1992年イタリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イタリアの旗 1992年イタリアグランプリ
レース詳細
日程 1992年シーズン第13戦
決勝開催日 9月13日
開催地 モンツァ・サーキット
イタリア モンツァ
コース長 5.800km
レース距離 53周(307.400km)
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'22.221
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 アイルトン・セナ
タイム 1'26.119 (Lap 39)
決勝順位
優勝
2位
3位

1992年イタリアグランプリ (PIONEER GRAND PREMIO D'ITALIA[1]) は、1992年F1世界選手権の第13戦として、1992年9月13日にモンツァ・サーキットで開催された。

レース前[編集]

来期に関する噂が飛び交う中、イタリアGPにおいて2つの重大な発表が行われた。

グランプリ初日の金曜日(9月11日)、本田技研工業の東京本社にて川本信彦社長が会見を行い、1992年シーズンをもってF1活動を休止すると発表した。この決定については「1991年12月にマクラーレン側に意思を伝え、8月末の経営会議で正式決定した[2]」と説明した。

決勝の日曜日(9月13日)、レース開始4時間前の午前11時にナイジェル・マンセルが緊急記者会見を行い、今期限りでの引退を発表した。マンセルは来季の契約延長についてハンガリーGP前にフランク・ウィリアムズと合意していたが、セナが「契約金なしでもウィリアムズに乗りたい」と発言して以降、チームが契約金の引き下げを持ち出してきたと説明した(その金額は今期の年俸よりも低かった[3])。ウィリアムズのマネージャーが会見場を訪れ、「条件を呑むから会見をやめてくれないか」と記者達の眼前で説得したが、マンセルはこれに応じず声明文を読み上げた。

決勝[編集]

決勝展開[編集]

レースはポールポジションのマンセル、2位のセナ、3位のアレジの順で順当なスタートを切った。予選5位のベルガーは電気系トラブルでピットスタート。予選6位のシューマッハもスタート直後のシケインでブーツェンと接触し、ノーズ交換のため最後尾からの追走となった。

予選4位のパトレーゼはアレジとセナをかわし、14周目に2位に浮上。ウィリアムズの2台がワンツー体制を構築する。序盤からリタイアが相次ぎ、予選好調だったフェラーリ勢もマシントラブルにより姿を消した。

20周目、マンセルが大幅にペースダウンし、パトレーゼに先頭を譲った。マンセルはパトレーゼの母国での優勝をお膳立てするつもりだったが、42周目にマシントラブルが発生し、ピットに戻ってリタイアした。終盤の48周目、今度はパトレーゼのマシンにもアクティブサスペンションのトラブルが発生。リアの車高が落ち、路面にフロアを擦りながら走行を続けるも、5位にまで順位を落とした。

ウィリアムズの自滅によりセナが今期3勝目を獲得し、表彰台の両脇にはベネトン勢が並んだ。6位チェザリスは今期3回目の入賞となった。

決勝結果[編集]

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 1 ブラジルの旗 アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 53 1:18'15.349 2 10
2 20 イギリスの旗 マーティン・ブランドル ベネトンフォード 53 + 17.050 9 6
3 19 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード 53 + 24.373 6 4
4 2 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー マクラーレンホンダ 53 + 1:25.490 5 3
5 6 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ ウィリアムズルノー 53 + 1:33.158 4 2
6 4 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス ティレルイルモア 52 + 1 Lap 21 1
7 9 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート フットワーク無限ホンダ 52 + 1 Lap 16  
8 22 イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ ダラーラフェラーリ 52 + 1 Lap 22  
9 30 日本の旗 片山右京 ラルースランボルギーニ 50 ギアボックス 23  
10 16 オーストリアの旗 カール・ヴェンドリンガー マーチイルモア 50 + 3 Laps 17  
11 21 フィンランドの旗 J.J.レート ダラーラフェラーリ 47 エンジン 14  
Ret 33 ブラジルの旗 マウリシオ・グージェルミン ジョーダンヤマハ 46 ギアボックス 26  
Ret 5 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズルノー 41 電気系 1  
Ret 25 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン リジェルノー 41 スロットル 8  
Ret 26 フランスの旗 エリック・コマス リジェルノー 35 スピン 15  
Ret 15 イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ フォンドメタルフォード 30 ギアボックス 20  
Ret 3 フランスの旗 オリビエ・グルイヤール ティレルイルモア 26 エンジン 18  
Ret 12 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート ロータスフォード 18 エンジン 13  
Ret 17 イタリアの旗 エマニュエル・ナスペッティ マーチイルモア 17 エンジン 24  
Ret 27 フランスの旗 ジャン・アレジ フェラーリ 12 燃料系 3  
Ret 28 イタリアの旗 イヴァン・カペリ フェラーリ 12 電気系 7  
Ret 24 イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ ミナルディランボルギーニ 12 エンジン 12  
Ret 29 フランスの旗 ベルトラン・ガショー ラルースランボルギーニ 11 エンジン 10  
Ret 11 フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン ロータスフォード 5 エンジン 11  
Ret 10 日本の旗 鈴木亜久里 フットワーク無限ホンダ 2 サスペンション 19  
Ret 14 ベルギーの旗 エリック・ヴァン・デ・ポール フォンドメタル-フォード 0 クラッチ 25  
DNQ 23 ブラジルの旗 クリスチャン・フィッティパルディ ミナルディランボルギーニ    
DNQ 32 イタリアの旗 ステファノ・モデナ ジョーダンヤマハ    

参考文献[編集]

  • 『F1グランプリ特集10月号 (Vol.40)』 ソニーマガジンズ、1992年

脚注[編集]

  1. ^ 『F1グランプリ特集10月号』、p.141。
  2. ^ 『F1グランプリ特集10月号』、p.9。
  3. ^ 『F1グランプリ特集10月号』、p.7。
前戦
1992年ベルギーグランプリ
FIA F1世界選手権
1992年シーズン
次戦
1992年ポルトガルグランプリ
前回開催
1991年イタリアグランプリ
イタリアの旗 イタリアグランプリ次回開催
1993年イタリアグランプリ