1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1994年オールスターゲーム7月19日及び7月20日に開催されたプロ野球オールスターゲーム(球宴)である。正式名称は1994 サンヨー オールスター ゲーム1994 SANYO ALL STAR GAME

1994年のオールスター
Previous: 1993 Next: 1995

試合概要[編集]

前年、日本一になったヤクルトスワローズ野村克也監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パ・リーグ制覇した西武ライオンズ森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いた1994年のオールスターゲームは松井秀喜イチローを始めとして新庄剛志伊良部秀輝、藪恵市(現・藪恵壹)、高津臣吾らのちにメジャーリーグでも活躍する若い選手が相次いで登場した。

第1戦、野村監督は当時公式戦4番出場したことのない巨人松井秀喜を全セの4番で起用した。当時、松井は20歳1ヶ月で両軍通じて史上最年少の4番であった。試合を終始リードしたのはダイエーの打撃陣で4安打の秋山幸二を筆頭に松永浩美吉永幸一郎が3安打、ブライアン・トラックスラーが2安打と続き、計8点を挙げた全パがまず1勝をもぎ取った。続く第2戦は39歳の大ベテラン佐藤義則が全パの先発として3回1失点に抑える活躍を見せた。

この年まで6人制だった審判が翌年より4人制になった(のちに6人制に戻される)。

選出選手[編集]

セントラル・リーグ[1] パシフィック・リーグ[1]
監督 野村克也 ヤクルト 監督 森祇晶 西武
コーチ 高木守道 中日 コーチ 大沢啓二 日本ハム
長嶋茂雄 巨人 仰木彬 オリックス
投手 藪恵壹 阪神 投手 伊良部秀輝 ロッテ
岡林洋一 ヤクルト 3 新谷博 西武
高津臣吾 ヤクルト 杉山賢人 西武
今中慎二 中日 3 西崎幸広 日本ハム 6
山本昌広 中日 4 佐藤義則 オリックス 7
斎藤雅樹 巨人 4 野茂英雄 近鉄 5
槙原寛己 巨人 5 山崎慎太郎 近鉄
桑田真澄 巨人 7 赤堀元之 近鉄 3
斎藤隆 横浜 吉田豊彦 ダイエー 3
紀藤真琴 広島 下柳剛 ダイエー
捕手 古田敦也 ヤクルト 5 捕手 伊東勤 西武 11
村田真一 巨人 田村藤夫 日本ハム 9
西山秀二 広島 吉永幸一郎 ダイエー 3
一塁手 オマリー 阪神 2 一塁手 清原和博 西武 9
二塁手 和田豊 阪神 4 二塁手 辻発彦 西武 8
三塁手 八木裕 阪神 2 三塁手 石毛宏典 西武 14
遊撃手 池山隆寛 ヤクルト 7 遊撃手 広瀬哲朗 日本ハム 2
内野手 立浪和義 中日 3 内野手 田辺徳雄 西武 2
大豊泰昭 中日 2 小川博文 オリックス 3
野村謙二郎 広島 4 石井浩郎 近鉄 3
広沢克己 ヤクルト 8 初芝清 ロッテ
松永浩美 ダイエー 10
トラックスラー ダイエー
外野手 新庄剛志 阪神 外野手 秋山幸二 ダイエー 10
松井秀喜 巨人 イチロー オリックス
亀山努 阪神 2 佐々木誠 西武 5
彦野利勝 中日 3 田中幸雄 日本ハム 5
パウエル 中日 高橋智 オリックス 3
畠山準 横浜 2 鈴木貴久 近鉄 3
ブラッグス 横浜
前田智徳 広島 2
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。

試合結果[編集]

試合 試合日 球場 開始時刻 勝利 スコア 敗戦 MVP 入場者数
第1戦 7月19日(火) 西武 19時16分 パシフィック 8 - 1 セントラル 秋山幸二 24999人
第2戦 7月20日(水) ナゴヤ 18時46分 セントラル 7 - 3 パシフィック G.ブラッグス 26411人

