第5回ジャパンフットボールリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャパンフットボールリーグ > 第5回ジャパンフットボールリーグ
第5回ジャパンフットボールリーグ
シーズン 1996
優勝 本田技研工業
昇格 ヴィッセル神戸
降格 コスモ石油四日市FC (廃部)
鳥栖フューチャーズ (解散)
試合数 240
得点王 ロペス (36得点)
1995
1997

第5回ジャパンフットボールリーグは、1996年度に開催されたジャパンフットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。本田技研工業が優勝した。

概要[編集]

今シーズンからコンサドーレ札幌ブランメル仙台(現在のベガルタ仙台)が準会員として承認された。なお準会員に参加が認められていたJリーグカップに関してはリーグ戦の過密スケジュールもあって調整が付かず参加を取り止めている。

優勝は本田技研工業サッカー部Jリーグ昇格はヴィッセル神戸であった。

なお、シーズン後に準会員の鳥栖フューチャーズ(鳥栖F)が親会社のPJMジャパンが撤退した事を受け運営会社の解散を余儀なくされ、準会員資格も取り消され、後に鳥栖Fも解散した(以降の経緯は鳥栖フューチャーズを参照のこと)。

大会概要[編集]

  • 16チームで2回戦のリーグ戦で行われた。

参加クラブ[編集]

第5回JFLの参加クラブは以下の通りである。このうち大分FCおよびデンソーサッカー部が地域リーグからの昇格クラブである。 2クラブが組織変更し、東芝サッカー部はコンサドーレ札幌に、NEC山形サッカー部はモンテディオ山形になった。また、コスモ石油サッカー部はコスモ石油四日市FCに、富士通サッカー部は富士通川崎フットボールクラブに、名称変更した。大分FCは愛称として「大分トリニティ」を用いた。

年間順位[編集]

順位 クラブ 勝点 勝利 PK敗 敗戦 得点 失点 得失差
1位 本田技研 75 25 0 5 83 35 +48
2位 ヴィッセル神戸 75 25 0 5 78 32 +46
3位 東京ガス 73 24 1 5 63 28 +35
4位 鳥栖フューチャーズ 62 20 2 8 68 43 +25
5位 コンサドーレ札幌 62 20 2 8 60 43 +17
6位 ブランメル仙台 56 18 2 10 67 52 +15
7位 大塚FCヴォルティス徳島 55 18 1 11 56 41 +15
8位 モンテディオ山形 49 16 1 13 45 49 -4
9位 富士通川崎 45 15 0 15 48 45 +3
10位 大分FC 39 13 0 17 42 52 -10
11位 ヴァンフォーレ甲府 33 11 0 19 50 56 -6
12位 コスモ四日市 33 11 0 19 31 59 -28
13位 NTT関東 23 7 2 21 36 55 -19
14位 福島FC 22 7 1 22 30 63 -33
15位 デンソー 16 5 1 24 40 90 -50
16位 西濃運輸 15 5 0 25 28 82 -54
Jリーグ昇格
廃部・解散

来期の変動[編集]

  • コスモ四日市FCが廃部。
  • 鳥栖Fが解散。

表彰[編集]

選手名 所属クラブ 備考
得点王 ロペス 本田技研 36得点
新人王 新條宏喜 東京ガス
ベストGK賞 石末龍治 ヴィッセル神戸
最優秀監督賞 バクスター

ベスト11[編集]

ポジション 選手名 所属クラブ
GK 石末龍治 ヴィッセル神戸
DF ペレイラ コンサドーレ札幌
長澤徹 本田技研
新條宏喜 東京ガス
浮氣哲郎
MF 和田昌裕 ヴィッセル神戸
ビッケル
内藤潤
大仲貴義 本田技研
FW ロペス
永島昭浩 ヴィッセル神戸

関連項目[編集]