンダースのアウトが認められていれば、このプレイは三重殺になっていた。ワールドシリーズでの三重殺は、1920年シリーズ第5戦の5回表にクリーブランド・インディアンスが(二塁手ビル・ワムズガンスひとり=無補殺で)成立させたのが唯一の例である[8]

第4戦 10月21日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
初回表、ジミー・キーが一塁走者オーティス・ニクソンを牽制でアウトにする(46秒)
3回裏、パット・ボーダーズのソロ本塁打でブルージェイズが先制(49秒)
7回裏、デボン・ホワイトの適時打でブルージェイズが2点目を奪う(39秒)
9回表、トム・ヘンキーがデビッド・ジャスティスを左飛に打ち取り試合終了、ブルージェイズが優勝に王手をかける(50秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5 0
トロント・ブルージェイズ 0 0 1 0 0 0 1 0 X 2 6 0
  1. : ジミー・キー(1勝)  : トム・グラビン(1勝1敗)  S: トム・ヘンキー(2S)  
  2. :  TOR – パット・ボーダーズ1号ソロ
  3. 審判:球審…ダン・モリソン(AL)、塁審…一塁: ボブ・デービッドソン(NL)、二塁: ジョン・シュロック(AL)、三塁: ジェリー・クロフォード(NL)、外審…左翼: マイク・ライリー(AL)、右翼: ジョー・ウェスト(NL)
  4. 試合時間: 2時間21分 観客: 5万2090人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス トロント・ブルージェイズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 O・ニクソン 1 D・ホワイト
2 J・ブラウザー 2 R・アロマー
3 T・ペンドルトン 3 J・カーター
4 DH L・スミス 4 DH D・ウィンフィールド
5 D・ジャスティス 5 J・オルルド
6 R・ガント 6 C・マルドナード
7 B・ハンター 7 K・グルーバー
8 D・ベリーヒル 8 P・ボーダーズ
9 M・レムキー 9 M・リー
先発投手 投球 先発投手 投球
T・グラビン J・キー

第5戦 10月22日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回表、デビッド・ジャスティスのソロ本塁打でブレーブスが勝ち越し(51秒)
5回表、ディオン・サンダースの適時打でブレーブスが再び1点リードを奪う(56秒)
9回裏、マイク・スタントンがマニュエル・リーを一邪飛に仕留めて試合終了、ブレーブスが2勝目(39秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 1 0 0 1 5 0 0 0 0 7 13 0
トロント・ブルージェイズ 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 6 0
  1. : ジョン・スモルツ(1勝)  : ジャック・モリス(2敗)  S: マイク・スタントン(1S)  
  2. :  ATL – デビッド・ジャスティス1号ソロ、ロニー・スミス1号満塁
  3. 審判:球審…ボブ・デービッドソン(NL)、塁審…一塁: ジョン・シュロック(AL)、二塁: ジェリー・クロフォード(NL)、三塁: マイク・ライリー(AL)、外審…左翼: ジョー・ウェスト(NL)、右翼: ダン・モリソン(AL)
  4. 試合時間: 3時間5分 観客: 5万2268人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス トロント・ブルージェイズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 O・ニクソン 1 D・ホワイト
2 D・サンダース 2 R・アロマー
3 T・ペンドルトン 3 J・カーター
4 D・ジャスティス 4 DH D・ウィンフィールド
5 DH L・スミス 5 J・オルルド
6 S・ブリーム 6 C・マルドナード
7 J・ブラウザー 7 K・グルーバー
8 D・ベリーヒル 8 P・ボーダーズ
9 M・レムキー 9 M・リー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・スモルツ J・モリス

第6戦 10月24日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回表、先頭打者キャンディ・マルドナードの本塁打でブルージェイズが勝ち越し(46秒)
そのあと二死一・二塁でデボン・ホワイトが左前打も、左翼手ディオン・サンダースの返球で二塁走者パット・ボーダーズは本塁憤死(43秒)
5回裏、サンダースが今シリーズ8本目の安打を放ち、ブレーブスが二死一・三塁の好機を迎える(55秒)
7回裏、一塁走者オーティス・ニクソンが盗塁を試みるも、捕手ボーダーズの送球が阻止してイニング終了(42秒)
9回裏二死一・二塁、ニクソンの左前打でブレーブスが同点に追いつく(1分9秒)
延長11回表二死一・二塁、デーブ・ウィンフィールドがチャーリー・リーブランドから二塁打を放ちブルージェイズが2点を勝ち越し(56秒)
その裏、マイク・ティムリンがニクソンのセーフティバントを阻止して試合終了、ブルージェイズの初優勝が決定(42秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
トロント・ブルージェイズ 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 4 14 1
アトランタ・ブレーブス 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 1 3 8 1
  1. : ジミー・キー(2勝)  : チャーリー・リーブラント(1敗)  S: マイク・ティムリン(1S)  
  2. :  TOR – キャンディ・マルドナード1号ソロ
  3. 審判:球審…ジョン・シュロック(AL)、塁審…一塁: ジェリー・クロフォード(NL)、二塁: マイク・ライリー(AL)、三塁: ジョー・ウェスト(NL)、外審…左翼: ダン・モリソン(AL)、右翼: ボブ・デービッドソン(NL)
  4. 試合時間: 4時間7分 観客: 5万1763人 気温: 67°F(19.4°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
トロント・ブルージェイズ アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ホワイト 1 O・ニクソン
2 R・アロマー 2 D・サンダース
3 J・カーター 3 T・ペンドルトン
4 D・ウィンフィールド 4 D・ジャスティス
5 C・マルドナード 5 S・ブリーム
6 K・グルーバー 6 J・ブラウザー
7 P・ボーダーズ 7 D・ベリーヒル
8 M・リー 8 M・レムキー
9 D・コーン 9 S・エイベリー
先発投手 投球 先発投手 投球
D・コーン S・エイベリー

脚注[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2019年11月10日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2019年11月10日閲覧。
  3. ^ Brendan Kelly, "Hockey golden for CBC," Variety, February 25, 2002. 2019年11月12日閲覧。
  4. ^ Matt Rothenberg, "From One Robinson to Another," Baseball Hall of Fame. 2019年11月10日閲覧。
  5. ^ a b Dave Perkins, Sports Columnist, "'92 Canadian flag flap led to MLB conspiracy theories," The Star, September 10, 2016. 2019年11月10日閲覧。
  6. ^ a b c Bill Plaschke, "Canada Cheerfully Ends Flap Over Flag Reversal," Los Angeles Times, October 21, 1992. 2019年11月10日閲覧。
  7. ^ Bill Plaschke, "WORLD SERIES / TORONTO BLUE JAYS vs. ATLANTA BRAVES : NOTES : Umpire Admits Mistake, Says Sanders ‘Probably’ Was Out," Los Angeles Times, October 22, 1992. 2019年11月10日閲覧。
  8. ^ Jack O'Connell; Courant Staff Writer, "NEAR TRIPLE PLAY HAD AN AMAZING CATCH TO IT," Hartford Courant, October 21, 1992. 2019年11月10日閲覧。