2. ブンデスリーガ (ドイツサッカー)2018-2019

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2. ブンデスリーガ (ドイツサッカー)  > 2. ブンデスリーガ (ドイツサッカー)2018-2019
2018年, 2019年のスポーツ > 2018年, 2019年のサッカー > 2. ブンデスリーガ (ドイツサッカー)2018-2019
2. ブンデスリーガ
シーズン 2018-2019
優勝 ケルン (4回目)
昇格 ケルン
パーダーボルン
ウニオン・ベルリン
降格 インゴルシュタット
マクデブルク
デュースブルク
試合数 306
ゴール数 904 (1試合平均2.95)
得点王 ドイツの旗 シモン・テローデ
(29得点)
2019-2020 →

2. ブンデスリーガ2018-2019 (2018–19 2. Bundesliga)は、第1シーズンが行われて以来、45回目の2. ブンデスリーガである。ケルンが5シーズンぶり4回目の優勝を果たした。

2017-2018年シーズンの昇格・降格[編集]

2018-2019年シーズンの2. ブンデスリーガのチーム[編集]

2018-2019年シーズンの2. ブンデスリーガのクラブ数は前年同様の18。

チーム名 監督 地方 ホームタウン スタジアム 収容人数 前年度成績
ハイデンハイム ドイツの旗 フランク・シュミット バーデン=ヴュルテンベルク州の紋章バーデン
=ヴュルテンベルク州
ハイデンハイム フォイト・アレーナ 15,000人 (13位)
ザントハウゼン ドイツの旗 ウーヴェ・コシュイナート ザントハウゼン ハルトヴァルトシュタディオン 15,300人 (11位)
グロイター・フュルト ドイツの旗 シュテファン・ライトル バイエルン自由州の紋章バイエルン州 フュルト シュタディオン・アム・ラオベンウェーク 18,000人 (15位)
インゴルシュタット ドイツの旗 トーマス・オラル インゴルシュタット アウディ・スポーツパーク 15,198人 ( 9位)
レーゲンスブルク ドイツの旗 アキム・バイアーロルツァー レーゲンスブルク コンティネンタル・アレーナ 15,224人 ( 5位)
ウニオン・ベルリン スイスの旗 ウルス・フィッシャー ベルリンの紋章ベルリン ベルリン シュタディオン・アン・デア・
アルテン・フェルステライ
22,012人 ( 8位)
ハンブルガーSV ドイツの旗 ハンネス・ヴォルフ 自由ハンザ都市ハンブルクの紋章ハンブルク ハンブルク フォルクスパルクシュタディオン 57,439人 ★(17位)
ザンクトパウリ オランダの旗 ヨス・ルフカイ ハンブルク ミラントア・シュタディオン 29,546人 (12位)
ダルムシュタット ギリシャの旗 ディミトリオス・グラモジス ヘッセン州の紋章ヘッセン州 ダルムシュタット ヨナタン・ハイムス=シュタディオン・アム・ベレンファルトーア 17,000人 (10位)
ビーレフェルト ドイツの旗 ウーヴェ・ノイハウス ノルトライン=ヴェストファーレン州の紋章ノルトライン=
ヴェストファーレン州
ビーレフェルト シュコ・アレーナ 26,137人 ( 4位)
ボーフム ドイツの旗 ロビン・ドゥット ボーフム レヴィルパワーシュタディオン 29,299人 ( 6位)
デュースブルク ドイツの旗 トルステン・リーベルクネヒト デュースブルク シャウインスラント・ライゼン・アレーナ 31,502人 ( 7位)
ケルン ドイツの旗 アンドレ・パヴラク ケルン ラインエネルギーシュタディオン 50,000人 ★(18位)
パーダーボルン ドイツの旗 シュテフェン・バウムガルト パーダーボルン ベンテラー・アレーナ 15,000人 ☆( 2位)
ディナモ・ドレスデン ドイツの旗 クリスティアン・フィエル ザクセン州の紋章ザクセン州 ドレスデン シュタディオン・ドレスデン 32,066人 (14位)
エルツゲビルゲ・アウエ ドイツの旗 ダニエル・マイヤー アウエ スパーカッセン・
エルツゲビルグススタディオン
15,711人 (16位)
マクデブルク ドイツの旗 ミヒャエル・エニング ザクセン=アンハルト州の紋章ザクセン=アンハルト州 マクデブルク MDCCアレーナ 27,500人 ☆( 1位)
ホルシュタイン・キール ドイツの旗 ティム・ヴァルター シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の紋章シュレースヴィヒ=
ホルシュタイン州
キール ホルシュタイン・シュタディオン 11,386人 ( 3位)
★印はブンデスリーガでの成績
☆印は3. リーガでの成績
  • チーム名・監督・本拠地名については現時点のもの。

