1993年東京都議会議員選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1993年東京都議会議員選挙(1993ねんとうきょうととぎかいぎいんせんきょ)は、東京都議会である東京都議会を構成する東京都議会議員を全面改選するため1993年6月27日に投開票が行われた選挙である。

概要[編集]

東京都議会議員選挙は、1965年の東京都議会自主解散で時期がずれたため、統一地方選挙で行われない3つの都道府県議会選挙の1つである(他の2つは茨城県と沖縄県の議員選挙)。

政治改革法案の扱いをめぐって、政府・自民党内が紛糾し衆議院解散総選挙が必至の情勢下で行われた選挙となったため、各政党とも国政選挙並みに力を入れた選挙となった。

  • 東京都知事鈴木俊一
  • 東京都議会定数:128名
  • 立候補者:258名

選挙結果[編集]

  • 投票日:1993年6月27日
  • 投票率:51.43%
党派 得票数 得票率 当選
者数
うち
女性
当選者内訳 改選前 ±
自由民主党 1,443,733 31.10 44 0 32 2 0 10 42 +2
公明党 603,121 12.99 25 0 21 1 0 3 26 -1
日本新党 561,746 12.10 20[1] 1 1 1 1 17 2 +15
日本社会党 603,121 12.99 14[2] 4 14 0 0 0 35 -21
日本共産党 626,870 13.51 13 3 6 1 0 6 13 ±0
民社党 69,903 1.51 2[3] 0 2 0 0 0 4 -2[4]
新生党 15,076 0.32 0 0 0 0 0 0 1 -1
生活者ネット 76,784 1.65 3 3 1 0 0 0 1 +2
諸派 68,774 1.48 0 0 0 0 0 0 0 ±0
無所属 436,590 9.41 7 0 2 0 0 5 2 ±5
合計 4,641,627 128 11 79 5 1 43 126[5]
出典:朝日新聞1993年6月28日付1面「党派別当選者」と21面「都議選 党派別選挙区別得票数」(縮刷版1993年6月号の1249、1269頁)。

総選挙の前哨戦となった都議会議員選挙は、日本新党が公認候補だけで20議席を獲得して第3党に躍り出たのに対し、前回大勝した社会党が各地で議席を失って惨敗し、第4党に転落した。また自民党は2議席の微増に留まり、党勢を回復するまでには至らなかった。共産党は前回と同じ13議席を維持、民社党も推薦候補を含めて現有4議席を維持した。生活クラブ生協を主体とする「東京・生活者ネットワーク」は候補者3名全員が当選した。

脚注[編集]

  1. ^ 推薦候補は7名が当選し、それも含めた数字は27議席。
  2. ^ 推薦候補は4名が当選、それも含めた数字は18議席。
  3. ^ 推薦候補は2名当選、それも含めた数字は4議席。
  4. ^ 推薦候補で当選した当選者も含めた場合は現状維持。
  5. ^ 欠員2名あり

参考文献[編集]

  • 朝日新聞社『「朝日新聞」縮刷版 1993年6月号』

関連項目[編集]