1998 FIFAワールドカップ・準決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

1998 FIFAワールドカップ 準決勝は、ブラジルオランダフランスクロアチアが対戦した。7月7、8日かけて試合をした結果、ブラジルとフランスが勝利し、決勝に進出。敗退したオランダとクロアチアは3位決定戦で対戦することになった。

試合結果[編集]

ブラジル vs オランダ[編集]

スターティングメンバー:
GK 1 ファン・デル・サール
DF 2 ライツィハー 48分に警告 48分 56分に交代退場 56分
DF 3 スタム
DF 4 F・デ・ブール
DF 11 コクー
MF 6 ヨンク 111分に交代退場 111分
MF 7 R・デ・ブール
MF 12 ゼンデン 75分に交代退場 75分
MF 16 ダーヴィッツ 60分に警告 60分
FW 8 ベルカンプ
FW 9 クライファート
途中出場:
MF 20 ヴィンター 56分に交代出場 56分
FW 17 ファン・ホーイドンク 90分に警告 90分 75分に交代出場 75分
FW 10 セードルフ 119分に警告 119分 111分に交代出場 111分
監督:
フース・ヒディンク

フランス vs クロアチア[編集]

フランスの旗 フランス 2 – 1 クロアチアの旗 クロアチア
テュラム 47分にゴール 47分69分にゴール 69分 シューケル 46分にゴール 46分
スタッド・ド・フランスサン=ドニ
入場者数: 76,000人
主審: José Garcia Aranda (スペイン)
スターティングメンバー:
GK 16 バルテズ
DF 3 リザラズ
DF 5 ブラン Sent off after 74 minutes 74分
DF 8 デサイー
DF 15 テュラム
MF 6 ジョルカエフ 74分に交代退場 74分
MF 7 デシャン
MF 10 ジダン
MF 17 プティ
MF 19 カランブー 30分に交代退場 30分
FW 9 ギヴァルシュ 69分に交代退場 69分
途中出場:
FW 12 アンリ 30分に交代出場 30分
FW 20 トレゼゲ 69分に交代出場 69分
DF 18 ルブフ 74分に交代出場 74分
監督:
ジャケ
スターティングメンバー:
GK 1 ラディッチ
DF 3 シュティマツ
DF 6 ビリッチ
DF 14 ソルド
DF 17 ヤルニ
DF 20 シミッチ 90分に警告 90分
MF 7 アサノヴィッチ 44分に警告 44分
MF 10 ボバン 65分に交代退場 65分
MF 13 スタニッチ 73分に警告 73分 90分に交代退場 90分
FW 9 シュケル
FW 19 ヴラオヴィッチ
途中出場:
FW 11 マリッチ 65分に交代出場 65分
MF 8 プロシネチキ 90分に交代出場 90分
-
監督:
ブラジェヴィッチ

関連項目[編集]