メーカー・スポンサー[編集]

チーム名 メーカー シャツ スポンサー
エルツゲビルゲ・アウエ ナイキ WätaS Wärmetauscher Sachsen
ビーレフェルト Joma Schüco
ボーフム ナイキ Tricorp Workwear
ダルムシュタット Craft Software AG
ディナモ・ドレスデン Craft Feldschlößchen
デュースブルク Capelli XTiP
グロイター・フュルト ヒュンメル Hofmann Personal
ハンブルガーSV アディダス エミレーツ航空
ハイデンハイム ナイキ Hartmann Gruppe
インゴルシュタット アディダス メディア・マルクト
ホルシュタイン・キール プーマ Famila
ケルン ウールシュポルト レーヴェ
マクデブルク ウールシュポルト FAM
パーダーボルン Saller Mediacom
レーゲンスブルク Saller Netto
ザントハウゼン プーマ Verivox
ザンクトパウリ アンダーアーマー Congstar
ウニオン・ベルリン Macron Layenberger

監督交代[編集]

チーム 前監督 備考 退任日 順位 新監督 就任日
ケルン ドイツの旗 シュテファン・ルーテンベック 契約満了 2018年6月30日[1] 開幕前 ドイツの旗 マルクス・アンファング 2018年7月1日[2]
ホルシュタイン・キール ドイツの旗 マルクス・アンファング ケルン監督就任 2018年6月30日[3] ドイツの旗 ティム・ヴァルター 2018年7月1日[4]
ウニオン・ベルリン ドイツの旗 アンドレ・ホフシュナイダー 解任 2018年6月30日[5] スイスの旗 ウルス・フィッシャー 2018年7月1日[6]
エルツゲビルゲ・アウエ ドイツの旗 ハンネス・ドレフス 辞任 2018年6月30日[7] ドイツの旗 ダニエル・マイヤー 2018年7月11日[8]
ディナモ・ドレスデン ドイツの旗 ウーヴェ・ノイハウス 解任 2018年8月22日[9] 9位 ドイツの旗 クリスティアン・フィエル (暫定) 2018年8月23日[10]
ドイツの旗 クリスティアン・フィエル (暫定) 暫定監督満了 2018年9月11日[11] 14位 ドイツの旗 マイク・ヴァルプルギス 2018年9月11日[11]
インゴルシュタット ドイツの旗 シュテファン・ライトル 解任 2018年9月22日[12] 13位 イランの旗ドイツの旗 アレクサンダー・ヌーリ 2018年9月24日[13]
デュースブルク ブルガリアの旗 イリヤ・グルエフ 2018年10月1日[14] 18位 ドイツの旗 トルステン・リーベルクネヒト 2018年10月1日[15]
ザントハウゼン トルコの旗 ケナン・コジャク 2018年10月8日[16] 17位 ドイツの旗 ウーヴェ・コシュイナート 2018年10月15日[17]
ハンブルガーSV ドイツの旗 クリスティアン・ティッツ 2018年10月23日[18] 3位 ドイツの旗 ハンネス・ヴォルフ 2018年10月23日[18]
マクデブルク ドイツの旗 イェンス・ヘルテル 2018年11月12日[19] 17位 ドイツの旗 ミヒャエル・エニング 2018年11月14日[20]
インゴルシュタット イランの旗ドイツの旗 アレクサンダー・ヌーリ 2018年11月26日[21] 18位 ドイツの旗 イェンス・ケラー 2018年11月30日[22]
ビーレフェルト ルクセンブルクの旗 ジェフ・サイベネ 2018年12月10日[23] 14位 ドイツの旗 ウーヴェ・ノイハウス 2018年12月10日[24]
グロイター・フュルト クロアチアの旗 ダミル・ブリッチ 2019年2月4日[25] 12位 ドイツの旗 シュテファン・ライトル 2019年2月5日[26]
ダルムシュタット ドイツの旗 ディルク・シュスター 2019年2月18日[27] 14位 ギリシャの旗 ディミトリオス・グラモジス 2019年2月23日[28]
ディナモ・ドレスデン ドイツの旗 マイク・ヴァルプルギス 2019年2月24日[29] ドイツの旗 クリスティアン・フィエル 2019年2月24日[30]
インゴルシュタット ドイツの旗 イェンス・ケラー 2019年4月2日[31] 18位 ドイツの旗 トーマス・オラル 2019年4月3日[32]
ザンクトパウリ ドイツの旗 マルクス・カウチンスキ 2019年4月10日[33] 6位 オランダの旗 ヨス・ルフカイ 2019年4月10日[33]
ケルン ドイツの旗 マルクス・アンファング 2019年4月27日[34] 1位 ドイツの旗 アンドレ・パヴラク 2019年4月27日[34]

