1993年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1993年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ4位
63勝67敗2分 勝率.485
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場 阪神甲子園球場
Summer Koshien 2009 Final.jpg
球団組織
オーナー 久万俊二郎
経営母体 阪神電気鉄道
監督 中村勝広
« 1992
1994 »

1993年の阪神タイガース(1993ねんのはんしんタイガース)では、1993年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。

1993年の阪神タイガースは、中村勝広監督の4年目のシーズンである。

概要[編集]

 前年あと一歩のところで優勝を逃したチームは、打線強化のため先発ローテーションの一角・野田浩司を放出してまでオリックスから松永浩美を獲得、また前年のバルセロナオリンピック台湾代表のエース郭李建夫も入団したが、当時の外国人枠の都合で、トーマス・オマリージム・パチョレックとの併用に中村監督は頭を悩ませた。この問題についてマスコミは3人の姓の頭文字と当時の社会問題であった国際連合平和維持活動をかけて「(阪神)PKO問題」と報じた[注 1]。シーズンに入ると松永は開幕3試合目で故障するなど故障で度々戦列を離れ、パチョレックも腰痛に苦しみ二軍落ちを経験し、代わりに一軍に上がった郭李も後半戦最初の試合でヤクルト飯田哲也の打球が睾丸を直撃し負傷する不運に見舞われるなど、なかなか戦力が揃わなかった。打撃陣は前年打率2位のオマリーが3年目で念願の首位打者となるが、腰痛に苦しんだパチョレックはシーズン途中で引退を表明し退団した。前年の快進撃を支えた投手陣は、エース仲田幸司がわずか3勝に終わるなど各投手が軒並み成績を落とし、チーム防御率も前年の2点台から3点台後半に急落した。チームは5月までまずまずの戦いぶりを見せるものの6月に最下位に転落。夏場以降は横浜の10連敗、広島の12連敗に助けられて巨人とAクラス争いを演じ、9月終了時には3位につけていたのの10月に入るとに巨人に抜かれて、そこから一度も浮上することなく4位で終了。新天地オリックスで17勝を挙げ最多勝となった野田とは対照的に、80試合の出場に終わった松永はシーズン終了後にFA宣言してダイエーに移籍し、わずか1年でチームを去ってしまった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

オーダー変遷
開幕 5/1 6/1 7/1 8/1 9/1
1 和田豊 和田豊 和田豊 岡本圭治 和田豊 岡本圭治
2 久慈照嘉 岡本圭治 亀山努 嶋田章弘 嶋田章弘 和田豊
3 松永浩美 オマリー 松永浩美 和田豊 新庄剛志 松永浩美
4 オマリー パチョレック オマリー オマリー オマリー オマリー
5 パチョレック 八木裕[注 2] パチョレック 新庄剛志 パチョレック 八木裕
6 八木裕 金子誠一 新庄剛志 パチョレック 松永浩美 新庄剛志
7 岡田彰布 木戸克彦 久慈照嘉 久慈照嘉 久慈照嘉 木戸克彦
8 山田勝彦 久慈照嘉 木戸克彦 木戸克彦 木戸克彦 久慈照嘉
9 仲田幸司 猪俣隆 湯舟敏郎 湯舟敏郎 湯舟敏郎 湯舟敏郎

[2]

1993年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト --
2位 中日 1.5 巨人 1.5 巨人 3.5 巨人 3.5 中日 1.0 中日 2.0 中日 7.0
3位 巨人 3.5 広島 2.0 広島 広島 4.0 広島 8.0 阪神 12.0 巨人 16.0
4位 阪神 中日 横浜 4.0 中日 巨人 8.5 巨人 12.5 阪神 17.0
5位 ヤクルト 4.5 阪神 中日 4.0 阪神 5.0 阪神 9.0 横浜 17.5 横浜 23.0
6位 横浜 8.0 横浜 4.5 阪神 6.0 横浜 7.5 横浜 12.5 広島 19.0 広島 27.0
期間
成績
8勝8敗
勝率.500
11勝11敗
勝率.500
7勝12敗2分
勝率.368
10勝7敗
勝率.588
8勝11敗
勝率.421
10勝8敗
勝率.556
9勝10敗
勝率.474
1993年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 80 50 2 .615 -
2位 中日ドラゴンズ 73 57 2 .562 7.0
3位 読売ジャイアンツ 64 66 1 .492 16.0
4位 阪神タイガース 63 67 2 .485 17.0
5位 横浜ベイスターズ 57 73 0 .438 23.0
6位 広島東洋カープ 53 77 1 .408 27.0

