1997年のヤクルトスワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1997年のヤクルトスワローズ
成績
日本一
4勝1敗(対西武[1]
セントラル・リーグ優勝
83勝52敗2分 勝率.615[2]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 桑原潤
経営母体 ヤクルト本社
監督 野村克也
« 1996
1998 »

1997年のヤクルトスワローズ(1997ねんのヤクルトスワローズ)では、1997年のヤクルトスワローズにおける動向をまとめる。

この年のヤクルトスワローズは、野村克也監督の8年目のシーズンであり、2年ぶり5度目のリーグ優勝と2年ぶり4度目の日本シリーズ制覇を果たしたシーズンである(いずれも1995年以来)。

概要[編集]

前年4位で終了したこともあり野村監督は「今年はもう一度覇権を取る」と意気込んでシーズンに臨んだが、広島から移籍入団した小早川毅彦以外めぼしい戦力はなく「優勝はおろかAクラス入りは無理」と不安視する声が上がり、またベテランの小早川に至っては新天地での活躍を不安視された。迎えた巨人との開幕戦で小早川が4年連続開幕戦完封勝利を狙った斎藤雅樹をKOして開幕カードを2勝1敗で勝ち越すとそれ以降は首位を独走し、新外国人ドゥエイン・ホージーをはじめ古田敦也池山隆寛が打ちまくって巨人・広島・中日といった前年Aクラス球団などを寄せ付けず前半戦を終了。後半戦も勝ち進むかと思われたが、前年5位からの逆襲を図る横浜が前半戦の借金を返済して一気に優勝戦線に参入し、9月初めの天王山を迎える。9月2日の横浜戦で石井一久ノーヒットノーランを記録すると意気消沈の横浜とのゲーム差を広げ、最終的に9月28日の阪神戦に16対1で勝ち2年ぶりにリーグ優勝を決めた。日本シリーズは4年ぶりに西武との対決となり下馬評では「若さの西武が有利」と予想されたが、川崎憲次郎や石井、テリー・ブロスなど投手陣が松井稼頭央大友進など西武の足を徹底的に封じて4勝1敗で破り、日本一を奪回した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
選手名 年数 年齡
1 飯田哲也 11年目 28歳
2 辻発彦 14年目 38歳
3 稲葉篤紀 3年目 24歳
4 池山隆寛 14年目 31歳
5 小早川毅彦 14年目 35歳
6 古田敦也 8年目 31歳
7 ホージー 1年目 30歳
8 宮本慎也 3年目 26歳
9 ブロス 3年目 31歳

※年数はNPB所属通算年数、年齡は開幕時

1997年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト --
2位 広島 2.0 広島 3.0 広島 8.0 広島 9.5 横浜 3.5 横浜 11.0
3位 阪神 3.5 中日 4.5 阪神 10.5 横浜 10.0 広島 8.0 広島 17.0
4位 中日 4.5 阪神 5.0 中日 12.5 中日 12.0 阪神 15.5 巨人 20.0
5位 巨人 横浜 6.0 横浜 14.0 阪神 12.0 中日 17.5 阪神 21.0
6位 横浜 6.5 巨人 8.5 巨人 15.0 巨人 16.5 巨人 18.5 中日 24.0
1997年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 83 52 2 .615 -
2位 横浜ベイスターズ 72 63 0 .533 11.0
3位 広島東洋カープ 66 69 0 .489 17.0
4位 読売ジャイアンツ 63 72 0 .467 20.0
5位 阪神タイガース 62 73 1 .459 21.0
6位 中日ドラゴンズ 59 76 1 .437 24.0

日本シリーズ[編集]

1997年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月18日(土) 第1戦 ヤクルトスワローズ 1-0 西武ライオンズ 西武ライオンズ球場
10月19日(日) 第2戦 ヤクルトスワローズ 5-6 西武ライオンズ
10月20日(月) 移動日
10月21日(火) 第3戦 西武ライオンズ 3-5 ヤクルトスワローズ 明治神宮野球場
10月22日(水) 第4戦 西武ライオンズ 1-7 ヤクルトスワローズ
10月23日(木) 第5戦 西武ライオンズ 0-3 ヤクルトスワローズ
優勝:ヤクルトスワローズ(2年ぶり4回目)

オールスターゲーム1997[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 吉井理人 4
田畑一也 2
捕手 古田敦也 8
外野手 ホージー
稲葉篤紀
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
古田敦也 最優秀選手 4年ぶり2度目
ホージー 本塁打王 38本 初受賞
その他
選手名 タイトル
伊藤智仁 カムバック賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
古田敦也 捕手 2年ぶり5度目
ホージー 外野手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
古田敦也 捕手 2年ぶり6度目
宮本慎也 遊撃手 初受賞
飯田哲也 外野手 7年連続7度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 三上真司 投手 敦賀気比高 入団
2位 五十嵐亮太 投手 敬愛学園高 入団
3位 大脇浩二 内野手 北照高 入団
4位 大山貴広 内野手 大洲高 入団
5位 高橋郁雄 外野手 一光 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1997年度日本シリーズ”. 日本野球機構. 2015年10月17日閲覧。
  2. ^ 年度別成績 1997年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年10月17日閲覧。
  3. ^ ベースボールマガジン 1998年夏季号