1992年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1992年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ6位
60勝70敗 勝率.462[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 加藤巳一郎
経営母体 中日新聞社
監督 高木守道
 < 1991 1993 > 

1992年の中日ドラゴンズ(1992ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1992年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、高木守道監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

星野仙一から高木守道に監督が替わった中日は開幕戦で開幕投手の郭源治が4回途中にふくらはぎに痙攣を起こし65球で降板、また3番打者として7回に決勝本塁打を打った立浪和義も太腿の故障で戦列を離脱し、いきなり投打の主力を失う異常事態。さらに開幕3連勝と好調だった今中慎二も4月19日の巨人戦で打球が左手首を直撃し骨折、長期離脱を余儀なくされる。それでも6月上旬までは勝率5割前後と健闘していたが、6月中旬に4連敗を喫すると徐々に成績が下降、7月には落合博満の腰痛による登録抹消が響きついに最下位に転落し、8月にも8連敗・6連敗と負けが込み5位大洋に引き離される。8月末にようやく今中がローテーションに復帰し、チームも9月に6連勝を記録したが時すでに遅く、10月6日に12年ぶりの最下位が決定した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[2]
1 清水雅治
2 種田仁
3 立浪和義
4 落合博満
5 宇野勝
6 仁村徹
7 中村武志
8 山口幸司
9 郭源治
1992年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- 阪神 -- ヤクルト --
2位 阪神 2.0 広島 0.5 阪神 2.0 阪神 1.5 巨人 2.5 ヤクルト 1.0 巨人 2.0
3位 ヤクルト 3.5 阪神 1.0 巨人 3.5 巨人 2.0 阪神 3.0 巨人 1.5 阪神
4位 中日 4.0 中日 4.0 広島 5.0 広島 3.0 広島 5.0 広島 4.0 広島 3.0
5位 巨人 5.0 巨人 9.0 中日 6.0 中日 8.0 大洋 10.5 大洋 6.0 大洋 8.0
6位 大洋 6.5 大洋 9.5 大洋 7.5 大洋 9.5 中日 15.0 中日 8.5 中日 9.0
1992年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 69 61 1 .531 -
2位 読売ジャイアンツ 67 63 0 .515 2.0
阪神タイガース 67 63 2 .515 2.0
4位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 3.0
5位 横浜大洋ホエールズ 61 69 1 .469 8.0
6位 中日ドラゴンズ 60 70 0 .462 9.0

オールスターゲーム1992[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 高木守道
投手 小松辰雄 4
与田剛 2
山本昌広 2
内野手 落合博満 12
前原博之
  • 取消線は出場辞退、▲は出場辞退選手発生による補充。

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし
ゴールデングラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 佐藤秀樹 投手 三菱重工横浜 入団
2位 鶴田泰 投手 駒澤大学 入団
3位 野口茂樹 投手 丹原高 入団
4位 吉鶴憲治 捕手 トヨタ自動車 入団
5位 伊礼忠彦 外野手 九州共立大学 入団
6位 古池拓一 投手 松下電器 入団
7位 神野純一 内野手 愛知工業大学 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1992年 セントラル・リーグ”. 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ a b 『1993 ベースボール・レコード・ブック』 ベースボール・マガジン社1992年。ISBN 4-583-03036-3。