1993年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1993年ナショナルリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
フィラデルフィア・フィリーズ 4
アトランタ・ブレーブス 2
シリーズ情報
試合日程 10月6日–13日
観客動員 6試合合計:34万3046人
1試合平均:05万7174人
MVP カート・シリング(PHI)
殿堂表彰者 ジョン・シャーホルツ(ATL GM)
ボビー・コックス(ATL監督)
トム・グラビン(ATL投手)
グレッグ・マダックス(ATL投手)
ジョン・スモルツ(ATL投手)
チーム情報
フィラデルフィア・フィリーズ(PHI)
シリーズ出場 10年ぶり6回目
GM リー・トーマス
監督 ジム・フレゴシ
シーズン成績 097勝65敗・勝率.599
東地区優勝

アトランタ・ブレーブス(ATL)
シリーズ出場 03年連続5回目
GM ジョン・シャーホルツ
監督 ボビー・コックス
シーズン成績 104勝58敗・勝率.642
西地区優勝

 < 1992
NLCS
1993

1994 > 

 < 1992
ALCS
1993

1994 > 
ワールドシリーズ

1993年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月5日に開幕した。ナショナルリーグの第25回リーグチャンピオンシップシリーズ(25th National League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、翌6日から13日にかけて計6試合が開催された。その結果、フィラデルフィア・フィリーズ東地区)がアトランタ・ブレーブス西地区)を4勝2敗で下し、10年ぶり5回目のリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たした。

両球団がリーグ優勝決定戦で対戦するのはこれが初めて。この年のレギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、6勝6敗の五分だった[1]。フィリーズは、前年は東地区最下位に沈んでいたが、今季は一転してリーグを制した。地区最下位の翌年にリーグ優勝は、1991年ミネソタ・ツインズとブレーブスに次ぎ、今回のフィリーズが3球団目である[2]。一方のブレーブスは、1942年から1944年にかけてのセントルイス・カージナルス以来となるナショナルリーグ3連覇を達成することはできなかった[3]シリーズMVPには、第1戦と第5戦の2度の先発登板でいずれも8.0イニングを投げ、責任投手となることはなかったものの防御率1.69を記録したフィリーズのカート・シリングが選出された。しかしフィリーズは、ワールドシリーズではアメリカンリーグ王者トロント・ブルージェイズに2勝4敗で敗れ、13年ぶり2度目の優勝を逃した。

試合結果[編集]

1993年のナショナルリーグ優勝決定戦は10月6日に開幕し、途中に移動日を挟んで8日間で6試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月06日(水) 第1戦 アトランタ・ブレーブス 3-4x フィラデルフィア・フィリーズ ベテランズ・スタジアム
10月07日(木) 第2戦 アトランタ・ブレーブス 14-3 フィラデルフィア・フィリーズ
10月08日(金) 移動日
10月09日(土) 第3戦 フィラデルフィア・フィリーズ 4-9 アトランタ・ブレーブス アトランタ・フルトン・
カウンティ・スタジアム
10月10日(日) 第4戦 フィラデルフィア・フィリーズ 2-1 アトランタ・ブレーブス
10月11日(月) 第5戦 フィラデルフィア・フィリーズ 4-3 アトランタ・ブレーブス
10月12日(火) 移動日
10月13日(水) 第6戦 アトランタ・ブレーブス 3-6 フィラデルフィア・フィリーズ ベテランズ・スタジアム
優勝:フィラデルフィア・フィリーズ(4勝2敗 / 10年ぶり5度目)

第1戦 10月6日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回裏、ピート・インカビリアのソロ本塁打でフィリーズが同点に追いつく(49秒)
フィリーズ先発投手カート・シリングが8回表、この日10個目の三振をフレッド・マグリフから奪う(19秒)
10回表、キム・バティステの二塁打で二塁走者ジョン・クルックが生還しフィリーズがサヨナラ勝利(1分43秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
アトランタ・ブレーブス 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 3 9 0
フィラデルフィア・フィリーズ 1 0 0 1 0 1 0 0 0 1x 4 9 1
  1. ミッチ・ウィリアムス(1勝)  :グレッグ・マクマイケル(1敗)  
  2. 本塁打:  PHI – ピート・インカビリア1号ソロ
  3. 審判:球審…ブルース・フローミング、塁審…一塁: フランク・プーリ、二塁: テリー・テイタ、三塁: ジム・クイック、外審…左翼: ジェリー・クロフォード、右翼: ジョー・ウェスト
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時10分 試合時間: 3時間33分 観客: 6万2012人 気温: 66°F(18.9°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 O・ニクソン 1 L・ダイクストラ
2 J・ブラウザー 2 M・ダンカン
3 R・ガント 3 J・クルック
4 F・マグリフ 4 D・ホリンズ
5 D・ジャスティス 5 D・ドールトン
6 T・ペンドルトン 6 P・インカビリア
7 D・ベリーヒル 7 W・チェンバレン
8 M・レムキー 8 K・ストッカー
9 S・エイベリー 9 C・シリング
先発投手 投球 先発投手 投球
S・エイベリー C・シリング