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全セ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 5 1
全パ 3 0 0 1 2 1 0 1 X 8 14 1
  1. セ : ●斎藤雅()、)、桑田(巨)、岡林)、高津(ヤ)-村田(巨)、古田(ヤ)
  2. パ : ○伊良部()、吉田豊)、野茂)、新谷西)、赤堀(近)-吉永(ダ)、伊東(西)
  3. : 伊良部(1勝)  : 斎藤雅(1敗)  
  4. :  パ – 佐々木(西)1号(2ラン・斎藤雅)、秋山(ダ)1号(ソロ・藪)、小川)1号(ソロ・高津)
  5. 審判:球審…友寄(セ)、塁審…柿木園(パ)・久保田(セ)・新屋(パ)、外審…井野(セ)・村越(パ)
  6. 試合時間:2時間35分

オーダー[編集]

セントラル
打順守備選手
1[二]和田豊
2[遊]野村謙二郎
3[指]オマリー
4[右]松井秀喜
5[左]ブラッグス
6[一]大豊泰昭
7[三]池山隆寛
8[中]畠山準
9[捕]村田真一
[投]斎藤雅樹
パシフィック
打順守備選手
1[左]イチロー
2[三]松永浩美
3[右]佐々木誠
4[一]清原和博
5[指]トラックスラー
6[中]秋山幸二
7[捕]吉永幸一郎
8[遊]広瀬哲朗
9[二]辻発彦
[投]伊良部秀輝


この試合がドーム化前の西武球場での最後のオールスターゲームとなった。

第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 1 1 0 0 0 0 1 0 3 8 0
全セ 0 0 1 0 0 6 0 0 X 7 13 1
  1. パ : 佐藤(オ)、下柳(ダ)、●西崎()、杉山(西)、山崎(近)、赤堀-田村(日)、吉永、伊東
  2. セ : 山本昌)、紀藤)、○斎藤隆()、槙原(巨)、今中(中)-古田、村田、西山(広)
  3. : 斎藤隆(1勝)  : 西崎(1敗)  
  4. :  セ – 彦野(中)1号(ソロ・佐藤)
  5. 審判:球審…(パ)、塁審…井野(セ)・村越(パ)・小林毅(セ)、外審…柿木園(パ)・友寄(セ)
  6. 試合時間:2時間51分

オーダー[編集]

パシフィック
打順守備選手
1[左]イチロー
2[二]小川博文
3[右]田中幸雄
4[一]清原和博
5[指]石井浩郎
6[中]秋山幸二
7[三]石毛宏典
8[捕]田村藤夫
9[遊]田辺徳雄
[投]佐藤義則
セントラル
打順守備選手
1[中]彦野利勝
2[遊]野村謙二郎
3[左]パウエル
4[右]松井秀喜
5[指]オマリー
6[一]大豊泰昭
7[三]広沢克己
8[捕]古田敦也
9[二]立浪和義
[投]山本昌広


この試合がナゴヤ球場での最後のオールスターゲームとなった。また、パ・リーグの先発はオリックス佐藤だったが、オリックスの投手がオールスターゲームで先発したのはこの第2戦が最後となっている。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

ラジオ中継[編集]

その他[編集]

第1戦の試合開始を前にして野球殿堂の表彰式があり、世界のホームラン王・王貞治らが表彰された。王は翌年からホークスの指揮を執ることになる(なお、オールスターに戻ってくるのは2000年になってから)。なお、上記のセレモニーや種々のオープニングアトラクションの演出はテレビ中継したテレビ朝日によるものだが、あまりに時間が掛かってしまい試合開始予定時刻18:30から46分遅れで第1戦が始まった。この遅延について日刊スポーツ野崎靖博がテレビ局主導のイベントに苦言を呈している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.215

関連項目[編集]