1993年の台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1993年の台風
軌跡の地図
最初の台風発生 3月13日
最後の台風消滅 12月28日
最も強かった
台風
台風2号 – 905 hPa,
105 kt (10分間平均)
熱帯低気圧の総数 43
台風の総数 28
総死亡者数 668
総被害額 17.5 億ドル (1993 USD)
年別台風
1991, 1992, 1993, 1994, 1995

1993年台風太平洋北西部で発生した熱帯低気圧)のデータ。台風の発生数は28個であった。

日本への接近数は9個で、上陸数は当時としては統計史上最多タイの6個(現在は2番目に多い記録)であった。この上陸数は平年(約3個)のおよそ2倍であった。

台風1号は3月13日に発生。台風は8月から10月に集中して発生し、8~12月で台風は22個発生した。7月と8月に集中して台風が上陸し、8月に上陸した台風13号は「非常に強い」勢力で九州に上陸し、甚大な被害を与えた。

台風の日本上陸数[編集]

台風の年間日本上陸数
上陸数が多い年 上陸数が少ない年
順位 上陸数 順位 上陸数
1 2004年 10 1 2008年 2000年
1986年 1984年
0
2 2016年 1993年 1990年 6 5 2009年 1995年 1987年 1980年
1977年 1973年 1957年
1
5 2019年 2018年 1989年 1966年
1965年 1962年 1954年
5

月別の台風発生数[編集]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間
1 1 4 7 5 5 2 3 28

各熱帯低気圧の活動時期[編集]

Typhoon Yancy (1993)Typhoon Robyn (1993)Typhoon Koryn (1993)

「台風」に分類されている熱帯低気圧[編集]

台風1号(イルマ)[編集]

199301・02W

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 3月13日 – 3月17日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
985 hPa

3月10日マーシャル諸島近海で熱帯低気圧が発生し、13日に台風に発達。台風名「イルマ」と命名された。1号はやや発達しながら北西に進んだのち17日に熱帯低気圧となった。

台風2号(コリン)[編集]

199302・06W・ゴーリン

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 6月21日 – 6月28日
ピーク時の強さ 105 kt (10分間平均) 
905 hPa

6月16日マーシャル諸島近海で熱帯低気圧が発生。21日に台風に発達し、台風名「コレン」と命名された。2号は22日頃から急速に発達を始め、24日頃には一時「猛烈な」勢力に発達した。その後はルソン島を通過して29日に熱帯低気圧となった。この年の台風の中では最強の勢力となった。

台風3号(ルイス)[編集]

199303・08W・フリン

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHWS)
発生期間 7月8日 – 7月12日
ピーク時の強さ 60 kt (10分間平均) 
975 hPa

7月7日頃にフィリピンの東で発生した熱帯低気圧が8日に台風に発達。台風名(ルイス)と命名された。3号はフィリピンを通過したのち南シナ海で発達。その後13日に大陸で熱帯低気圧となった。

台風4号(ネイサン)[編集]

199304・10W

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 7月20日 – 7月25日
ピーク時の強さ 55 kt (10分間平均) 
980 hPa

7月20日にマリアナ諸島の北東の海上で発生。24日には父島の西海上で、中型で並の強さにまで発達し、25日に中型の弱い勢力で徳島県に上陸した。上陸後は次第に勢力を弱めながら北西ないし北北西へ進み、岡山県に再上陸して日本海に抜け、温帯低気圧に変わった。この台風の影響により、床上浸水15棟、床下浸水10棟の被害がもたらされた[1]

台風5号(オフェリア)[編集]

199305・11W・ルミン

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 7月25日 – 7月27日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
990 hPa

7月26日に沖ノ鳥島の北海上で発生し、27日11時頃、鹿児島県大隅半島に上陸[2]。その後北東に進み、同日17時半頃に山口県徳山市付近に再上陸した後、28日には日本海に進んだ[2]。なお、この台風に続くように台風6号も襲来し、九州に2つの台風が相次いで上陸して被害を拡大させた[2]

台風6号(パーシー)[編集]

199306・12W・マイリン

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 7月28日 – 7月30日
ピーク時の強さ 60 kt (10分間平均) 
975 hPa

