1992年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1992年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ2位
67勝63敗2分 勝率.515
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Summer Koshien 2009 Final.jpg
球団組織
オーナー 久万俊二郎
経営母体 阪神電気鉄道
監督 中村勝広
 < 1991 1993 > 

1992年の阪神タイガース(1992ねんのはんしんタイガース)では、1992年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。

この年の阪神タイガースは、中村勝広監督の3年目のシーズンである。前年までの低迷から様変わりし、野村克也監督率いるヤクルトと優勝争いを繰り広げたが、2ゲーム差の2位タイでシーズンを終えた。

チーム成績[編集]

前年まで2年連続最下位、この年も最下位の呼び声が高い中、前年9月に5連続完投勝利を演じた投手陣は、本拠地阪神甲子園球場のラッキーゾーンが撤去された事も有利に働き、エースに成長した仲田幸司、防御率リーグ2位の中込伸、6月14日にノーヒットノーラン達成の湯舟敏郎ら先発陣と、ストッパーに起用された2年目の田村勤などの活躍で12球団ダントツのチーム防御率2.90を記録。一方攻撃陣は2年目のトーマス・オマリー大洋を解雇されたジェームス・パチョレックを中心に亀山努新庄剛志久慈照嘉ら若手が台頭し、チームは首位戦線に躍り出た。8月の死のロードにも勝ち越すと、9月13日には9連敗中のヤクルトに代わり首位に立ったが、その後は若手が経験不足を露呈、田村が故障で戦線離脱したのも響き負けが込み、10月のヤクルトとの首位決戦に連敗して首位から陥落、10月10日の直接対決に敗れ力尽き、2ゲーム差の2位タイでシーズンを終えた。

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 和田豊
2 久慈照嘉
3 パチョレック
4 オマリー
5 岡田彰布
6 真弓明信
7 八木裕
8 山田勝彦
9 葛西稔
1992年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 - ヤクルト - ヤクルト - ヤクルト - ヤクルト - 阪神 - ヤクルト -
2位 阪神 2.0 広島 0.5 阪神 2.0 阪神 1.5 巨人 2.5 ヤクルト 1.0 巨人 2.0
3位 ヤクルト 3.5 阪神 1.0 巨人 3.5 巨人 2.0 阪神 3.0 巨人 1.5 阪神
4位 中日 4.0 中日 4.0 広島 5.0 広島 3.0 広島 5.0 広島 4.0 広島 3.0
5位 巨人 5.0 巨人 9.0 中日 6.0 中日 8.0 大洋 10.5 大洋 6.0 大洋 8.0
6位 大洋 6.5 大洋 9.5 大洋 7.5 大洋 9.5 中日 15.0 中日 8.5 中日 9.0
期間
成績
12勝9敗
勝率.571
12勝9敗
勝率.571
10勝12敗1分
勝率.455
10勝9敗
勝率.526
11勝10敗
勝率.524
9勝8敗1分
勝率.529
3勝6敗
勝率.333
1992年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 69 61 1 .531 -
2位 読売ジャイアンツ 67 63 0 .515 2.0
阪神タイガース 67 63 2 .515 2.0
4位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 3.0
5位 横浜大洋ホエールズ 61 69 1 .469 8.0
6位 中日ドラゴンズ 60 70 0 .462 9.0

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(132イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/仲田幸司 35 30 13 2 1 14 12 1 899 217.1 194 16 67 3 194 10 0 69 61 2.53 1.20
/中込伸 28 27 7 1 1 9 8 0 811 200.2 147 18 77 1 111 5 0 61 54 2.42 1.12
/湯舟敏郎 27 22 7 4 1 11 8 0 603 146.2 113 14 65 0 136 3 1 51 46 2.82 1.21
/野田浩司 26 17 7 3 1 8 9 1 512 123.2 115 14 34 3 102 4 0 45 41 2.98 1.21
/葛西稔 21 17 1 1 0 6 8 0 460 105.2 116 16 35 5 61 1 0 52 45 3.83 1.43
/弓長起浩 51 0 0 0 0 4 1 4 324 80.0 56 4 35 3 55 1 0 15 12 1.35 1.14
/猪俣隆 14 13 1 1 0 5 5 0 364 75.2 87 8 50 4 57 1 0 46 42 5.00 1.81
/御子柴進 29 1 0 0 0 1 2 0 228 59.0 48 2 11 2 19 0 0 16 10 1.53 1.00
/嶋尾康史 25 4 0 0 0 1 2 1 231 52.2 49 1 25 2 38 2 0 18 14 2.39 1.41
/田村勤 24 0 0 0 0 5 1 14 162 41.0 26 2 11 3 53 2 0 8 5 1.10 0.90
/中西清起 31 1 0 0 0 2 5 3 188 39.2 46 5 18 4 32 1 0 24 21 4.76 1.61
/太田貴 14 0 0 0 0 0 1 0 85 19.1 19 3 11 0 12 1 0 13 13 6.05 1.55
/久保康生 11 0 0 0 0 1 0 1 63 14.0 12 3 10 0 16 1 0 8 8 5.14 1.57
/渡辺伸彦 11 0 0 0 0 0 0 0 53 11.2 6 1 12 0 12 0 0 5 3 2.31 1.54
/服部裕昭 3 0 0 0 0 0 1 0 29 4.1 8 0 7 1 4 0 0 7 7 14.54 3.46
/古里泰隆 3 0 0 0 0 0 0 0 19 3.0 6 1 3 0 3 0 0 5 3 9.00 3.00
/中田良弘 1 0 0 0 0 0 0 0 10 2.0 3 0 1 0 0 0 0 2 1 4.50 2.00

