1992年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1992年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ2位
74勝50敗6分 勝率.597[1]
本拠地
都市 大阪府藤井寺市
球場
藤井寺球場
Fujiiderastadium.jpg
球団組織
オーナー 上山善紀
経営母体 近畿日本鉄道
監督 仰木彬
« 1991
1993 »

1992年の近鉄バファローズ(1992ねんのきんてつバファローズ)では、1992年シーズンの近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、仰木彬監督の5年目のシーズンである。

概要[編集]

前年の2位躍進の原動力となった投手陣は法政大学高村祐がドラフト1位で入団するなど、先発陣を強化。打撃陣でも前年後半を棒に振ったラルフ・ブライアントが復活し、シーズンが開幕。チームは前年優勝の西武がもたついたこともあり、11勝8敗と勝ち越して4月を終了。5月には14勝4敗の貯金10と勝ち越して西武を突き放すが、6月1日の試合でエース野茂英雄が西武打線に打たれてKOされると首位から陥落。前年強かった夏場が弱くなったチームは7月も7勝9敗で終わり、Aクラス入りが不安視された。8月以降は34勝17敗と貯金17を稼ぎオリックスダイエー日本ハムを突き放したが、時すでに遅く前年とほぼ同じ成績(74勝50敗6分、貯金24)ながらも西武に追いつくことはできず、そのまま2位でシーズンを終えた。投手陣では新人王の高村や最多勝獲得の野茂に加えて高柳出己がまずまずの成績を残し、前年から抑えの赤堀元之はリリーフながらも最優秀防御率を獲得したが、前年2位躍進の原動力となった小野和義が未勝利に終わるなど明暗が分かれた。打撃陣では復帰したブライアント、切り込み隊長の大石大二郎、3年目の石井浩郎などはまずまずの成績を残したが3割打者不在に泣いた。シーズン終了後、2年連続V逸の責任を取り仰木監督はこの年限りで勇退した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

オーダー変遷
開幕 5/1 6/1 7/1 8/1 9/1
1 大石大二郎 大石大二郎 大石大二郎 大石大二郎 大石大二郎 大石大二郎
2 新井宏昌 新井宏昌[注 1] 新井宏昌 新井宏昌 新井宏昌[注 1] 新井宏昌
3 ブライアント ブライアント ブライアント ブライアント ブライアント ブライアント
4 リード リード リード 石井浩郎 石井浩郎 石井浩郎
5 鈴木貴久 石井浩郎 石井浩郎 リード 村上嵩幸 デービス
6 石井浩郎 金村義明 村上嵩幸 村上嵩幸 デービス 村上嵩幸
7 金村義明 村上嵩幸 松久保新吾 安達俊也 金村義明 金村義明
8 古久保健二 古久保健二 光山英和 古久保健二 光山英和 光山英和
9 水口栄二 吉田剛 吉田剛 吉田剛 水口栄二 吉田剛
小野和義 阿波野秀幸 野茂英雄 江坂政明 野茂英雄 野茂英雄

[2]

1992年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 ロッテ -- 近鉄 -- 西武 -- 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 近鉄 0.5 西武 1.0 近鉄 4.5 近鉄 9.0 近鉄 8.0 近鉄 4.5
3位 日本ハム 1.0 ロッテ 8.0 日本ハム 9.5 日本ハム 12.5 日本ハム 17.5 オリックス 18.0
4位 ダイエー 1.0 日本ハム 8.0 ロッテ 11.5 オリックス 16.5 オリックス 19.5 ダイエー 26.5
5位 西武 3.5 ダイエー 8.5 ダイエー 13.0 ロッテ 18.0 ダイエー 20.0 日本ハム 26.0
6位 オリックス 6.0 オリックス 12.5 オリックス 15.5 ダイエー 19.0 ロッテ 21.5 ロッテ 26.5
期間
成績
11勝8敗1分
勝率.579
14勝4敗1分
勝率.778
8勝12敗1分
勝率.400
7勝9敗2分
勝率.438
13勝7敗1分
勝率.650
21勝10敗
勝率.677
1992年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 80 47 3 .630 -
2位 近鉄バファローズ 74 50 6 .597 4.5
3位 オリックス・ブルーウェーブ 61 64 5 .488 18.0
4位 福岡ダイエーホークス 57 72 1 .442 24.0
5位 日本ハムファイターズ 54 73 3 .425 26.0
6位 千葉ロッテマリーンズ 54 74 2 .422 26.5

オールスターゲーム1992[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 仰木彬
投手 野茂英雄 3
赤堀元之
内野手 石井浩郎
大石大二郎 9
外野手 ブライアント 2
  • 太字はファン投票による選出。

