1993年の全日本F3000選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1993年の全日本F3000選手権
Previous: 1992 Next: 1994

1993年の全日本F3000選手権は、1993年(平成5年)3月20日 - 21日鈴鹿サーキットで開幕し、同年11月13日 - 14日に鈴鹿サーキットで閉幕した全11戦によるシリーズである。

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー 車名
(シャシー/エンジン/メンテナンス)
タイヤ エントラント
1 イタリアの旗 マウロ・マルティニ アコム エボリューション T93
ローラT93/50/無限MF308/ノバエンジニアリング)
B ACOM EVOLUTION TEAM NOVA
2 日本の旗 伊藤直澄 GIZA HOUSE T92 → GIZA HOUSE T93 → GIZA HOUSE 92D
(ローラT92/50 → ローラT93/50 → レイナード92D/無限MF308/アクティブ)
D GIZA RACING TEAM
3 日本の旗 黒澤琢弥
日本の旗 金石勝智(第10,11戦)
CABIN T92 DFV
(ローラT92/50/コスワースDFV/ヒーローズ)
B CABIN Racing with HEROES
5 アメリカ合衆国の旗 ジェフ・クロスノフ SSR メイテック DL ローラ
(ローラT92/50 → ローラT93/50/無限MF308/スピードスター)
D スピードスターホイールレーシングチーム
7 日本の旗 高橋国光 ADVAN LOLA MF308
(ローラT92/50 → ローラT93/50/無限MF308/パルスポーツ)
Y ADVAN SPORT PAL
8 イタリアの旗 マルコ・アピチェラ トライ ダンロップ 童夢 F103i
(童夢F103i/無限MF308/童夢)
D 株式会社 童夢
10 ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン KAWAISTEEL T93
(ローラT93/50/無限MF308/ノバエンジニアリング)
B KAWAISTEEL TEAM NOVA
11 イギリスの旗 エディー・アーバイン コスモオイル ローラ T92 無限
(ローラT92/50/無限MF308/セルモ)
D コスモオイルレーシングチーム セルモ
14 日本の旗 影山正彦 PIAA REYNARD 93D
(レイナード93D/無限MF308/中嶋企画)
B NAKAJIMA PLANNING
15 日本の旗 桧井保孝 PIAA REYNARD 93D
(レイナード93D/無限MF308/中嶋企画)
B NAKAJIMA PLANNING
16 日本の旗 和田久 CAPCOM LOLA T93
(ローラT93/50/無限MF308/ハギワラレーシング)
B CAPCOM RACING TEAM Hagiwara Racing
17 日本の旗 和田孝夫
イギリスの旗 アンソニー・レイド(第8 - 11戦)
ADVAN エボリューション 92 → ADVAN エボリューション 93
(ローラT92/50 → ローラT93/50/無限MF308/ニューランド)
Y SUPER EVOLUTION RACING TEAM
19 日本の旗 星野一義 NISSEKI LOLA T92
(ローラT92/50/コスワースDFV/ホシノ・レーシング)
B NISSEKI IMPUL RACING TEAM
20 イギリスの旗 アンドリュー・ギルバート=スコット STELLAR LOLA
(ローラT92/50/無限MF308/ステラインターナショナル)
B ステラインターナショナル
21 オーストリアの旗 ローランド・ラッツェンバーガー KYGNUS TONEN LOLA
(ローラT93/50/無限MF308/ステラインターナショナル)
B ステラインターナショナル
24 日本の旗 中谷明彦(第3・4戦) LOLA T92 JUDD
(ローラT92/50/JUDD KV/セルモ)
B TEAM HAYASHI
25 アメリカ合衆国の旗 ロス・チーバー PROMISE REYNARD 93D
(レイナード93D/無限MF308/チーム・ルマン)
B プロミス&レイナード
26 日本の旗 石川朗 CAPCOM REYNARD 93D
(レイナード93D/無限MF308/チーム・ルマン)
B CAPCOM RACING TEAM Le Mans
28 ブラジルの旗 パウロ・カーカッシ ALEXEL 93D
(レイナード93D/無限MF308/ナビコネクションレーシング)
B NAVI CONNECTION RACING
30 日本の旗 野田英樹(第11戦) TENORAS TOM'S 93D
(レイナード93D/コスワースDFV/トムス)
B TOM'S
33 日本の旗 清水正智 トライデント レイナード 92D
(レイナード92D/無限MF308/?)
D トライデントレーシングチーム
36 日本の旗 関谷正徳
日本の旗 野田英樹(第10戦)
TOM'S REYNARD 93D
(レイナード93D/コスワースDFV/トムス)
B TOM'S
37 フィンランドの旗 ミカ・サロ 5ZIGEN アド LOLA T93
(ローラT93/50/無限MF308/アドレーシングチーム)
Y 株式会社アド・レーシング
38 日本の旗 田中実(第10,11戦) 5ZIGEN アド LOLA T92
(ローラT92/50/コスワースDFV/アドレーシングチーム)
Y 株式会社アド・レーシング
61 スウェーデンの旗 トーマス・ダニエルソン SUNTORY BOSS T92
(ローラT92/50/コスワースDFV/チーム・テイクワン)
D TEAM TAKE ONE
77 日本の旗 鈴木利男 UNIVERSAL LOLA
(ローラT92/50 → ローラT93/50/コスワースDFV/アストニッシュ)
B UNIVERSAL RACING TEAM
88 イタリアの旗 エマニュエル・ナスペッティ
日本の旗 中谷明彦(第6 - 11戦)
ダンロップ 童夢 F103i
(童夢F103i/無限MF308/童夢)
D 株式会社 童夢
98 日本の旗 服部尚貴 TOSTEM LOLA T93 → TOSTEM LOLA T92
(ローラT93/50 → ローラT92/50/無限MF308/ムーンクラフト)
B LE GARAGE COX RACING TEAM + MOON CRAFT

