1999年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1999年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキースAL 4
アトランタ・ブレーブスNL 0
シリーズ情報
試合日程 10月23日–27日
観客動員 4試合合計:21万6114人
1試合平均:05万4029人
MVP マリアノ・リベラ(NYY)
ALCS NYY 4–1 BOS
NLCS ATL 4–2 NYM
殿堂表彰者 ジョー・トーリ(NYY監督)
デレク・ジーター(NYY内野手)
マリアノ・リベラ(NYY投手)
ジョン・シャーホルツ(ATL GM)
ボビー・コックス(ATL監督)
トム・グラビン(ATL投手)
チッパー・ジョーンズ(ATL内野手)
グレッグ・マダックス(ATL投手)
ジョン・スモルツ(ATL投手)
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
シリーズ出場 2年連続36回目
GM ブライアン・キャッシュマン
監督 ジョー・トーリ
シーズン成績 098勝64敗・勝率.605
AL東地区優勝
分配金 選手1人あたり30万7808.70ドル[1]
アトランタ・ブレーブス(ATL)
シリーズ出場 3年ぶり09回目
GM ジョン・シャーホルツ
監督 ボビー・コックス
シーズン成績 103勝64敗・勝率.636
NL東地区優勝
分配金 選手1人あたり20万3542.49ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
実況 ボブ・コスタス
解説 ジョー・モーガン
平均視聴率 16.0%(前年比1.9ポイント上昇)[2]
ワールドシリーズ
 < 1998 2000 > 

1999年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第95回ワールドシリーズ(95th World Series)は、10月23日から27日にかけて計4試合が開催された。その結果、ニューヨーク・ヤンキースアメリカンリーグ)がアトランタ・ブレーブスナショナルリーグ)を4勝0敗で下し、2年連続25回目の優勝を果たした。

両リーグの最高勝率球団どうしがシリーズで対戦するのは、1995年地区シリーズ導入以降では、同年以来4年ぶり[3]。両チームのシリーズでの対戦は、1996年以来3年ぶり4回目である。そのシリーズ第3戦から続くヤンキースのワールドシリーズ連勝記録は、今シリーズ全勝によって12に伸びた。これは、1927年初戦から1932年最終戦にかけてのヤンキースに並ぶ、史上最長タイ記録である[4]シリーズMVPには、第2戦を除く3試合の救援登板全てでイニングをまたいで交代完了を記録し、4.2イニングで1勝2セーブ防御率0.00という成績を残したヤンキースのマリアノ・リベラが選出された。

両チームの過去の対戦[編集]

過去94回のシリーズのなかで、ヤンキースとブレーブスの対戦は3度ある。最初の対戦は1957年で、このときはブレーブスが4勝3敗でヤンキースを下した。翌1958年1996年は、いずれもヤンキースが制した。1950年代の2度の対戦時は、ブレーブスはジョージア州アトランタではなくウィスコンシン州ミルウォーキーを本拠地にしていた。

1997年から始まったレギュラーシーズン中のインターリーグでは、3年間で計10試合が組まれており、その結果は5勝5敗の五分である[5]。この年は7月15日から17日にかけて、ヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアムで3連戦が行われ、ブレーブスが2勝1敗で勝ち越した。今シリーズは史上初めて、レギュラーシーズンで実現したカードの再戦となった[6]。ブレーブスのケビン・ミルウッドは、この3連戦の結果を踏まえ「優勝のチャンスは十分にあると思う」と自信をのぞかせた[7]

試合結果[編集]

1999年のワールドシリーズは10月23日に開幕し、途中に移動日を挟んで5日間で4試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月23日(土) 第1戦 ニューヨーク・ヤンキース 4-1 アトランタ・ブレーブス ターナー・フィールド
10月24日(日) 第2戦 ニューヨーク・ヤンキース 7-2 アトランタ・ブレーブス
10月25日(月) 移動日
10月26日(火) 第3戦 アトランタ・ブレーブス 5-6x ニューヨーク・ヤンキース ヤンキー・スタジアム
10月27日(水) 第4戦 アトランタ・ブレーブス 1-4 ニューヨーク・ヤンキース
優勝:ニューヨーク・ヤンキース(4勝0敗 / 2年ぶり25度目)

