1999年J1最終節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1999年J1最終節(1999ねんJ1さいしゅうせつ)は、1999年11月27日に行われた日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)ディビジョン1(J1)セカンドステージ第15節のことを指す。本項では特に、その中でディビジョン2(J2)降格の可能性があったアビスパ福岡(福岡)、ジェフユナイテッド市原(市原)、浦和レッドダイヤモンズ(浦和)の試合について記す。

最終戦までの経緯[編集]

1999年、Jリーグはこのシーズンから2部制を導入。J1(当時16チーム)年間総合成績の下位2チームがJ2(当時10チーム)の上位2チームと自動入れ替えすることとなった。

この年、まず低迷したのはベルマーレ平塚(平塚、現・湘南ベルマーレ)だった。平塚は前年、親会社であるフジタの経営不振によりクラブの規模を縮小し、呂比須ワグナー名塚善寛小島伸幸田坂和昭洪明甫といった代表クラスの選手を大量放出。若手中心で99年シーズンに臨むも1stステージは最下位。2ndステージも浮上のきっかけをつかめず年間わずか4勝にとどまり、2ndステージ第12節に15位以下(降格)が決定した。

一方、浦和は、前シーズン(1998年)の2ndステージで3位と躍進したことにより優勝戦線に絡むと予想されていたが、永井雄一郎小野伸二FIFAワールドユース日本代表、石井俊也シドニー五輪予選の代表としてチームを離れることが多かった上に、吉野智行盛田剛平などの新人選手の成績が振るわずベストメンバーが組めない状況が続き、1stステージは13位と振るわず、浦和は原博実監督を解任し、2ndステージからオランダ人のア・デモスを監督として招聘した。ところが、シドニー五輪の一次予選で小野伸二がひざを負傷してシーズンのほとんどを離脱するなどのため連敗を重ね、さらには第6節・ジュビロ磐田戦から第9節・名古屋グランパスエイト戦まで4試合連続延長Vゴール負けを喫するなどにより、J1残留争いに巻き込まれることになる。

市原はこの年、前年の天皇杯横浜フリューゲルスを優勝に導いたゲルト・エンゲルスを監督として招聘するも、前シーズンまで司令塔として機能したネナド・マスロバルの穴を埋めることが出来ず、守備が崩壊したこともあって1stステージで15位と低迷。エンゲルスを解任しニコラエ・ザムフィール英語版監督で臨んだ2ndステージもチーム状況の劇的な改善とはならず、降格圏をなかなか脱出できない。

また、前年のJ1参入決定戦で辛うじてJ1参入を果たした福岡もなかなか波に乗れず、降格圏ぎりぎりの順位をさまようこととなり、シーズン終盤には浦和・市原・福岡の3チームが残留を争う構図となった。

11月23日に行われた2ndステージ第14節、この時点で降格圏の15位は市原(勝ち点22)。14位の浦和とは勝ち点差3、13位の福岡とは勝ち点差が6あり、さらに福岡とは得失点差で10点離され絶体絶命の状況にあったが、福岡のホーム・博多の森で行われた直接対決で市原が福岡に5-0と大勝。残留可能性を残す勝ち点差3以内を確保すると共に、逆に得失点差でのアドバンテージを確保して残留への望みをつなぐ。一方、14位の浦和はヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)に試合終盤に追いつかれ引き分けて勝ち点1の上積みにとどまる。これにより市原に勝ち点差1にまで詰め寄られ、浦和にとって後味の悪い形で残留争いは最終節にまでもつれ込むこととなった。その最終節を残し、順位は以下の通りとなった。

2ndステージ第14節終了時点での年間総合順位(抜粋)
チーム 延勝 出場権または降格
13 アビスパ福岡 29 7 3 1 18 41 57 −16 28
14 浦和レッドダイヤモンズ 29 7 0 5 17 38 58 −20 26
15 ジェフユナイテッド市原 29 5 4 2 18 40 56 −16 25
16 ベルマーレ平塚 29 4 0 1 24 28 69 −41 13 J2へ降格

※平塚は11月20日の時点で降格決定。

最終節[編集]

概要[編集]