スケジュール[編集]

2018年8月3日に開幕し、2019年5月19日閉幕の全34節・306試合で行われる[35]

結果[編集]

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 ケルン (C) (P) 34 19 6 9 84 47 +37 63 ブンデスリーガ 2019-20へ昇格
2 パーダーボルン (P) 34 16 9 9 76 50 +26 57
3 ウニオン・ベルリン (O) (P) 34 14 15 5 54 33 +21 57 入れ替え戦に出場
4 ハンブルガーSV 34 16 8 10 45 42 +3 56 2. ブンデスリーガ残留
5 ハイデンハイム 34 15 10 9 55 45 +10 55
6 ホルシュタイン・キール 34 13 10 11 60 51 +9 49
7 ビーレフェルト 34 13 10 11 52 50 +2 49
8 レーゲンスブルク 34 12 13 9 55 54 +1 49
9 ザンクトパウリ 34 14 7 13 46 53 −7 49
10 ダルムシュタット 34 13 7 14 45 53 −8 46
11 ボーフム 34 11 11 12 49 50 −1 44
12 ディナモ・ドレスデン 34 11 9 14 41 48 −7 42
13 グロイター・フュルト 34 10 12 12 37 56 −19 42
14 エルツゲビルゲ・アウエ 34 11 7 16 43 47 −4 40
15 ザントハウゼン 34 9 11 14 45 52 −7 38
16 インゴルシュタット (R) 34 9 8 17 43 55 −12 35 入れ替え戦に出場
17 マクデブルク (R) 34 6 13 15 35 53 −18 31 3. リーガ 2019-20へ降格
18 デュースブルク (R) 34 6 10 18 39 65 −26 28

最終更新は2019年5月27日の試合終了時
出典: kicker(ドイツ語)
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

戦績表[編集]

ホーム / アウェー[1] AUE BIE BOC DAR DRE DUI GRF HAM HEI ING HKI KÖL MAG PAD REG SAN STP UNB
エルツゲビルゲ・アウエ

