1992年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1992年の相撲(1992ねんのすもう)は、1992年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、1月場所を19歳5ヶ月で優勝の貴花田は史上最年少優勝。横綱旭富士引退、年寄旭富士承認。
  • 2月、役員改選が行われ、新理事長に出羽海、新理事に佐渡ヶ嶽、新監事に藤島が選ばれた。日本大学出身のアマチュア横綱成松伸哉立浪部屋に入門。
  • 3月、新弟子検査合格者151名は史上最多。
  • 4月、陣幕(元千代の富士)は九重に名跡変更。出羽海理事長が雲仙普賢岳の噴火が続く長崎県島原市深江町を訪れ見舞金を贈った。
  • 5月、夏場所直前に横綱北勝海引退。これにより横綱が空位となった。年寄北勝海承認。力士入門規定を一部改正し、義務教育修了の男子に、新たに20歳未満と年齢制限が加えられた。またアマチュア大会で好成績を収めた者は25歳未満。場所後の番付編成会議での大関昇進決定。元関脇栃司引退、年寄入間川襲名。
  • 6月、元関脇巨砲引退、年寄大嶽襲名。ヨーロッパ遠征。スペインのマドリード、ドイツのデュッセルドルフで行われた。
  • 9月、元関脇逆鉾引退、年寄春日山襲名。元前頭筆頭薩洲灘引退、年寄錣山襲名。三役格行司木村庄太郎が27代式守伊之助に昇格。
  • 12月、力士志望者の年齢制限を現行の20歳未満から23歳未満に変更。元小結両国引退、年寄中立襲名。

本場所[編集]

アマチュア[編集]

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p97