※タイヤ:BブリヂストンDダンロップY横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催場所 イベント名 優勝者
第1戦 3月20日 - 21日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE Round 1 SUZUKA R・チーバー
第2戦 4月10日 - 11日 富士スピードウェイ CABIN International Formula Cup 星野一義
第3戦 5月8日 - 9日 CP MINEサーキット F3000 MINE ALL STAR M・マルティニ
第4戦 5月22日 - 23日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE Round 2 SUZUKA E・アーバイン
第5戦 7月17日 - 18日 大分阿蘇レーシングパーク COSMO OIL FORMULA CUP IN RACING PARK (注1)
第6戦 7月31日 - 8月1日 スポーツランド菅生 SUGO INTER FORMULA M・アピチェラ
第7戦 8月14日- 15日 富士スピードウェイ RRC FUJI CHAMPIONS (注2)
第8戦 9月4日 - 5日 富士スピードウェイ FUJI INTER F3000 鈴木利男
第9戦 9月25日 - 26日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE Round 3 SUZUKA R・チーバー
第10戦 10月16日 - 17日 富士スピードウェイ INTERNATIONAL F3000 FUJI FINAL 星野一義
第11戦 11月13日 - 14日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE FINAL Round SUZUKA T・ダニエルソン

(注1)オートポリスの倒産により開催中止。(注2)悪天候により決勝中止。

シリーズポイントランキング[編集]

ドライバー部門[編集]

