1997年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1997年の相撲(1997ねんのすもう)は、1997年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、横審新委員長に坂本朝一
  • 5月、5月場所2日目に平成元年11月場所から続いていた満員御礼が666日でストップ。20日、朝日山(元小結若二瀬)死去、55歳。楯山親方(元大関大受)が朝日山部屋を継承。元関脇琴ヶ梅引退、年寄錣山襲名。
  • 5月、本所消防署主催の消防訓練が国技館で行われ、「災害支援ボランティア」のための講習を受けた。
  • 6月、3日にオーストラリア公演のため、出羽海理事長を団長とする43人が出発。6、7日にメルボルン場所、13、14日にシドニー場所が開かれ、16日帰国。
  • 7月、7月場所初日、入場者全員に名古屋場所40周年記念の大入り袋を配った。元十両4枚目大竜引退、年寄大嶽襲名。
  • 9月、「番付編成要領」の一部を改正し、優勝決定戦の勝敗を番付に反映させることを決めた。床山不在の部屋が16あるため、特例として定員50人を超える床山の採用を決めた。9月場所9日目、前日の曙-出島戦で差し違えた29代式守伊之助がこの日より3日間の謹慎処分。伊之助は3場所連続差し違えていた。17日、立田山(元前頭筆頭天ノ山)死去、43歳。24日、浅香山(元小結青葉山)死去、47歳。
  • 10月、境川理事長がフランスのレジオン・ドヌール勲章オフィシエを受賞した。
  • 11月、11月場所の幕内優勝決定戦で大関貴ノ浪が同部屋の横綱貴乃花との優勝決定戦を制す。元関脇若翔洋引退、年寄音羽山襲名。元小関小錦引退、年寄佐ノ山襲名。

本場所[編集]

参考文献[編集]

  • 『相撲』誌各号
  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p104