2-アミノヘキサノ-6-ラクタムラセマーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
2-aminohexano-6-lactam racemase
識別子
EC番号 5.1.1.15
CAS登録番号 52652-64-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB structures
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

2-アミノヘキサノ-6-ラクタムラセマーゼ(2-aminohexano-6-lactam racemase、EC 5.1.1.15)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

L-2-アミノヘキサノ-6-ラクタム \rightleftharpoons D-2-アミノヘキサノ-6-ラクタム

従って、この酵素の基質はL-2-アミノヘキサノ-6-ラクタムのみ、生成物はD-2-アミノヘキサノ-6-ラクタムのみである。

この酵素は、異性化酵素、特にアミノ酸やその誘導体に作用するラセマーゼエピメラーゼに分類される。α-アミノ-ε-カプロラクタムラセマーゼ(alpha-amino-epsilon-caprolactam racemase)とも呼ばれる。

出典 [編集]

  • Ahmed SA, Esaki N, Tanaka H, Soda K (1984). “L-alpha-Amino-beta-thio-epsilon-caprolactam, a new sulfur-containing substrate for alpha-amino-epsilon-caprolactam racemase”. FEBS Lett. 174: 76–79. doi:10.1016/0014-5793(84)81081-9. 
  • Ahmed SA, Esaki N, Tanaka H, Soda K (1986). “Mechanism of alpha-amino-epsilon-caprolactam racemase reaction”. Biochemistry. 25 (2): 385–8. doi:10.1021/bi00350a017. PMID 3955003.