第2戦 10月7日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
3回表、ブレーブス一塁走者オーティス・ニクソンが盗塁を試みるも捕手ダレン・ドールトンの送球でアウトに(33秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 2 0 6 0 1 0 0 4 1 14 16 0
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3 7 2
  1. グレッグ・マダックス(1勝)  :トミー・グリーン(1敗)  
  2. 本塁打:  ATL – フレッド・マグリフ1号2ラン、ジェフ・ブラウザー1号ソロ、デイモン・ベリーヒル1号3ラン、テリー・ペンドルトン1号ソロ  PHI – デーブ・ホリンズ1号2ラン、レニー・ダイクストラ1号ソロ
  3. 審判:球審…フランク・プーリ、塁審…一塁: テリー・テイタ、二塁: ジム・クイック、三塁: ジェリー・クロフォード、外審…左翼: ジョー・ウェスト、右翼: ブルース・フローミング
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時10分 試合時間: 3時間14分 観客: 6万2436人 気温: 68°F(20°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 O・ニクソン 1 L・ダイクストラ
2 J・ブラウザー 2 M・モランディーニ
3 R・ガント 3 J・クルック
4 F・マグリフ 4 D・ホリンズ
5 D・ジャスティス 5 D・ドールトン
6 T・ペンドルトン 6 J・アイゼンライク
7 D・ベリーヒル 7 M・トンプソン
8 M・レムキー 8 K・ストッカー
9 G・マダックス 9 T・グリーン
先発投手 投球 先発投手 投球
G・マダックス T・グリーン

第3戦 10月9日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 1 0 1 0 1 1 4 10 1
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 5 4 0 X 9 12 0
  1. トム・グラビン(1勝)  テリー・マルホランド(1敗)  
  2. 本塁打:  PHI – ジョン・クルック1号ソロ
  3. 審判:球審…テリー・テイタ、塁審…一塁: ジム・クイック、二塁: ジェリー・クロフォード、三塁: ジョー・ウェスト、外審…左翼: ブルース・フローミング、右翼: フランク・プーリ
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後3時5分 試合時間: 2時間44分 観客: 5万2032人 気温: 81°F(27.2°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ダイクストラ 1 O・ニクソン
2 M・ダンカン 2 J・ブラウザー
3 J・クルック 3 R・ガント
4 D・ホリンズ 4 F・マグリフ
5 D・ドールトン 5 T・ペンドルトン
6 P・インカビリア 6 D・ジャスティス
7 W・チェンバレン 7 D・ベリーヒル
8 K・ストッカー 8 M・レムキー
9 T・マルホランド 9 T・グラビン
先発投手 投球 先発投手 投球
T・マルホランド T・グラビン

第4戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 8 1
アトランタ・ブレーブス 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 10 1
  1. :ダニー・ジャクソン(1勝)  ジョン・スモルツ(1敗)  Sミッチ・ウィリアムス(1勝1S)  
  2. 審判:球審…ジム・クイック、塁審…一塁: ジェリー・クロフォード、二塁: ジョー・ウェスト、三塁: ブルース・フローミング、外審…左翼: フランク・プーリ、右翼: テリー・テイタ
  3. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時30分 試合時間: 3時間33分 観客: 5万2032人 気温: 60°F(15.6°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ダイクストラ 1 O・ニクソン
2 M・モランディーニ 2 J・ブラウザー
3 J・クルック 3 R・ガント
4 D・ホリンズ 4 F・マグリフ
5 D・ドールトン 5 T・ペンドルトン
6 J・アイゼンライク 6 D・ジャスティス
7 M・トンプソン 7 G・オルソン
8 K・ストッカー 8 M・レムキー
9 D・ジャクソン 9 J・スモルツ
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ジャクソン J・スモルツ

