1994年の横浜ベイスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1994年の横浜ベイスターズ
成績
セントラル・リーグ6位
61勝69敗 勝率.469[1]
本拠地
都市 神奈川県横浜市
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 中部慶次郎
経営母体 マルハ
監督 近藤昭仁
« 1993
1995 »

1994年の横浜ベイスターズ(1994ねんのよこはまベイスターズ)では、1994年の横浜ベイスターズにおける動向をまとめる。

この年の横浜ベイスターズは、近藤昭仁監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

横浜ベイスターズとなって2年、今年にかける近藤監督は巨人ヘッドコーチ時代にともに戦った駒田徳広をフリーエージェントで獲得し、駒田の獲得資金捻出のため屋鋪要高木豊山崎賢一らの主力選手を解雇。横浜ベイスターズ2年目は波留敏夫佐伯貴弘などの若手をスタメンに入れるなど、戦力を一新して開幕に臨んだ。しかし、中日との開幕2連戦に連勝するもその後が続かず4月を9勝10敗で終了。5月はケガから復帰のグレン・ブラッグスロバート・ローズといった外国人選手の活躍で12勝10敗と勝ち越して借金を返済するが、巨人が独走状態に突入した6月に9勝13敗と負け越すと、広島に代わって7月以降最下位に転落。終盤に入って12勝6敗と勝ち越してあともう少しで勝率5割が目前に見えたものの、最後は4連敗を喫して閉幕。前年の.438から.469へと勝率が伸びたにもかかわらず順位を1つ落とし、近藤監督の2年目は最下位で終えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

オーダー変遷
開幕 5/1 6/1 7/1 8/2 9/3
1 高橋雅裕 高橋眞裕 進藤達哉 高橋雅裕[注 1] 石井琢朗 波留敏夫
2 石井琢朗 石井琢朗 石井琢朗 石井琢朗 永池恭男 石井琢朗
3 駒田徳広 駒田徳広 ローズ 駒田徳広 ローズ ローズ
4 ブラッグス ブラッグス ブラッグス ローズ ブラッグス ブラッグス
5 ローズ ローズ 畠山準 畠山準 畠山準 駒田徳広
6 畠山準 畠山準 駒田徳広 佐伯貴弘 駒田徳広 畠山準
7 進藤達哉 進藤達哉 佐伯貴弘 進藤達哉 佐伯貴弘 佐伯貴弘[注 2]
8 谷繁元信 谷繁元信 谷繁元信 谷繁元信 谷繁元信 谷繁元信
9 有働克也 森山良二 有働克也 五十嵐英樹 有働克也 有働克也

[2]

1994年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 中日 1.5 中日 3.5 中日 9.5 中日 8.0 広島 4.0 中日 中日 1.0
3位 ヤクルト 3.5 横浜 4.5 ヤクルト 阪神 9.0 中日 6.5 広島 2.5 広島 4.0
4位 横浜 4.0 ヤクルト 5.5 横浜 11.5 ヤクルト 10.0 阪神 8.0 横浜 5.5 阪神 8.0
5位 広島 5.5 阪神 7.0 阪神 14.0 広島 11.0 ヤクルト 9.0 阪神 6.0 ヤクルト
6位 阪神 6.5 広島 9.5 広島 15.5 横浜 13.0 横浜 11.5 ヤクルト 7.0 横浜 9.0
期間
成績
9勝10敗
勝率.474
12勝10敗
勝率.545
9勝13敗
勝率.409
7勝13敗
勝率.350
12勝13敗
勝率.480
12勝6敗
勝率.667
0勝4敗
勝率.000
1994年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 70 60 0 .538 -
2位 中日ドラゴンズ 69 61 0 .531 1.0
3位 広島東洋カープ 66 64 0 .508 4.0
4位 ヤクルトスワローズ 62 68 0 .477 8.0
阪神タイガース 62 68 0 .477 8.0
6位 横浜ベイスターズ 61 69 0 .469 9.0

オールスターゲーム1994[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 斎藤隆
外野手 畠山準 2
ブラッグス

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
ブラッグス 外野手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
駒田徳広 一塁手 2年連続5度目
石井琢朗 三塁手 2年連続2度目

ドラフト[編集]

網掛けの選手は逆指名による入団

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 紀田彰一 内野手 横浜高 入団
2位 米正秀 投手 神戸製鋼 入団
3位 福盛和男 投手 都城高 入団
4位 多村仁 外野手 横浜高 入団
5位 相川亮二 捕手 東京学館高 入団
6位 加藤謙如 外野手 駒澤大学附属苫小牧高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 偵察メンバーの加藤将斗と交代。
  2. ^ 偵察メンバーの小桧山雅仁と交代。

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1994年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年11月20日閲覧。
  2. ^ a b 『1995 ベースボール・レコード・ブック』ベースボール・マガジン社、1994年。ISBN 4-583-03171-8。
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。