1998年の日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1998年の日本(1998ねんのにほん)では、1998年平成10年)の日本出来事流行・世相などについてまとめる。

他の紀年法[編集]

日本では、西暦の他にも以下の紀年法を使用している。なお、以下の紀年法は西暦と月日が一致している。

在職者[編集]

世相[編集]

1998年の流行語[編集]

ハマの大魔神」(佐々木主浩)、「凡人軍人変人」(田中真紀子)、「だっちゅーの」(パイレーツ)が新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した(その他の受賞語は後節「#流行語」も参照)。

1998年の漢字[編集]

周年[編集]

できごと[編集]

通年[編集]

1月[編集]

2月[編集]

長野オリンピックの開・閉会式が開催された長野オリンピックスタジアム(2006年撮影)

3月[編集]

小田急サザンタワー(3月20日開業)

4月[編集]

明石海峡大橋(4月5日開通)

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

小渕恵三が第83代日本国首相に就任(7月30日、アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンと、1998年11月19日撮影)

8月[編集]

初代iMac発売(8月29日)

9月[編集]

10月[編集]

映画監督黒澤明の死去(9月6日)を受け、国民栄誉賞が贈られる(10月1日)
ゲームボーイカラー発売(10月21日)
長銀」の経営破綻(10月23日)

11月[編集]

ドリームキャスト(11月27日発売)

12月[編集]

日債銀」の経営破綻(12月14日)

社会[編集]

政治[編集]

経済[編集]

[編集]

労働[編集]

教育[編集]

女性史[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

イベント・行事[編集]

自然科学[編集]

環境[編集]

天候・天災・観測等[編集]

  • エルニーニョ現象の影響で世界的な異常気象が発生し、世界の平均気温が観測史上1位という記録的な高温となった。日本でも年間平均気温は顕著な高温となり、北陸地方西日本南西諸島で戦後最も気温の高い年となった。
  • 台風の年間発生数16個となり史上2番目の少なさ。
  • 11月18日未明をピークとしてしし座流星群の大規模出現がマスコミで喧伝されたものの、実際には国内各地で曇天のため、極大時でも1時間あたり最大100個程度の観測に留まった。
各季節の天候
  • 冬(1997年12月 - 1998年2月)は北日本で平年並みの寒さであったが、東日本以西は記録的な大暖冬となり、南岸低気圧による大雪が東日本太平洋側を中心に相次ぐ。
  • 春(3 - 5)月は歴代1位の暖春。4月の下旬に北海道の一部で真夏日を観測するなど型破りな高温となった。
  • 夏(6 - 8月)は西日本以南・北陸地方で著しい高温となった他、太平洋高気圧が安定しなかったため北日本・北海道は冷夏傾向となり、東日本も気温は平年並 - 高めながらも天候不順が続き、豪雨災害も多発した他、北陸地方と東北地方の梅雨明けは特定できなかった。
  • 秋(9 - 11月)は全国的に顕著な高温となり、台風の接近・上陸が多かった。
時系列

文化と芸術[編集]

流行[編集]

写ルンです」はレンズ付きフィルムの代表格として人気商品となった

流行語[編集]

ファッション[編集]

出版[編集]

文学[編集]

音楽[編集]

演劇[編集]

歌舞伎
宝塚歌劇団

映画[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

バラエティなど諸分野[編集]

特撮[編集]

アニメ[編集]

アニメーション映画
テレビアニメ
OVA

ゲーム[編集]

コンピューターゲーム[編集]

アーケードゲーム
テレビゲーム
ドリームキャスト
携帯型ゲーム
ゲームボーイカラー


スポーツ[編集]

総合競技大会[編集]

冬季オリンピック・パラリンピック[編集]

冬季オリンピックパラリンピックが日本の長野県で開催された。冬季オリンピックの日本での開催は1972年札幌オリンピック以来26年ぶり2度目。

各競技[編集]

野球[編集]

日本プロ野球[編集]
高校野球[編集]

ソフトボール[編集]

日本で第9回世界女子ソフトボール選手権が開催された。

プロレス[編集]

サッカー[編集]

Jリーグ
天皇杯全日本サッカー選手権大会

大相撲(幕内最高優勝)[編集]

モータースポーツ[編集]

競馬[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

フィクションのできごと[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般法人 日本映像ソフト協会、2014年1月19日閲覧
  2. ^ 未解決事件の闇 東京breakingnews, 2014年8月27日
  3. ^ 綾辻行人『Another(下)』角川書店、2011年、34 - 56・92・341 - 354頁。ISBN 978-4-04-100000-7。
  4. ^ 荒俣宏『帝都物語 10 復活編』角川書店、1987年、5 - 54・88 - 125・209 - 227・237頁。ISBN 978-4-04-169010-9。
  5. ^ 大塚英志『摩陀羅 天使篇1 ロレトの連禱』メディアワークス、1994年、19・30 - 33・39 - 41・47・48・217 - 220頁。ISBN 978-4-07-302439-2。
  6. ^ 大塚英志『摩陀羅 天使篇2 ミカエルの廢都』メディアワークス、1995年、102・103・193・194頁。ISBN 978-4-07-303249-6。
  7. ^ 川又千秋『火星甲殻団』早川書房、1990年、5・6頁。ISBN 978-4-15-030332-7。

参考文献[編集]

関連項目[編集]