1992年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1992年の読売ジャイアンツ
成績
セントラル・リーグ2位
67勝63敗 勝率.515[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
東京ドーム
Tokyo Dome 2007-2.jpg
球団組織
オーナー 正力亨
経営母体 読売新聞社
監督 藤田元司
« 1991
1993 »

1992年の読売ジャイアンツ(1992ねんのよみうりジャイアンツ)では、1992年における読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、2回目の藤田元司監督体制の4年目(通算7年目)のシーズンである。

概要[編集]

序盤は4月5月共に僅か8勝しかできず開幕ダッシュに失敗。そんな中西武ライオンズから中尾孝義との交換トレード大久保博元、新外国人でロイド・モスビーを獲得 すると6月に16勝5敗と大きく勝ち越し7月には首位に躍り出るなどチームは勢いに乗ったかに見えた…、ところがオールスター明けのヤクルト戦に3連敗し8月には阪神、広島の追撃もあい8月には4位に後退、結局最終順位は2位に終わりこの年のセリーグの混戦をものに出来ず2年ぶりのVはならなかった。オフには藤田元司監督が退任し長嶋茂雄監督が復帰した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[2]
1 緒方耕一
2 川相昌弘
3 篠塚利夫
4 原辰徳
5 駒田徳広
6 岡崎郁
7 ゴンザレス
8 吉原孝介
9 槙原寛己
1992年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- 阪神 -- ヤクルト --
2位 阪神 2.0 広島 0.5 阪神 2.0 阪神 1.5 巨人 2.5 ヤクルト 1.0 巨人 2.0
3位 ヤクルト 3.5 阪神 1.0 巨人 3.5 巨人 2.0 阪神 3.0 巨人 1.5 阪神
4位 中日 4.0 中日 4.0 広島 5.0 広島 3.0 広島 5.0 広島 4.0 広島 3.0
5位 巨人 5.0 巨人 9.0 中日 6.0 中日 8.0 大洋 10.5 大洋 6.0 大洋 8.0
6位 大洋 6.5 大洋 9.5 大洋 7.5 大洋 9.5 中日 15.0 中日 8.5 中日 9.0
1992年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 69 61 1 .531 -
2位 読売ジャイアンツ 67 63 0 .515 2.0
阪神タイガース 67 63 2 .515 2.0
4位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 3.0
5位 横浜大洋ホエールズ 61 69 1 .469 8.0
6位 中日ドラゴンズ 60 70 0 .462 9.0

オールスターゲーム1992[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 桑田真澄 5
斎藤雅樹 3
槙原寛己 4
捕手 大久保博元
三塁手 岡崎郁 4
内野手 駒田徳広 3
外野手 原辰徳 12
  • 太字はファン投票による選出、取消線は出場辞退。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 松井秀喜 内野手 星稜高 入団
2位 門奈哲寛 投手 日本大学 入団
3位 西山一宇 投手 NTT四国 入団
4位 木村龍治 投手 青山学院大学 入団
5位 村田善則 捕手 佐世保実業高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ シーズン途中に篠塚利夫から改名。

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1992年 セントラル・リーグ”. 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ 『1993 ベースボール・レコード・ブック』 ベースボール・マガジン社1992年。ISBN 4-583-03036-3。
  3. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2015年11月6日閲覧。