主な打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(409打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/和田豊 132 606 550 65 153 23 8 0 192 23 1 6 15 0 40 3 1 48 9 .278 .328 .349 .677
/パチョレック 129 562 512 73 159 33 0 22 258 88 0 2 0 6 40 1 4 73 18 .311 .361 .504 .865
/亀山努 131 548 488 65 140 14 7 4 180 28 15 13 15 2 41 1 2 94 6 .287 .343 .369 .712
/八木裕 129 492 424 57 113 23 3 21 205 60 8 6 5 1 59 3 3 84 8 .267 .359 .483 .843
/オマリー 111 478 381 55 124 30 2 15 203 62 3 1 0 1 94 7 2 70 8 .325 .460 .533 .993
/久慈照嘉 121 441 371 29 91 8 8 0 115 21 4 5 24 4 41 3 1 50 9 .245 .319 .310 .629
/新庄剛志 95 378 353 39 98 16 3 11 153 46 5 2 3 0 18 0 4 73 11 .278 .320 .433 .753
/山田勝彦 114 340 313 17 64 12 0 4 88 31 0 1 9 3 14 8 1 81 7 .204 .239 .281 .520
/岡田彰布 70 212 185 9 35 11 0 2 52 19 1 0 0 3 22 1 2 48 3 .189 .278 .281 .559
/真弓明信 68 109 101 7 21 2 0 1 26 12 0 0 0 2 5 3 1 22 5 .208 .248 .257 .505
/立花義家 59 101 93 9 22 5 1 1 32 7 1 0 0 1 7 1 0 36 3 .237 .287 .344 .631
/木戸克彦 63 99 89 8 9 1 0 2 16 10 1 0 3 0 7 0 0 21 3 .101 .167 .180 .346
/中野佐資 72 63 52 12 10 1 0 2 17 6 0 2 0 0 9 1 2 16 1 .192 .333 .327 .660
/平田勝男 40 55 48 2 8 2 0 0 10 6 3 0 5 0 0 0 2 8 2 .167 .200 .208 .408
/関川浩一 31 46 43 1 5 1 0 0 6 2 0 0 0 0 3 0 0 13 1 .116 .174 .140 .313
/金森永時 42 44 44 1 10 0 0 0 10 3 0 0 0 0 0 0 0 9 2 .227 .227 .227 .455
/高橋慶彦 19 27 23 2 5 1 0 0 6 2 0 1 0 1 3 0 0 4 0 .217 .296 .261 .557
/古屋英夫 13 19 17 0 1 0 0 0 1 1 1 0 0 0 2 0 0 2 1 .059 .158 .059 .217
/桧山進次郎 7 17 17 1 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .176 .176 .176 .353
/山口重幸 20 13 9 3 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 3 0 1 2 0 .222 .462 .333 .795
/山脇光治 19 10 9 2 3 1 0 0 4 0 0 0 1 0 0 0 0 3 0 .333 .333 .444 .778
/金子誠一 12 8 6 3 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 1 3 0 .167 .375 .167 .542
/鮎川義文 4 5 5 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .400 .400 .600 1.000
/吉田博之 3 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

1992 サンヨー オールスターゲーム[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出
回数
投手 仲田幸司
中込伸
二塁手 和田豊 2
遊撃手 久慈照嘉
外野手 亀山努
パチョレック
八木裕
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。

できごと[編集]

1月[編集]

6月[編集]

9月[編集]

  • 9月11日 - 阪神対ヤクルト戦(甲子園)は延長15回、3対3の引き分けに終わり、試合時間6時間26分の最長記録[3]

選手・スタッフ[編集]


表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
久慈照嘉 新人王
パチョレック 最多安打 159本 2年ぶり3度目
オマリー 最高出塁率 .460 初受賞
仲田幸司 最多奪三振 194個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
パチョレック 一塁手 初受賞[注 1]
和田豊 二塁手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
パチョレック 一塁手 初受賞
和田豊 二塁手 初受賞
オマリー 三塁手 初受賞
亀山努 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 安達智次郎 投手 神戸村野工業高 入団
2位 竹内昌也 投手 NTT東北 入団
3位 米村和樹 投手 熊本商科大学付属高 入団
4位 片山大樹 捕手 徳山商業高 入団
5位 山本幸正 投手 堀越高 入団
6位 塩谷和彦 捕手 神港学園神港高 入団
7位 山下和輝 外野手 プリンスホテル 入団
8位 豊原哲也 外野手 小倉東高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 外野手部門で2度受賞しており、通算3度目。

出典[編集]

  1. ^ 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」172ページ
  2. ^ 【6月14日】1992年(平4) 同じ相手同じ球場同じ時間 大記録でやり返した湯舟敏郎 スポーツニッポン 2009年6月14日
  3. ^ 球団の歩み1990年代ヤクルト球団公式サイト