第1戦 10月23日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
4回裏、チッパー・ジョーンズのソロ本塁打でブレーブスが先制(39秒)
ヤンキース先発投手オーランド・ヘルナンデスは7イニングを10奪三振1失点に抑える(1分46秒)
8回表無死満塁、デレク・ジーターの左前打でヤンキースが同点に追いつく(38秒)
次打者ポール・オニールの右前打でヤンキースが2点を勝ち越し(40秒)
ヤンキースの抑え投手マリアノ・リベラが8回裏途中から登板、4アウトセーブを挙げてヤンキースが先勝(59秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4 6 0
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2 2
  1. : オーランド・ヘルナンデス(1勝)  : グレッグ・マダックス(1敗)  S: マリアノ・リベラ(1S)  
  2. :   – チッパー・ジョーンズ1号ソロ
  3. 審判:球審…ランディ・マーシュ(NL)、塁審…一塁: ロッキー・ロー(AL)、二塁: スティーブ・リプリー(NL)、三塁: デリル・カズンズ(AL)、外審…左翼: ジェリー・デービス(NL)、右翼: ジム・ジョイス(AL)
  4. 試合時間: 2時間57分 観客: 5万1342人 気温: 49°F(9.4°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 C・ノブロック 1 G・ウィリアムズ
2 D・ジーター 2 B・ブーン
3 P・オニール 3 C・ジョーンズ
4 B・ウィリアムス 4 B・ジョーダン
5 T・マルティネス 5 R・クレスコ
6 J・ポサダ 6 A・ジョーンズ
7 R・レディ 7 E・ペレス
8 S・ブロシアス 8 W・ワイス
9 O・ヘルナンデス 9 G・マダックス
先発投手 投球 先発投手 投球
O・ヘルナンデス G・マダックス

第2戦 10月24日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 3 0 2 1 1 0 0 0 0 7 14 1
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 5 1
  1. : デビッド・コーン(1勝)  : ケビン・ミルウッド(1敗)  
  2. 審判:球審…ロッキー・ロー(AL)、塁審…一塁: スティーブ・リプリー(NL)、二塁: デリル・カズンズ(AL)、三塁: ジェリー・デービス(NL)、外審…左翼: ジム・ジョイス(AL)、右翼: ランディ・マーシュ(NL)
  3. 試合時間: 3時間14分 観客: 5万1226人 気温: 54°F(12.2°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース アトランタ・ブレーブス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 C・ノブロック 1 G・ウィリアムズ
2 D・ジーター 2 O・ギーエン
3 P・オニール 3 C・ジョーンズ
4 B・ウィリアムス 4 B・ジョーダン
5 T・マルティネス 5 R・クレスコ
6 R・レディ 6 K・ロックハート
7 S・ブロシアス 7 G・マイヤーズ
8 J・ジラルディ 8 A・ジョーンズ
9 D・コーン 9 K・ミルウッド
先発投手 投球 先発投手 投球
D・コーン K・ミルウッド