1993 サンヨー オールスターゲーム[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出
回数
コーチ 中村勝広
投手 湯舟敏郎
一塁手 オマリー
二塁手 和田豊 3
外野手 パチョレック 2
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。
  • 亀山努もファン投票外野手部門で選出圏内の3位となる得票数だったが、「故障選手の規定により出場資格なし」となり、選出されていない。[3]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
投手
安達智次郎 12 神戸村野工業高 ドラフト1位
郭李建夫 20 俊国ベアーズ 新外国人
竹内昌也 26 NTT東北 ドラフト2位
米村和樹 55 熊本商科大学付属高 ドラフト3位
山本幸正 61 堀越高 ドラフト5位
捕手
塩谷和彦 62 神港学園 ドラフト6位
片山大樹 63 徳山商業高 ドラフト4位
内野手
松永浩美 2 オリックス 交換トレード
外野手
山下和輝 44 プリンスホテル ドラフト7位
豊原哲也 66 小倉東高 ドラフト8位

退団[編集]

選手名 背番号 退団区分 去就
投手
野田浩司 18 交換トレード オリックス
藤本修二 26 自由契約 西武
捕手
嶋田宗彦 27 引退・ブルペン捕手
内野手
高橋慶彦 2 引退・野球解説者
古屋英夫 12 引退・日本ハムコーチ
坂孝一 66 引退
外野手
金森永時 5 自由契約 ヤクルト
立花義家 55 自由契約 俊国ベアーズ

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの退団について記述する。

退団[編集]

選手名 背番号 退団区分 去就
内野手
パチョレック 42 引退


選手・スタッフ[編集]

試合結果[編集]

凡例
勝利試合 敗北試合 引き分け 中止
1993年 レギュラーシーズン

※121試合目・122試合目の10月10日の広島戦はダブルヘッダー

個人成績[編集]

投手成績[編集]

色付きは規定投球回数(132イニング)以上の選手

  • 太字はリーグ最高。
選手
































ゆふ/ 湯舟敏郎 23 4 1 12 6 0 .667 161 158 14 61 1 131 64 63 3.52
なかこ/ 中込伸 28 4 0 8 13 0 .381 199 175 19 62 2 153 86 82 3.71
いの/ 猪俣隆 27 3 0 11 12 0 .478 166.2 179 16 71 5 133 72 72 3.89
おお/ 太田貴 8 0 0 1 1 0 .500 15 14 0 6 3 10 12 12 7.20
かく/ 郭李建夫 27 0 0 5 4 2 .556 51.1 49 2 27 1 48 24 21 3.68
かさ/ 葛西稔 10 1 0 2 3 0 .400 43 43 4 12 4 19 21 19 3.98
くほ/ 久保康生 34 0 0 4 0 2 1.000 53 43 5 23 1 53 23 20 3.40
しま/ 嶋田哲也 13 0 0 1 3 0 .250 39 37 6 19 2 28 21 20 4.62
たき/ 多岐篤司 2 0 0 0 0 0 .000 5 2 0 2 0 1 0 0 0.00
たけ/ 竹内昌也 8 0 0 0 0 0 .000 11.1 15 2 8 0 10 6 6 4.76
たむ/ 田村勤 30 0 0 1 1 22 .500 36 38 4 10 1 39 11 10 2.50
なかたこ/ 仲田幸司 27 1 0 3 12 0 .200 85.1 98 15 59 3 61 68 62 6.54
なかたよ/ 中田良弘 13 0 0 0 0 0 .000 17 15 1 5 1 13 7 7 3.71
なかに/ 中西清起 33 0 0 3 3 11 .500 82 103 6 12 5 54 37 33 3.62
はつ/ 服部裕昭 4 0 0 0 0 0 .000 6 7 1 3 0 2 5 3 4.50
みこ/ 御子柴進 41 0 0 5 2 1 .714 63.2 63 7 19 0 37 25 23 3.25
やま/ 山崎一玄 14 0 0 2 2 1 .500 47.1 39 5 23 0 31 15 14 2.66
ゆみ/ 弓長起浩 54 0 0 5 3 0 .625 56.2 60 5 32 3 27 31 25 3.97
わた/ 渡辺伸彦 21 0 0 0 2 0 .000 33 34 2 12 3 31 14 14 3.82
合計 13 1 63 67 39 .485 1171.1 1172 114 466 35 881 542 506 3.88

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(409打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高。
選手







