第5戦 10月11日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回表、先頭打者ダレン・ドールトンの本塁打でフィリーズが3点差に突き放す(48秒)
延長10回表、レニー・ダイクストラのソロ本塁打でフィリーズが勝ち越し(43秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
フィラデルフィア・フィリーズ 1 0 0 1 0 0 0 0 1 1 4 6 1
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 7 1
  1. ミッチ・ウィリアムス(2勝1S)  マーク・ウォーラーズ(1敗)  Sラリー・アンダーセン(1S)  
  2. 本塁打:  PHI – ダレン・ドールトン1号ソロ、レニー・ダイクストラ1号ソロ
  3. 審判:球審…ジェリー・クロフォード、塁審…一塁: ジョー・ウェスト、二塁: ブルース・フローミング、三塁: フランク・プーリ、外審…左翼: テリー・テイタ、右翼: ジム・クイック
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後3時10分 試合時間: 3時間21分 観客: 5万2032人 気温: 62°F(16.7°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
フィラデルフィア・フィリーズ アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・ダイクストラ 1 O・ニクソン
2 M・ダンカン 2 J・ブラウザー
3 J・クルック 3 R・ガント
4 D・ホリンズ 4 F・マグリフ
5 D・ドールトン 5 D・ジャスティス
6 P・インカビリア 6 T・ペンドルトン
7 W・チェンバレン 7 D・ベリーヒル
8 K・ストッカー 8 M・レムキー
9 C・シリング 9 S・エイベリー
先発投手 投球 先発投手 投球
C・シリング S・エイベリー

第6戦 10月13日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
3回裏、ダレン・ドールトンの2点二塁打でフィリーズが先制(53秒)
次打者ジム・アイゼンライクの飛球を左翼手ロン・ガントがスライディングキャッチしてイニング終了(31秒)
5回裏、デーブ・ホリンズの2点本塁打でフィリーズが点差を3点に広げる(44秒)
6回裏、ミッキー・モランディーニの2点三塁打でフィリーズが6点目を奪う(35秒)
セブンス・イニング・ストレッチで指揮者が『私を野球に連れてって』を指揮していたところ、上の席の観客に指揮棒を奪われる(44秒)
9回表、ミッチ・ウィリアムスが代打ビル・ペコタを空振り三振に仕留めて試合終了、フィリーズのリーグ優勝が決定(1分59秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 1 0 2 0 0 3 5 3
フィラデルフィア・フィリーズ 0 0 2 0 2 2 0 0 X 6 7 1
  1. :トミー・グリーン(1勝1敗)  グレッグ・マダックス(1勝1敗)  Sミッチ・ウィリアムス(2勝2S)  
  2. 本塁打:  ATL – ジェフ・ブラウザー2号2ラン  PHI – デーブ・ホリンズ2号2ラン
  3. 審判:球審…ジョー・ウェスト、塁審…一塁: ブルース・フローミング、二塁: フランク・プーリ、三塁: テリー・テイタ、外審…左翼: ジム・クイック、右翼: ジェリー・クロフォード
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時10分 試合時間: 3時間4分 観客: 6万2502人 気温: 50°F(10°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス フィラデルフィア・フィリーズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 O・ニクソン 1 L・ダイクストラ
2 J・ブラウザー 2 M・モランディーニ
3 R・ガント 3 J・クルック
4 F・マグリフ 4 D・ホリンズ
5 D・ジャスティス 5 D・ドールトン
6 T・ペンドルトン 6 J・アイゼンライク
7 D・ベリーヒル 7 M・トンプソン
8 M・レムキー 8 K・ストッカー
9 G・マダックス 9 T・グリーン
先発投手 投球 先発投手 投球
G・マダックス T・グリーン

脚注[編集]

  1. ^ "1993 Philadelphia Phillies Schedule," Baseball-Reference.com. 2021年4月28日閲覧。
  2. ^ George F. Will, "The Man Who Freed the Baseball Players," Baltimore Sun, November 22, 1993. 2021年4月28日閲覧。
  3. ^ Mark Maske, "WITH SWINGS BIG AND SMALL, PHILLIES FELL BRAVES," The Washington Post, October 14, 1993. 2021年4月28日閲覧。