第3戦 10月26日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
9回表無死一塁、代走オーティス・ニクソンの盗塁を捕手ジョー・ジラルディの送球が阻止(47秒)
ヤンキースの抑え投手マリアノ・リベラが、9回表・10回表の2イニングを無失点に封じる(56秒)
延長10回裏、チャド・カーティスのソロ本塁打でヤンキースがサヨナラ勝利(1分37秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
アトランタ・ブレーブス 1 0 3 1 0 0 0 0 0 0 5 14 1
ニューヨーク・ヤンキース 1 0 0 0 1 0 1 2 0 1x 6 9 0
  1. : マリアノ・リベラ(1勝1S)  : マイク・レムリンジャー(1敗)  
  2. :  NYY – チャド・カーティス1号ソロ・2号ソロ、ティノ・マルティネス1号ソロ、チャック・ノブロック1号2ラン
  3. 審判:球審…スティーブ・リプリー(NL)、塁審…一塁: デリル・カズンズ(AL)、二塁: ジェリー・デービス(NL)、三塁: ジム・ジョイス(AL)、外審…左翼: ランディ・マーシュ(NL)、右翼: ロッキー・ロー(AL)
  4. 試合時間: 3時間16分 観客: 5万6794人 気温: 62°F(16.7°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 G・ウィリアムズ 1 C・ノブロック
2 B・ブーン 2 D・ジーター
3 C・ジョーンズ 3 P・オニール
4 B・ジョーダン 4 B・ウィリアムス
5 A・ジョーンズ 5 DH C・デービス
6 DH J・ヘルナンデス 6 T・マルティネス
7 E・ペレス 7 S・ブロシアス
8 B・ハンター 8 C・カーティス
9 W・ワイス 9 J・ジラルディ
先発投手 投球 先発投手 投球
T・グラビン A・ペティット

第4戦 10月27日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
ヤンキースの先発投手ロジャー・クレメンスは7.2イニングを1失点に抑える(3分13秒)
8回裏、ジム・レイリッツのソロ本塁打でヤンキースがリードを3点に広げ直す(58秒)
9回表一死、ヤンキースのマリアノ・リベラがライアン・クレスコのバットを1打席で3本折る(1分4秒)
リベラが次打者キース・ロックハートを左飛に打ち取り試合終了、ヤンキースの優勝が決定(1分58秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アトランタ・ブレーブス 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 5 0
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 3 0 0 0 0 1 X 4 8 0
  1. : ロジャー・クレメンス(1勝)  : ジョン・スモルツ(1敗)  S: マリアノ・リベラ(1勝2S)  
  2. :  NYY – ジム・レイリッツ1号ソロ
  3. 審判:球審…デリル・カズンズ(AL)、塁審…一塁: ジェリー・デービス(NL)、二塁: ジム・ジョイス(AL)、三塁: ランディ・マーシュ(NL)、外審…左翼: ロッキー・ロー(AL)、右翼: スティーブ・リプリー(NL)
  4. 試合時間: 2時間58分 観客: 5万6752人 気温: 52°F(11.1°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
アトランタ・ブレーブス ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 G・ウィリアムズ 1 C・ノブロック
2 B・ブーン 2 D・ジーター
3 C・ジョーンズ 3 P・オニール
4 B・ジョーダン 4 B・ウィリアムス
5 R・クレスコ 5 T・マルティネス
6 DH K・ロックハート 6 DH D・ストロベリー
7 E・ペレス 7 J・ポサダ
8 A・ジョーンズ 8 R・レディ
9 W・ワイス 9 S・ブロシアス
先発投手 投球 先発投手 投球
J・スモルツ R・クレメンス

脚注[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2020年2月5日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2020年2月5日閲覧。
  3. ^ Mark Newman, "In throwback, top two teams meet in Series / Matchup ends modern drought of regular-season champs exiting playoffs early," MLB.com, October 20, 2013. 2020年2月5日閲覧。
  4. ^ Jeff Jacobs; Courant Staff Writer, "FROM RUTH TO CLEMENS, MONUMENTAL DYNASTY," Hartford Courant, October 28, 1999. 2020年2月5日閲覧。
  5. ^ "NYY vs. ATL from 1997 to 1999 Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2020年2月5日閲覧。
  6. ^ Ross Newhan, "Even the Shea-Hate Kid Won’t Try to Buck Bronx," Los Angeles Times, October 21, 1999. 2020年2月5日閲覧。
  7. ^ Chris Broussard, "A Hated Man in Queens, Rocker Is a Fan of the Bronx," The New York Times, October 20, 1999. 2020年2月5日閲覧。