1998年の経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1998年の経済では、1998年平成10年)の経済分野に関する出来事について記述する。

概要[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月18日 - 東京地方検察庁特別捜査部は日本道路公団の外債発行幹事証券会社の選定に際し、野村證券から贈賄があったとして、井坂武彦道路公団経理担当理事(元大蔵省造幣局長)、村住直孝野村證券元副社長、寺西功元常務取締役を贈収賄容疑で逮捕[1]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月14日 - 経済企画庁国民所得統計速報発表。1997年(平成9年)10月から12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)は前期(7月から9月期)比0.2パーセント減、年率換算で0.7パーセント減。2.4半期ぶりにマイナス成長に転じ、景気の腰折れを明確に裏づけ。1997年暦年の実質経済成長率は0.9パーセント。

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

  • 10月1日 - 秩父小野田と日本セメントが合併し、太平洋セメントに商号変更。
  • 10月7日 - 7日から8日にかけて、円が急騰。ドルに対して20円以上高くなる。

11月[編集]

12月[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “大蔵省による官僚汚職事件の全容解明と腐敗構造の改革をもとめる” (プレスリリース), 日本国家公務員労働組合連合会, (1998年1月28日), http://www.kokko-net.org/kokkororen/mondai29.htm