おま/ オマリー 125 515 434 60 143 32 1 23 246 87 1 1 0 4 75 2 71 10 .329 .427
わた/ 和田豊 127 579 511 63 161 22 2 0 187 36 4 1 18 2 47 1 35 15 .315 .373
しん/ 新庄剛志 102 436 408 50 105 13 1 23 189 62 13 2 0 0 20 8 91 6 .257 .305
くし/ 久慈照嘉 128 488 401 49 98 9 4 1 118 16 6 3 31 3 53 0 76 10 .244 .330
あゆ/ 鮎川義文 68 150 126 10 21 6 0 0 27 13 0 1 1 0 23 0 41 3 .167 .295
おか/ 岡本圭治 98 180 156 24 32 2 2 2 44 9 2 5 7 2 14 1 33 0 .205 .272
おか/ 岡田彰布 42 62 53 2 9 1 0 1 13 7 0 0 0 0 9 0 24 0 .170 .170
かね/ 金子誠一 101 156 145 17 35 5 1 5 57 16 2 4 1 0 10 0 36 1 .241 .290
かめ/ 亀山努 44 142 126 14 31 5 2 1 43 10 2 2 2 0 14 0 32 4 .246 .321
きと/ 木戸克彦 49 125 112 8 25 8 0 1 36 6 1 0 3 0 10 0 25 5 .223 .287
しまたあ/ 嶋田章弘 59 180 158 15 39 4 4 0 51 13 3 2 7 1 14 0 32 3 .247 .306
せき/ 関川浩一 89 262 233 22 65 4 1 1 74 19 2 5 2 0 26 1 61 3 .279 .354
なかの/ 中野佐資 5 3 3 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333
はき/ 萩原誠 15 20 17 2 5 1 0 0 6 1 0 0 0 0 3 0 5 0 .294 .400
はち/ パチョレック 74 297 263 24 64 12 1 7 99 36 1 1 0 2 32 0 45 13 .243 .323
ひや/ 桧山進次郎 33 73 68 8 11 4 0 2 21 6 0 0 0 0 5 0 26 1 .162 .219
ひら/ 平田勝男 29 29 28 1 6 1 0 0 7 3 1 0 0 1 0 0 3 0 .214 .207
ほし/ 星野修 16 24 21 4 5 1 0 0 6 0 0 1 0 0 3 0 4 0 .238 .333
まつ/ 松永浩美 80 340 303 51 89 16 0 8 129 31 3 2 0 4 31 1 70 5 .294 .357
まゆ/ 真弓明信 63 70 63 2 14 1 0 2 21 10 0 0 0 1 5 1 19 2 .222 .286
みき/ 右田雅彦 3 6 6 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167
みや/ 宮内直二 2 1 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .1000 .1000
やき/ 八木裕 103 357 315 30 74 18 3 9 125 47 3 5 4 7 29 2 64 6 .235 .297
やまく/ 山口重幸 5 6 5 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 3 0 .200 .333
やまた/ 山田勝彦 63 115 108 7 19 3 0 0 22 2 0 0 4 0 2 1 31 1 .167 .198
やまわ/ 山脇光治 24 36 33 3 8 1 0 0 9 3 0 2 3 0 0 0 7 2 .242 .242
いの/ 猪俣隆 29 60 55 3 8 1 0 0 9 3 0 0 5 0 0 0 27 0 .145 .145
おお/ 太田貴 8 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000
かく/ 郭李建夫 27 14 13 0 3 0 0 0 3 0 0 0 1 0 0 0 8 0 .231 .231
かさ/ 葛西稔 15 13 11 1 2 1 0 0 3 1 0 0 2 0 0 0 6 0 .182 .182
くほ/ 久保康生 34 7 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 2 0 .000 .000
しまたて/ 嶋田哲也 15 10 8 0 2 1 0 0 3 1 0 0 2 0 0 0 3 0 .250 .250
たむ/ 田村勤 30 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000
なかこ/ 中込伸 30 72 58 2 10 1 0 0 11 3 0 0 10 0 4 0 16 1 .172 .226
なかたこ/ 仲田幸司 27 23 22 0 3 1 0 0 4 0 0 0 1 0 0 0 4 0 .136 .136
なかに/ 中西清起 33 25 24 1 5 1 0 0 6 2 0 0 1 0 0 0 8 1 .208 .208
みこ/ 御子柴進 41 10 7 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3 0 .000 .000
やまさ/ 山崎一玄 15 14 10 1 4 0 0 0 4 0 0 0 3 0 1 0 1 0 .400 .455
ゆふ/ 湯舟敏郎 27 62 47 2 4 0 0 0 4 4 0 0 8 0 7 0 23 1 .85 .204
ゆみ/ 弓長起浩 54 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000
わた/ 渡辺伸彦 21 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500
合計 4974 4368 478 1105 176 22 86 1583 448 44 37 122 27 438 18 940 93 .253 .322

表彰[編集]

達成記録・出来事[編集]

ドラフト指名選手[編集]

  • 網掛けの選手は逆指名による入団
順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 藪恵一 投手 朝日生命 入団
2位 平尾博司 内野手 大宮東高 入団
3位 高波文一 外野手 熊本工業高 入団
4位 中里鉄也 内野手 葛生高 入団
5位 井上貴朗 投手 佐倉高 入団

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 後にオマリーが一軍へ定着し、パチョレック (P) と郭李 (K) の争いとなった際には「PK合戦」と報じた。[1]
  2. ^ 偵察メンバーの葛西稔と交代。

出典[編集]

  1. ^ 「PKO問題」から「PK合戦」になり、最後は郭李建夫の不戦勝?【1993年8月28日】”. ニコニコニュース (2017年8月28日). 2017年8月28日閲覧。
  2. ^ 『1994 ベースボール・レコード・ブック』ベースボール・マガジン社、1993年。ISBN 4-583-03093-2。
  3. ^ ベースボール・レコード・ブック1994』(ベースボール・マガジン社 1993年12月)820p
  4. ^ 【8月22日】1993年(平5) 阪神在籍1年 巧打者松永浩美が残した世界初の記録スポーツニッポン200年8月5日配信