3チームが絡む試合は下の3試合(太字が降格の可能性が残っていたチーム)。

この年のレギュレーションでは勝ち点の配分が「90分勝利:3、延長戦勝利:2、引き分け:1、敗戦(90分・延長問わず):0」であったため、福岡は引き分け以上、浦和は90分勝利で無条件に残留が決まり、市原は引き分け以上が絶対条件であった。

一方、福岡と市原の得失点差が並んでおり、浦和は両チームより得失点差が4点下回っていたため、市原は浦和に勝ち点で追いつけば浦和より上位となり、その場合には福岡の4点差以上での敗戦が浦和の事実上の残留条件となる[1]ことから、浦和にとっても90分勝利が必須とも言える条件であった。

試合展開[編集]

浦和のゲームは、浦和が主力であるピクン岡野雅行が欠場。対する広島もポポヴィッチ藤本主税久保竜彦が欠場し、お互いに主力を欠いてのスタートとなった。

前半[編集]

浦和では前半から一進一退の緊迫した好ゲームとなった。浦和は何度も広島ゴールへ攻めるも、広島の堅守を崩すことができず苦戦を強いられた。

一方、横浜では横浜FMが前半11分、城彰二のゴールで先制。その後、前半23分に福岡は攻守の要であるフェルナンドがラフプレーにより一発退場となり、10人での戦いを強いられる。その後は試合は膠着状態となり、そのまま前半終了。

浦和と大阪では得点の動きなし。

浦和 0 – 0 広島
横浜 1 – 0 福岡
G大阪 0 – 0 市原
前半終了時点での暫定順位(抜粋)
チーム 延勝
13 アビスパ福岡 30 7 3 1 19 41 58 −17 28
14 浦和レッドダイヤモンズ 30 7 0 6 17 38 58 −20 27
15 ジェフユナイテッド市原 30 5 4 3 18 40 56 −16 26

後半[編集]

後半に入り、浦和は後半9分にベギリスタインから大柴健二に交代するも、相変わらず広島の堅守に苦戦する。

後半15分、万博では市原の武藤真一がゴールを上げ先制。市原は両チームを上回って降格圏を脱出、代わって浦和が降格圏に。その一報が浦和のア・デモス監督のもとに入ると、後半18分にMF中村忠に代えて盛田剛平へ交代し、攻撃的な布陣を引いた。

浦和 0 – 0 広島
横浜 1 – 0 福岡
G大阪 0 – 1 市原
後半15分時点での暫定順位(抜粋)
チーム 延勝
13 ジェフユナイテッド市原 30 6 4 2 18 41 56 −15 28
14 アビスパ福岡 30 7 3 1 19 41 58 −17 28
15 浦和レッドダイヤモンズ 30 7 0 6 17 38 58 −20 27

浦和は後半34分にDF城定信次に代え、この日ベンチスタートだった福田正博と続けてFWを投入し、3-3-4の攻撃的なフォーメーションへ切り替え、何としても点を取るという作戦に出た。その後、小野伸二やDFの山田暢久もチャンスメークに徹し、盛田、大柴、福田を中心として広島ゴールを何度も攻め、点を狙いに行くも全て阻まれる。

そんな中、横浜では後半35分に横浜FMの城がまたもゴールを決め2点目。福岡はこれ以上点を取られれば降格の危険が出てきたことから、これ以上の失点を防ぐべく守備に徹した。

浦和 0 – 0 広島
横浜 2 – 0 福岡
G大阪 0 – 1 市原

一方、浦和は後半42分、小野のコーナーキックから盛田が飛び込みヘディングするも外してしまい、決定的なチャンスを逃してしまう。そして、ついに90分間が終了した時点で両チームとも得点をあげることができず、延長戦へ突入となった。

この時点で福岡は横浜FMに0-2で敗戦し勝ち点28・得失点差-18、市原はG大阪に1-0で勝利し勝ち点28・得失点差-15で共に試合終了。このためもし浦和が延長勝ちしても、福岡や市原と勝ち点で並ぶが得失点差で下回るため、この時点で浦和のJ2降格が決定した。

