1994年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1994年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ2位
69勝61敗 勝率.531[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 加藤巳一郎
経営母体 中日新聞社
監督 高木守道
 < 1993 1995 > 

1994年の中日ドラゴンズ(1994ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1994年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、高木守道監督の3年目のシーズンである。

 チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[2]
1 立浪和義
2 種田仁
3 ジェームズ
4 パウエル
5 大豊泰昭
6 仁村徹
7 彦野利勝
8 中村武志
9 今中慎二
1994年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 中日 1.5 中日 3.5 中日 9.5 中日 8.0 広島 4.0 中日 中日 1.0
3位 ヤクルト 3.5 横浜 4.5 ヤクルト 阪神 9.0 中日 6.5 広島 2.5 広島 4.0
4位 横浜 4.0 ヤクルト 5.5 横浜 11.5 ヤクルト 10.0 阪神 8.0 横浜 5.5 阪神 8.0
5位 広島 5.5 阪神 7.0 阪神 14.0 広島 11.0 ヤクルト 9.0 阪神 6.0 ヤクルト
6位 阪神 6.5 広島 9.5 広島 15.5 横浜 13.0 横浜 11.5 ヤクルト 7.0 横浜 9.0
1994年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 70 60 0 .538 -
2位 中日ドラゴンズ 69 61 0 .531 1.0
3位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 4.0
4位 ヤクルトスワローズ 62 68 0 .477 8.0
阪神タイガース 62 68 0 .477 8.0
6位 横浜ベイスターズ 61 69 0 .469 9.0

オールスターゲーム1994[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 高木守道
投手 今中慎二 3
山本昌広 4
内野手 立浪和義 3
大豊泰昭 2
外野手 彦野利勝 3
パウエル

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
パウエル 首位打者 .324 初受賞
大豊泰昭 本塁打王 38本 初受賞
打点王 107打点 初受賞
郭源治 最優秀防御率 2.45 初受賞
山本昌広 最多勝利 19勝 2年連続2度目
沢村賞 初受賞
その他
選手名 タイトル
彦野利勝 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
山本昌広 投手 初受賞
大豊泰昭 一塁手 初受賞
パウエル 外野手 2年連続2度目
ゴールデングラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

網掛けの選手は逆指名による入団

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 金森隆浩 投手 立命館大学 入団
2位 山田洋 投手 日本通運名古屋 入団
3位 山田広二 内野手 トヨタ自動車 入団
4位 原田政彦 内野手 東海理化 入団
5位 三輪敬司 捕手 愛知工業大学名電高 入団
6位 大西崇之 外野手 ヤオハンジャパン 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1994年 セントラル・リーグ”. 2015年11月20日閲覧。
  2. ^ a b 『1995 ベースボール・レコード・ブック』 ベースボール・マガジン社1994年。ISBN 4-583-03171-8。