1996年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1996年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ6位
54勝76敗 勝率.415
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Summer Koshien 2009 Final.jpg
球団組織
オーナー 久万俊二郎
経営母体 阪神電気鉄道
監督 藤田平柴田猛(代行)
« 1995
1997 »

1996年の阪神タイガース(1996ねんのはんしんタイガース)では、1996年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。

1996年の阪神タイガースは、藤田平監督の2年目のシーズンである。シーズン終盤に藤田平監督が休養し、柴田猛が監督代行を務めた。

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
選手名 年数 年齡
1 新庄剛志 7年目 24歳
2 久慈照嘉 5年目 26歳
3 桧山進次郎 5年目 26歳
4 石嶺和彦 18年目 35歳
5 平塚克洋 7年目 30歳
6 クールボー 2年目 29歳
7 和田豊 12年目 33歳
8 関川浩一 6年目 27歳
9 藪恵壹 3年目 27歳

※年数はNPB所属通算年数、年齡は開幕時

1996年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 横浜 -- 中日 -- 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 中日 2.0 広島 0.0 中日 5.5 中日 4.0 広島 1.0 広島 2.5 中日 5.0
3位 広島 5.0 巨人 3.0 ヤクルト 7.5 巨人 5.0 中日 4.5 中日 3.5 広島 6.0
4位 ヤクルト ヤクルト 4.5 巨人 11.0 ヤクルト 5.5 ヤクルト 9.5 ヤクルト 12.5 ヤクルト 16.0
5位 巨人 7.0 横浜 5.0 横浜 12.0 横浜 12.0 横浜 15.5 阪神 20.5 横浜 22.0
6位 阪神 8.0 阪神 11.5 阪神 18.0 阪神 15.5 阪神 17.5 横浜 21.0 阪神 23.0
1996年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 77 53 0 .592 -
2位 中日ドラゴンズ 72 58 0 .554 5.0
3位 広島東洋カープ 71 59 0 .546 6.0
4位 ヤクルトスワローズ 61 69 0 .469 16.0
5位 横浜ベイスターズ 55 75 0 .423 22.0
6位 阪神タイガース 54 76 0 .415 23.0

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(130イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/[[]]

打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(403打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/[[]]

1996 サンヨー オールスターゲーム[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出
回数
投手 藪恵壹 3
内野手 和田豊 6
久慈照嘉 3
  • この年の阪神は監督推薦のよる選出のみであった。

できごと[編集]

8月[編集]

10月[編集]

  • 10月9日 - 中日戦で1イニング2本の満塁ホームラン。1イニング2本の満塁ホームランは史上初。

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
新庄剛志 外野手 2年ぶり3度目

ドラフト[編集]

  • 退団年は阪神を選手として最初に退団した年、NPB最終年はNPBに選手として所属した最終年を示す
順位 選手名 ポジション 所属 退団年 NPB
最終年
NPB通算成績
1位 今岡誠 内野手 東洋大学 2009 2012 1309試合1284安打112本塁打594打点 打率.279
2位 関本健太郎 内野手 天理高 2015 2015 1272試合807安打48本塁打312打点 打率.278
3位 濱中治 外野手 南部高 2007 2011 744試合580安打85本塁打311打点 打率.268
4位 星山忠弘 投手 日本文理大学 2000 2000 3登板0先発0勝0敗 防御率11.57

出典[編集]

[ヘルプ]