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/野茂英雄 30 29 17 5 1 18 8 0 900 216.2 150 13 117 1 228 4 0 73 64 2.66 1.23
/高村祐 28 28 3 1 0 13 9 0 765 180.0 156 26 71 9 153 4 0 69 63 3.15 1.26
/高柳出己 24 21 6 3 0 8 8 0 587 139.2 142 19 42 2 76 2 0 65 61 3.93 1.32
/赤堀元之 50 2 1 1 0 11 4 22 499 130.0 91 5 29 5 88 2 0 29 26 1.80 0.92
/阿波野秀幸 19 16 2 0 0 6 6 0 408 93.2 95 5 38 4 77 2 0 38 35 3.36 1.42
/江坂政明 23 7 0 0 0 4 1 0 286 65.1 74 9 18 1 47 2 0 35 34 4.68 1.41
/佐々木修 19 10 0 0 0 1 1 0 278 63.2 81 7 16 3 20 0 0 29 29 4.10 1.52
/佐野重樹 31 1 0 0 0 4 2 1 273 62.1 67 6 24 4 44 2 0 30 29 4.19 1.46
/山崎慎太郎 29 2 0 0 0 2 2 2 241 54.0 61 4 25 3 46 2 0 24 21 3.50 1.59
/入来智 15 8 1 0 1 4 3 1 245 53.1 66 8 19 3 38 3 0 41 40 6.75 1.59
/清川栄治 36 0 0 0 0 2 2 5 172 44.0 32 7 10 0 49 1 0 18 15 3.07 0.96
/小野和義 6 6 0 0 0 0 3 0 126 25.1 35 6 17 1 9 0 0 27 26 9.24 2.05
/吉井理人 9 0 0 0 0 1 0 0 45 11.2 10 1 2 0 4 1 0 3 3 2.31 1.03
/加藤哲郎 4 0 0 0 0 0 0 0 44 9.0 14 0 1 2 4 0 0 9 8 8.00 1.67
/木下文信 4 0 0 0 0 0 1 0 29 6.2 6 2 3 1 4 0 0 4 4 5.40 1.35
/山田真実 2 0 0 0 0 0 0 0 28 6.1 7 0 1 0 7 0 0 4 4 5.68 1.26
/品田操士 2 0 0 0 0 0 0 0 36 4.2 14 2 8 1 3 1 0 17 16 30.86 4.71

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/大石大二郎 130 576 487 76 131 24 6 6 185 47 39 13 23 1 62 1 3 56 4 .269 .354 .380 .734
/石井浩郎 128 540 473 68 137 27 1 29 253 89 4 3 0 4 58 4 5 59 16 .290 .370 .535 .905
/ブライアント 119 501 448 78 109 17 2 38 244 96 6 3 0 2 45 6 6 176 4 .243 .319 .545 .864
/村上隆行 116 443 388 63 97 20 3 20 183 59 15 5 8 3 44 0 0 106 4 .250 .324 .472 .796
/金村義明 102 390 335 50 87 11 3 13 143 44 5 3 4 1 48 4 2 66 7 .260 .355 .427 .782
/新井宏昌 106 341 295 38 65 12 4 3 94 25 2 1 11 3 29 0 3 32 6 .220 .294 .319 .613
/吉田剛 109 334 296 43 76 6 3 3 97 30 27 6 13 2 21 0 2 58 5 .257 .308 .328 .636
/リード 77 296 246 33 57 10 1 10 99 37 0 0 0 2 47 0 1 66 5 .232 .355 .402 .757
/古久保健二 78 204 174 19 36 6 2 4 58 17 0 2 13 0 17 0 0 49 1 .207 .277 .333 .611
/鈴木貴久 61 195 167 16 31 6 0 9 64 26 3 1 1 2 22 1 3 42 5 .186 .289 .383 .672
/光山英和 74 176 161 22 43 6 2 8 77 22 1 3 3 1 5 0 6 21 10 .267 .312 .478 .790
/安達俊也 79 152 136 16 34 7 2 1 48 13 2 3 2 1 11 0 2 25 0 .250 .313 .353 .666
/デービス 40 147 131 10 36 3 0 5 54 12 1 1 0 1 14 0 1 19 3 .275 .347 .412 .759
/藤立次郎 71 136 121 16 34 8 1 3 53 10 2 2 6 0 8 0 1 25 1 .281 .331 .438 .769
/中根仁 52 94 81 8 12 4 0 1 19 5 2 0 7 0 6 0 0 21 0 .148 .207 .235 .441
/山下和彦 54 93 82 3 17 1 0 0 18 4 0 0 3 0 5 0 3 22 2 .207 .278 .220 .497
/中谷忠己 47 56 52 3 16 4 0 0 20 10 0 0 0 0 4 0 0 12 4 .308 .357 .385 .742
/松久保新吾 20 50 44 3 7 3 0 0 10 1 0 0 0 0 6 1 0 14 3 .159 .260 .227 .487
/水口栄二 53 48 43 4 9 1 0 0 10 2 3 0 2 0 3 0 0 10 1 .209 .261 .233 .493
/加藤正樹 18 27 26 3 7 1 0 0 8 1 0 0 1 0 0 0 0 4 0 .269 .269 .308 .577
/中村紀洋 11 27 27 4 6 1 0 2 13 5 0 0 0 0 0 0 0 8 0 .222 .222 .481 .704
/ビーン 7 26 24 2 5 2 0 0 7 2 0 0 0 1 1 0 0 5 0 .208 .231 .292 .522
/畑山俊二 10 12 11 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .091 .167 .091 .258
/後関昌彦 7 10 10 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .100 .100 .100 .200
/米崎薫臣 5 9 9 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .222 .222 .222 .444
/中村良二 3 4 4 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .500 .750
/清川栄治 36 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
高村祐 新人王
赤堀元之 最優秀防御率 1.80 初受賞
最優秀救援投手 32SP 初受賞
野茂英雄 最多勝利 18勝 3年連続3度目
最多奪三振 228個 3年連続3度目
ベストナイン
選出なし
ゴールデングラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 小池秀郎 投手 松下電器 入団
2位 吉田道 投手 東海大学付属相模高 入団
3位 内匠政博 外野手 日本生命 入団
4位 衣川幸夫 捕手 育英高 入団
5位 大島公一 内野手 日本生命 入団
6位 渕脇芳行 内野手 大阪桐蔭高 入団
7位 久保充広 捕手 近畿大学附属高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 偵察メンバーの入来智と交代。

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1992年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2015年6月4日閲覧。
  2. ^ 『1993 ベースボール・レコード・ブック』ベースボール・マガジン社、1992年。ISBN 4-583-03036-3。
  3. ^ オリックス・バファローズ Legend Of Bs2013 Miracle!夢が叶ったあの時”. オリックス・バファローズ. 2015年6月4日閲覧。