浦和 0 – 0 広島
横浜 2 – 0 福岡(試合終了)
G大阪 0 – 1 市原(試合終了)
後半終了時点での暫定順位(抜粋)
チーム 延勝 出場権または降格
13 ジェフユナイテッド市原 30 6 4 2 18 41 56 −15 28
14 アビスパ福岡 30 7 3 1 19 41 59 −18 28
15 浦和レッドダイヤモンズ 30 7 0 6 17 38 58 −20 27 J2へ降格

その後[編集]

残留の可能性が消えた浦和の試合は、そのまま延長後半まで進む。延長後半1分に小野のショートコーナーからペトロビッチがゴール前へのクロスボールを上げ、それを福田が蹴り込み、Vゴールとなって勝負は決まった。

この時、J1残留が決定したと思い抱きついてきた池田学(ルーキーの池田だけには試合に集中させるべく、チームの降格を知らせなかった。引退後、福田は「学が喜んでいたということは、90分間の戦いで降格が決まったことを知らなかったということ」「それがわからない選手が11人の中にいたということが、そのときの浦和のレベルってことだよね」、即ち池田を含めた全員で意識を統一する必要があったと当時の首脳陣の行動を批判的に振り返っている[2])とそれを手荒に振り払った福田、小野や岡野の号泣する姿、ピッチに倒れこむペトロビッチのシーンなどの姿が見られた。Vゴールと言う呼び方はJリーグ特有のものであるが、その日のスポーツニュースにて「世界で一番悲しいVゴール」と表現され、のちにこの試合と決勝ゴールがこう呼ばれるようになったといわれる。

号泣する福田にドーハの悲劇のメンバーでもあった広島の森保一が慰めに行ったシーンは名シーンとも言われる。この時、森保は福田に対し「必ずJ1に戻って来い」とささやいたといわれている。

浦和 1v – 0 広島(試合終了)
横浜 2 – 0 福岡(試合終了)
G大阪 0 – 1 市原(試合終了)
全日程終了時の総合順位(抜粋)
チーム 延勝 出場権または降格
13 ジェフユナイテッド市原 30 6 4 2 18 41 56 −15 28
14 アビスパ福岡 30 7 3 1 19 41 59 −18 28
15 浦和レッドダイヤモンズ 30 7 1 5 17 39 58 −19 28 J2へ降格
16 ベルマーレ平塚 30 4 0 1 25 30 72 −42 13

記録[編集]

1999 Jリーグ ディビジョン1 2ndステージ 第15節第1日
1999年11月27日
15:04
浦和レッドダイヤモンズ 1v - 0
(延長)
サンフレッチェ広島
福田正博 106分にゴールデンゴール 106分 公式データ
浦和市駒場スタジアム
観客数: 20,042人
主審: 小幡真一郎
浦和レッドダイヤモンズ
GK 16 田北雄気
DF 02 山田暢久
DF 27 池田学
DF 34 路木龍次
DF 22 城定信次 81分に交代退場 81分
MF 21 石井俊也
MF 33 中村忠 60分に交代退場 60分
MF 08 小野伸二 96分に警告 96分
MF 06 ペトロビッチ 5分に警告 5分
FW 11 ペギリスタイン 54分に交代退場 54分
FW 30 永井雄一郎
サブメンバー
GK 31 西部洋平
DF 19 内舘秀樹
FW 13 大柴健二 54分に交代出場 54分 63分に警告 63分
FW 15 盛田剛平 60分に交代出場 60分
FW 09 福田正博 81分に交代出場 81分
監督
ア・デモス
サンフレッチェ広島
GK 16 下田崇
DF 06 フォックス
DF 05 伊藤哲也
DF 19 上村健一
MF 03 沢田謙太郎
MF 07 森保一
MF 13 古賀聡  
MF 04 桑原裕義
MF 09 山口敏弘 93分に交代退場 93分
FW 26 高橋泰
FW 11 森山泰行 95分に交代退場 95分
サブメンバー
GK 31 植田元輝
DF 23 川島眞也
MF 17 服部公太
MF 38 森崎和幸 95分に交代出場 95分
MF 21 大久保誠 93分に交代出場 93分
監督
エディ・トムソン