7月28日に沖縄の南の海上で発生した後、勢力を強めながら沖縄本島の東海上を北上し、30日0時前に長崎県長崎市付近に上陸[2]。その後は対馬海峡を経て日本海へ進んだ[2]。前項の通り、台風5号通過直後に上陸したため、西日本では被害が拡大した。なお、これら2つの台風によって九州・四国・中国地方の西部で大雨となり、期間降水量は、旭丸(徳島県神山町)で966 mm、本川(高知県本川村)で809 mm、見立(宮崎県日之影町)で800 mmに達した。 また、大分県や山口県、宮崎県などで土砂災害などが起きた[2]


台風7号(ロビン)[編集]

199307・13W・オペン

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月2日 – 8月11日
ピーク時の強さ 85 kt (10分間平均) 
940 hPa


台風8号(スティーブ)[編集]

199308・14W

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 8月8日 – 8月12日
ピーク時の強さ 55 kt (10分間平均) 
980 hPa


台風9号(ターシャ)[編集]

199309・16W・ラビン

タイフーン (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 8月17日 – 8月22日
ピーク時の強さ 65 kt (10分間平均) 
970 hPa


台風10号(ケオニ)[編集]

199310・01C

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月19日 – 8月28日
ピーク時の強さ 90 kt (10分間平均) 
940 hPa

越境台風となった。

台風11号(ヴァーノン)[編集]

199311・17W

タイフーン (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月22日 – 8月28日
ピーク時の強さ 70 kt (10分間平均) 
965 hPa

8月22日に日本の遥か南海上で発生。勢力を強めながら北北西に進み、26日午後には鳥島の東海上で進路を北に変え,27日未明から伊豆諸島の東をゆっくりと北上し、同日に関東地方に最接近。その後は房総半島をかすめながら千葉県銚子市付近を通過し、北北東に進んで、27日夜に北海道釧路市付近に上陸した。

台風12号(ウィノナ)[編集]

199312・18W・サリン

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 8月23日 – 8月29日
ピーク時の強さ 40 kt (10分間平均) 
990 hPa


台風13号(ヤンシー)[編集]

199313・19W・テシン

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 8月30日 – 9月4日
ピーク時の強さ 95 kt (10分間平均) 
925 hPa

8月31日沖ノ鳥島近海で発生。西寄りに進みながら発達し、9月1日には進路を北寄りに変え、2日には中心気圧925hPa、最大風速50m/sの大型で非常に強い勢力となって北上を続けた。その後は沖縄久米島付近を通過し、最低海面気圧928.1 hPaが記録された。また久米島では、最大瞬間風速53.9m/s、最大風速36.5m/sを観測したが、その瞬間に風速計が破壊され、非公式にはさらに強い強風が観測されている。台風は勢力を維持しつつ九州に接近し、3日16時前に中心気圧930 hPa、最大風速50m/sという記録的な勢力で薩摩半島南部に上陸した。この勢力は、1959年に日本の台風史上最悪の被害を出した伊勢湾台風(929 hPa)に近く、1951年の統計開始以降では第2室戸台風、伊勢湾台風に次いで、上陸時の中心気圧が3番目に低い台風となっている。しかし上陸後は徐々に勢力が衰え、日本海で温帯低気圧になった。

台風14号(ゾラ)[編集]

199314・20W・アンシン

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
Counterclockwise vortex
発生期間 9月6日 – 9月9日
ピーク時の強さ 50 kt (10分間平均) 
985 hPa

9月7日に沖縄の南の海上で発生し、南西諸島の東海上を進んだ。9日に和歌山県南部に上陸し、長野県南部で温帯低気圧に変わり、日本の東海上へ進んだ[3]。この台風の影響で、死者・行方不明者4人、負傷者12人、全壊・流失1棟、半壊・一部破損161棟、床上浸水156棟、床下浸水1388棟の被害が確認されている[4]

台風15号(エイブ)[編集]

199315・21W・ワルディン

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月10日 – 9月14日
ピーク時の強さ 85 kt (10分間平均) 
945 hPa


台風16号(ベッキー)[編集]

199316・22W・イエン

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月15日 – 9月18日
ピーク時の強さ 55 kt (10分間平均) 
980 hPa


台風17号(セシル)[編集]

199317・24W

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月23日 – 9月28日
ピーク時の強さ 80 kt (10分間平均) 
950 hPa


台風18号(ドット)[編集]

199318・23W・アンディン

タイフーン (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月24日 – 9月27日
ピーク時の強さ 70 kt (10分間平均) 
965 hPa


台風19号(エド)[編集]

199319・25W・ディナン

タイフーン (JMA)
カテゴリー5 スーパー タイフーン (SSHWS)
発生期間 9月30日 – 10月8日
ピーク時の強さ 100 kt (10分間平均) 
915 hPa


