1999年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1999年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ6位
55勝80敗 勝率.407
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪神甲子園球場
Summer Koshien 2009 Final.jpg
球団組織
オーナー 久万俊二郎
経営母体 阪神電気鉄道
監督 野村克也
 < 1998 2000 > 

1999年の阪神タイガース(1999ねんのはんしんタイガース)では、1999年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。

1999年の阪神タイガースは、野村克也監督の1年目のシーズンである。球団記録タイ(1回目は1998年)の12連敗を喫し[1]、最下位に終わった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
選手名 年数 年齡
1 坪井智哉 2年目 25歳
2 和田豊 15年目 36歳
3 大豊泰昭 11年目 35歳
4 ブロワーズ 1年目 33歳
5 ジョンソン 1年目 31歳
6 今岡誠 3年目 24歳
7 佐々木誠 16年目 33歳
8 矢野輝弘 9年目 30歳
9 藪恵壹 6年目 30歳
1999年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 中日 -- 中日 -- 中日 -- 中日 -- 中日 -- 中日 --
2位 巨人 5.0 阪神 2.5 巨人 2.0 巨人 5.0 巨人 3.0 巨人 6.0
3位 阪神 広島 5.0 阪神 4.5 横浜 8.0 横浜 8.5 横浜 10.0
4位 広島 6.5 ヤクルト 広島 4.5 ヤクルト 11.5 ヤクルト 13.5 ヤクルト 15.0
5位 ヤクルト 巨人 7.0 横浜 5.0 阪神 12.5 阪神 15.0 広島 24.0
6位 横浜 7.0 横浜 7.5 ヤクルト 8.0 広島 14.0 広島 20.0 阪神 26.0
期間
成績
11勝11敗
勝率.500
13勝9敗
勝率.591
8勝13敗
勝率.381
7勝14敗
勝率.333
11勝13敗
勝率.458
5勝20敗
勝率.200
1999年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 中日ドラゴンズ 81 54 0 .600 -
2位 読売ジャイアンツ 75 60 0 .556 6.0
3位 横浜ベイスターズ 71 64 0 .526 10.0
4位 ヤクルトスワローズ 66 69 0 .489 15.0
5位 広島東洋カープ 57 78 0 .422 24.0
6位 阪神タイガース 55 80 0 .407 26.0

1999 サンヨー オールスターゲーム[編集]

選出選手およびスタッフ
ポジション 名前 選出
回数
投手 藪恵壹 5
捕手 矢野輝弘
二塁手 和田豊 8
外野手 新庄剛志 3
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。

当時のホーム帽子ヘルメットは縦縞柄(翌年よりビジター用と同様の黒一色のものに変更)であるが、第2戦(甲子園)・第3戦(倉敷マスカットスタジアム)の全セ・リーグ・ホーム試合にて、新庄はホーム用ユニフォームにビジター用と同様の黒一色の帽子・ヘルメットを、和田もヘルメットのみ同じく黒一色のものを組み合わせて着用し出場した。新庄は第3戦にてMVPを獲得。[2]

できごと[編集]

6月[編集]

11月[編集]

12月[編集]


選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
その他
選手名 タイトル
遠山奬志 カムバック賞
ベストナイン
選出なし
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
新庄剛志 外野手 4年連続6度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 的場寛壱 内野手 九州共立大学 入団
2位 吉野誠 投手 日本大学 入団
3位 岡本浩二 投手 東邦高 入団
4位 新井亮司 捕手 児玉高 入団
5位 上坂太一郎 外野手 王子製紙春日井 入団
6位 窪田淳 投手 帝京大学 入団
7位 松田匡司 外野手 シダックス 入団
8位 高山智行 内野手 箕島高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 巨人の連敗はストップするか?現存する12球団最多連敗は98年ロッテの18 デイリースポーツ 2017年6月7日
  2. ^ DVD『SHINJO』(札幌テレビ放送、ビクターエンタテインメント 2007年1月)SHINJOの夢→ドラフト〜阪神