1999 Jリーグ ディビジョン1 2ndステージ 第15節第1日
1999年11月27日
15:01
横浜F・マリノス 2 - 0 アビスパ福岡
城彰二 11分にゴール 11分80分 公式データ
横浜国際総合競技場
観客数: 18,143人
主審: 梅本博之
横浜F・マリノス
GK 01 川口能活
DF 05 小村徳男  
DF 03 松田直樹
DF 04 井原正巳
MF 18 遠藤彰弘 71分に交代退場 71分
MF 06 上野良治
MF 10 中村俊輔 86分に交代退場 86分
MF 09 三浦淳宏
MF 30 バウベル 65分に交代退場 65分
FW 08 柳想鐵
FW 11 城彰二
サブメンバー
GK 21 小澤英明
DF 02 神田勝夫
MF 32 大橋正博 86分に交代出場 86分
MF 14 佐藤一樹 71分に交代出場 71分
MF 07 永井秀樹 65分に交代出場 65分
監督
アントニオ・デラクルス
アビスパ福岡
GK 30 小島伸幸
DF 12 藤崎義孝  
DF 04 小島光顕
DF 03 水筑優文 58分に警告 58分
MF 13 西田吉洋
MF 28 三浦泰年 78分に交代退場 78分
MF 06 篠田善之 54分に警告 54分
MF 07 野田知
MF 05 フェルナンド Red card 23分
FW 08 石丸清隆 
FW 14 山下芳輝 59分に交代退場 59分
サブメンバー
GK 01 塚本秀樹
DF 18 三好拓児
MF 24 久永辰徳 78分に交代出場 78分
MF 10 中払大介
FW 11 上野優作 59分に交代出場 59分
監督
菊川凱夫

1999 Jリーグ ディビジョン1 2ndステージ 第15節第1日
1999年11月27日
15:03
ガンバ大阪 0 - 1 ジェフユナイテッド市原
公式データ 武藤真一 60分にゴール 60分
万博記念競技場
観客数: 9,051人
主審: 田辺宏司
ガンバ大阪
GK 01 岡中勇人
DF 05 ダンブリー
DF 20 宮本恒靖 75分に警告 75分
DF 04 實好礼忠 85分に交代退場 85分
MF 29 大黒将志 62分に交代退場 62分
MF 07 平岡直起
MF 03 斎藤大輔
MF 15 木場昌雄
MF 32 二川孝広 80分に交代退場 80分
FW 24 松波正信 78分に警告 78分
FW 11 小島宏美
サブメンバー
GK 23 都築龍太
MF 10 ルイジーニョ英語版 62分に交代出場 62分
MF 31 橋本英郎
FW 09 タイルソン 85分に交代出場 85分
FW 18 播戸竜二 80分に交代出場 80分
監督
早野宏史
ジェフユナイテッド市原
GK 01 下川健一
DF 03 中田一三 35分に警告 35分
DF 05 山口智
DF 29 阿部勇樹
MF 27 ヴァンチャ 58分に交代退場 58分
MF 31 ボス
MF 14 鈴木和裕 79分に交代退場 79分
MF 11 廣山望
MF 07 武藤真一
FW 09 武田修宏 55分に交代退場 55分
FW 02 中西永輔 79分に警告 79分
サブメンバー
GK 12 立石智紀
DF 32 ブランコ
MF 08 野々村芳和 58分に交代出場 58分
MF 15 寺川能人 79分に交代出場 79分
FW 20 西脇良平 55分に交代出場 55分
監督
ニコラエ・ザムフィール英語版

脚注[編集]

  1. ^ 浦和が延長戦勝利(市原が90分勝利)した場合は福岡が3点差で敗戦した場合に得失点差で福岡と浦和が並ぶが、この場合は浦和が少なくとも4得点以上を挙げて総得点で福岡を上回る必要があった(福岡が0-3の敗戦、浦和が4-3の勝利など)。
  2. ^ 佐藤俊 福田正博の心に残るもの。「世界で一番悲しいゴール」を決めた後で… sportiva、2018年1月17日

関連項目[編集]