台風20号(フロー)[編集]

199320・26W・カジャン

タイフーン (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月2日 – 10月8日
ピーク時の強さ 65 kt (10分間平均) 
970 hPa


台風21号(ジーン)[編集]

199321・27W・ガンダン

トロピカル・デプレッション (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 10月8日 – 10月9日
ピーク時の強さ 30 kt (10分間平均) 
998 hPa

気象庁は発達した熱帯低気圧としているが、米軍では台風扱いになっている。

台風22号(ハティ)[編集]

199322・29W

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 10月22日 – 10月25日
ピーク時の強さ 55 kt (10分間平均) 
980 hPa


台風23号(アイラ)[編集]

199323・30W・ハシン

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHWS)
発生期間 10月28日 – 11月4日
ピーク時の強さ 80 kt (10分間平均) 
950 hPa

フィリピンを襲った後、南シナ海を通過して香港に接近し、啓徳空港における中華航空605便オーバーラン事故の引き金にもなった。


台風24号(ジーナ)[編集]

199324・31W

トロピカル・ストーム (JMA)
トロピカル・ストーム (SSHWS)
発生期間 11月9日 – 11月12日
ピーク時の強さ 45 kt (10分間平均) 
992 hPa


台風25号(カイル)[編集]

199325・34W・ルリン

タイフーン (JMA)
カテゴリー2 タイフーン (SSHWS)
発生期間 11月19日 – 11月24日
ピーク時の強さ 70 kt (10分間平均) 
960 hPa


台風26号(ローラ)[編集]

199326・35W・モナン

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHWS)
発生期間 12月2日 – 12月9日
ピーク時の強さ 80 kt (10分間平均) 
955 hPa


台風27号(マニー)[編集]

199327・36W・ナニン 

タイフーン (JMA)
カテゴリー4 タイフーン (SSHWS)
発生期間 12月5日 – 12月14日
ピーク時の強さ 75 kt (10分間平均) 
955 hPa
南下した台風(南下幅順)
順位 名称 国際名 南下幅 (緯度)
1 平成15年台風第18号 Parma 2003年 8.9
2 平成29年台風第5号 Noru 2017年 8.2
3 平成5年台風第27号 Manny 1993年 7.5
平成16年台風第25号 Muifa 2004年
5 昭和61年台風第14号 Wayne 1986年 6.9
6 平成12年台風第15号 Bopha 2000年 6.7
7 平成3年台風第20号 Nat 1991年 6.6
8 平成8年台風第25号 Ernie 1996年 6.4
9 平成30年台風第12号 Jongdari 2018年 6.3
10 昭和39年台風第14号 Kathy 1964年 6.2
昭和52年台風第12号 Dinath 1977年
昭和59年台風第25号 Bill 1984年


台風28号(ネル)[編集]

199328・37W・プリン

シビア・トロピカル・ストーム (JMA)
カテゴリー1 タイフーン (SSHWS)
発生期間 12月25日 – 12月28日
ピーク時の強さ 60 kt (10分間平均) 
975 hPa
発生日時が(一年の中で)遅い台風
順位 名称 国際名 発生日時
1 平成12年台風第23号 Soulik 2000年12月30日 9時
2 平成26年台風第23号 Jangmi 2014年12月28日 21時
3 昭和27年台風第27号 Hester 1952年12月28日 9時
4 平成13年台風第26号 Vamei 2001年12月27日 9時
5 昭和50年台風第21号 1975年12月26日 21時
6 昭和41年台風第35号 Pamela 1966年12月26日 9時
平成7年台風第23号 Dan 1995年12月26日 9時
8 平成5年台風第28号 Nell 1993年12月25日 9時
平成24年台風第25号 Wukong 2012年12月25日9時
10 昭和29年台風第23号 1954年12月24日 15時


関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、1993年の台風に関するカテゴリがあります。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成30年台風第19号と類似した経路の過去の台風 - 水土砂防災研究部門”. web.archive.org (2019年6月7日). 2020年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 台風第5・6号 平成5年(1993年) 7月26日~7月30日”. www.data.jma.go.jp. 2020年4月11日閲覧。
  3. ^ 平成29年台風第21号と類似した経路の過去の台風 - 水土砂防災研究部門”. web.archive.org (2019年6月7日). 2020年5月1日閲覧。
  4. ^ 令和元年台風第20号と類似した経路の過去の台風 - 水土砂防災研究部門”. webcache.googleusercontent.com. 2020年5月1日閲覧。