ポイントシステム
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位
ポイント 9 6 4 3 2 1
ランキング ドライバー SUZ FSW MIN SUZ AUT SGO FSW FSW SUZ FSW SUZ ポイント
1 日本の旗 星野一義 2 1 Ret 2 C Ret C Ret 5 1 Ret 32
2 イギリスの旗 エディー・アーバイン 3 3 Ret 1 15 6 2 2 4 32
3 アメリカ合衆国の旗 ロス・チーバー 1 Ret 4 9 3 12 1 7 2 31
4 イタリアの旗 マルコ・アピチェラ 7 2 Ret 5 1 Ret 4 4 9 23
5 日本の旗 鈴木利男 6 4 Ret Ret 4 1 3 5 Ret 22
6 スウェーデンの旗 トーマス・ダニエルソン 9 5 Ret 3 9 Ret 16 3 1 19
7 イタリアの旗 マウロ・マルティニ Ret Ret 1 Ret Ret Ret 8 6 Ret 10
8 イギリスの旗 アンドリュー・ギルバート=スコット 5 6 Ret 4 8 Ret Ret 9 3 10
9 ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン Ret Ret Ret 8 14 2 10 12 5 8
10 日本の旗 影山正彦 12 8 6 Ret 2 8 Ret Ret 11 7
11 アメリカ合衆国の旗 ジェフ・クロスノフ 14 13 2 13 Ret 11 11 13 15 6
12 オーストリアの旗 ローランド・ラッツェンバーガー Ret 10 Ret 6 Ret 3 6 14 7 6
13 日本の旗 黒澤琢弥 4 Ret Ret 15 5 Ret Ret 5
14 ブラジルの旗 パウロ・カーカッシ 11 Ret 3 7 13 7 7 10 13 4
15 日本の旗 服部尚貴 8 Ret 5 11 7 5 20 11 8 4
16 日本の旗 関谷正徳 10 7 Ret Ret 4 18 Ret 3
17 フィンランドの旗 ミカ・サロ 13 9 7 Ret 6 DNS 17 Ret Ret 1
18 日本の旗 金石勝智 8 6 1
- 日本の旗 和田孝夫 15 12 8 14 12 0
- 日本の旗 高橋国光 Ret 11 9 12 10 9 9 18 Ret 0
- 日本の旗 中谷明彦 17 Ret 10 11 Ret 15 Ret 14 0
- 日本の旗 石川朗 16 15 Ret 17 Ret 10 12 16 Ret 0
- 日本の旗 桧井保孝 Ret 14 10 Ret Ret 14 13 15 Ret 0
- 日本の旗 和田久 Ret Ret Ret Ret Ret 13 19 Ret 10 0
- 日本の旗 田中実 17 12 0
- イギリスの旗 アンソニー・レイド Ret 14 Ret Ret 0
- イタリアの旗 エマニュエル・ナスペッティ 17 16 Ret Ret 0
- 日本の旗 伊藤直澄 Ret 18 Ret 16 Ret Ret Ret 20 Ret 0
- 日本の旗 清水正智 19 Ret Ret 0
- 日本の旗 野田英樹 19 Ret 0
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

※ベスト7戦が有効得点

トピックス[編集]

  • 前年、不振に陥った星野一義はムーンクラフトから宮坂宏をチーフ・エンジニアとして招き、ニスモからの技術支援もあって復活。1990年以来の全日本F3000チャンピオンに輝いた。
  • 無限MF308エンジンをベースに、ホンダF1技術者が加わって開発された「無限ホンダ」エンジン(エンジン名はMF308のまま)が、第6戦菅生からノバのフレンツェン車に搭載。第7戦富士からマルティニ車にも搭載された。雨で中止になった第7戦富士でマルティニが、第8戦富士でフレンツェンがそれぞれポールポジションを獲得。
  • ムーンクラフトがF3000用シャシー、MC-060ELを開発。シーズン前テストで好タイムを記録するも実戦には登場せず。
  • 前年、F1・マーチのドライバーだったエマニュエル・ナスペッティが童夢のレギュラードライバーに起用されるが、成績不振により第4戦鈴鹿を以て全日本F3000の参戦を終了。ジョーダンのテスト・ドライバーに転出した。
  • F1第13戦イタリアGPでマルコ・アピチェラが、第15戦鈴鹿・第16戦オーストラリアでエディー・アーバインがジョーダンからF1にスポット参戦。アーバインは鈴鹿でF1デビュー戦ながら6位入賞し、F1進出の足掛かりをつかんだ。
  • 鈴木利男がF1第15戦鈴鹿・第16戦オーストラリアにラルースからスポット参戦した。