1992年の横浜大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1992年の横浜大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ5位
61勝69敗1分 勝率.469[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 中部慶次郎
経営母体 大洋漁業
監督 須藤豊
(5/3から休養)
江尻亮
(5/3から(5/22まで代行))
« 1991
1993 »

1992年の横浜大洋ホエールズ(1992ねんのよこはまたいようホエールズ)では、1992年の横浜大洋ホエールズにおける動向をまとめる。

この年の横浜大洋ホエールズは、須藤豊監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

前年オフに中山裕章が幼児への強制わいせつ事件を起こし退団、さらに肝臓がんで休養していた大杉勝男前打撃コーチが退団(開幕後の4月30日に死去)するなど暗いニュースの相次いだ大洋はラリー・シーツを獲得し、打線の強化を図った。しかし開幕ダッシュに失敗し5月終了時までに借金11、その責任を取り須藤監督が5月3日から休養し江尻ヘッドコーチが監督代行に就任した(須藤監督は5月23日辞任)。須藤の後を受けた江尻監督はチーム改革に着手し、先発だった盛田幸妃をセットアッパーに配置転換して盛田・佐々木のダブルストッパー体制を確立し、須藤が育てていた石井琢朗進藤達哉らの若手を積極的に起用した。これらの改革は功を奏し、チーム状態が次第に上昇した。しかし開幕ダッシュの失敗が響き、シーズンを5位で終えた。また、親会社の大洋漁業がCIを導入するのに伴い球団創設の1950年から使われてきた「大洋ホエールズ」の名称が使えなくなり、翌年から名称を「横浜ベイスターズ」に変更することが発表され、横浜大洋ホエールズとしての公式戦最終戦となることが決定していた試合に、大洋一筋15年で134勝を挙げこのシーズン限りの引退を表明していた遠藤一彦が先発した。この試合の3番手でルーキーの三浦大輔がプロ初登板しており、ホエールズを長年支えた遠藤とベイスターズを長年支えた三浦の新旧エースが競演した最初で最後の試合となった[2]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

オーダー変遷
開幕 5/1 6/2 7/1 8/1 9/1
1 屋鋪要 高木豊 高木豊 屋鋪要 高木豊 高木豊
2 進藤達哉 屋鋪要 清水義之 清水義之 石井琢朗 石井琢朗
3 高木豊 レイノルズ 屋鋪要 高木豊 屋鋪要 屋鋪要
4 レイノルズ シーツ シーツ[注 1] シーツ レイノルズ シーツ
5 シーツ 長内孝 畠山準[注 2] レイノルズ シーツ レイノルズ
6 山崎賢一 清水義之 進藤達哉 山崎賢一[注 3] 長内孝 宮里太
7 清水義之 石井琢朗 宮里太 進藤達哉 進藤達哉 進藤達哉
8 谷繁元信 谷繁元信 秋元宏作 秋元宏作 秋元宏作 秋元宏作
9 野村弘樹 斉藤明夫 有働克也 岡本透 遠藤一彦 大門和彦

[3]

1992年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- 阪神 -- ヤクルト --
2位 阪神 2.0 広島 0.5 阪神 2.0 阪神 1.5 巨人 2.5 ヤクルト 1.0 巨人 2.0
3位 ヤクルト 3.5 阪神 1.0 巨人 3.5 巨人 2.0 阪神 3.0 巨人 1.5 阪神
4位 中日 4.0 中日 4.0 広島 5.0 広島 3.0 広島 5.0 広島 4.0 広島 3.0
5位 巨人 5.0 巨人 9.0 中日 6.0 中日 8.0 大洋 10.5 大洋 6.0 大洋 8.0
6位 大洋 6.5 大洋 9.5 大洋 7.5 大洋 9.5 中日 15.0 中日 8.5 中日 9.0
期間
成績
7勝13敗
勝率.350
10勝15敗
勝率.400
11勝7敗1分
勝率.611
7勝11敗
勝率.389
13勝11敗
勝率.542
12勝8敗
勝率.600
1勝4敗
勝率.200
1992年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 69 61 1 .531 -
2位 読売ジャイアンツ 67 63 0 .515 2.0
阪神タイガース 67 63 2 .515 2.0
4位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 3.0
5位 横浜大洋ホエールズ 61 69 1 .469 8.0
6位 中日ドラゴンズ 60 70 0 .462 9.0

オールスターゲーム1992[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 佐々木主浩
盛田幸妃
内野手 高木豊 8
シーツ
  • ▲は出場辞退選手発生による補充。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[4]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
シーツ 打点王 100打点 初受賞
盛田幸妃 最優秀防御率 2.05 初受賞
佐々木主浩 最優秀救援投手 33SP 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
シーツ 外野手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 小桧山雅仁 投手 日本石油 入団
2位 佐伯貴弘 内野手 大阪商業大学 入団
3位 五十嵐英樹 投手 三菱重工神戸 入団
4位 金村康平 捕手 九州学院高 入団
5位 戸叶尚 投手 佐野商業高 入団
6位 吉井晃 投手 たくぎん 入団
7位 田中敏昭 投手 峰山高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スタメン発表時は一塁手。
  2. ^ 偵察メンバーの水尾嘉孝と交代。
  3. ^ 偵察メンバーの野村弘樹と交代。

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1992年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ 【10月7日】1992年(平4) 大洋ラストゲーム 遠藤一彦引退、三浦大輔初登板スポニチアネックス 日めくりプロ野球09年10月
  3. ^ 『1993 ベースボール・レコード・ブック』ベースボール・マガジン社、1992年。ISBN 4-583-03036-3。
  4. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。