1–0

3–2

2–2

1–3

0–0

1–1

1–3

0–1

0–3

2–1

0–1

0–0

2–1

1–1

0–2

3–1

3–0

ビーレフェルト

2–1

3–1

1–0

2–1

0–1

2–3

2–0

1–2

1–3

1–0

1–3

1–3

2–0

5–3

1–1

1–2

1–1

ボーフム

2–1

1–0

1–0

0–1

2–1

3–2

0–0

1–0

6–0

1–3

0–2

4–2

1–2

3–3

1–0

1–3

2–2

ダルムシュタット

1–0

1–2

0–0

2–0

3–0

2–0

1–2

1–2

1–1

3–2

0–3

3–1

1–0

1–1

1–1

2–1

2–1

ディナモ・ドレスデン

1–1

3–4

2–2

4–1

1–0

0–1

0–1

1–3

2–0

0–2

3–0

1–1

3–1

0–0

3–1

2–1

0–0

デュースブルク

1–2

2–2

0–2

3–2

1–3

0–1

1–2

3–4

2–4

0–4

4–4

1–0

2–0

1–3

2–2

0–1

2–3

グロイター・フュルト

0–5

2–2

2–2

2–1

0–0

1–0

0–0

0–0

0–1

4–1

0–4

3–2

2–2

1–1

3–1

2–1

1–1

ハンブルガーSV

1–1

3–0

0–0

2–3

1–0

3–0

1–0

3–2

0–3

0–3

1–0

1–2

1–0

0–5

2–1

0–0

2–2

ハイデンハイム

1–0

1–1

3–2

0–1

1–0

4–1

2–0

2–2

4–2

2–2

0–2

3–0

1–5

1–2

2–3

3–0

2–1

インゴルシュタット

3–2

1–1

2–1

3–0

1–0

1–1

1–1

1–2

1–1

1–1

1–2

0–1

1–2

1–2

1–2

0–1

1–2

ホルシュタイン・キール

5–1

1–2

2–2

4–2

3–0

0–2

2–2

3–1

1–1

2–2

1–1

2–1

1–2

2–0

2–1

2–1

0–2

ケルン

3–1

5–1

2–3

1–2

8–1

1–2

4–0

1–1

1–1

2–1

4–0

3–0

3–5

3–5

3–1

4–1

1–1

マクデブルク

1–0

0–0

0–0

0–1

2–2

3–3

2–1

0–1

0–0

1–1

1–1

1–1

1–1

2–3

0–1

1–2

1–1

パーダーボルン

1–0

2–2

2–2

6–2

3–0

4–0

6–0

4–1

3–1

3–1

4–4

3–2

4–4

2–0

3–3

0–1

0–0

レーゲンスブルク

1–3

0–3

2–1

1–1

0–2

1–1

0–2

2–1

2–1

2–1

0–0

1–3

1–0

2–0

2–2

1–1

1–1

ザントハウゼン

0–3

0–3

3–0

1–1

3–1

0–0

0–0

0–3

1–2

4–0

3–2

0–2

0–1

1–1

2–2

4–0

0–0

ザンクトパウリ

1–2

1–1

0–0

2–0

1–1

0–0

2–0

0–4

1–1

1–0

0–1

3–5

4–1

2–1

4–3

3–1

3–2

ウニオン・ベルリン

1–0

1–1

2–0

3–1

0–0

2–2

4–0

2–0

1–1

2–0

2–0

2–0

3–0

1–3

2–2

2–0

4–1

最終更新は2019年5月19日の試合終了時
出典: kicker(ドイツ語)
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

入れ替え戦[編集]

試合開始時間は全て現地時間(CEST/UTC+2)。

ブンデスリーガ・2.ブンデスリーガ[編集]

第1戦[編集]

シュトゥットガルト
(ブンデスリーガ 16位)
2 - 2 ウニオン・ベルリン
(2. ブンデスリーガ 3位)
ゲントナー 42分にゴール 42分
ゴメス 51分にゴール 51分
レポート アブドゥラヒ 43分にゴール 43分
フリードリヒ 68分にゴール 68分
メルセデス・ベンツ・アレーナ, シュトゥットガルト
観客数: 58,619人
主審: バスティアン・ダンケルト


第2戦[編集]

二試合合計スコア 2 - 2、アウェーゴール差でウニオン・ベルリンがブンデスリーガ昇格、シュトゥットガルトが2.ブンデスリーガ降格


2.ブンデスリーガ・3.リーガ[編集]

第1戦[編集]

ヴェーエン・ヴィースバーデン
(3.リーガ 3位)
1 - 2 インゴルシュタット
(2. ブンデスリーガ 16位)
キェレフ 90+6分にゴール 90+6分 レポート レスカノ 1分にゴール 1分47分 (pen.)
ブリタ・アレーナ, ヴィースバーデン
観客数: 7,698人
主審: ギド・ヴィンクマン

第2戦[編集]

インゴルシュタット 2 - 3 ヴェーエン・ヴィースバーデン
ケルシュバウマー 13分にゴール 13分
ポウルセン 68分にゴール 68分
レポート キェレフ 11分にゴール 11分
ディットゲン 30分にゴール 30分
ポウルセン 43分にゴール 43分 (o.g.)
アウディ・スポーツパーク, インゴルシュタット
観客数: 12,420人
主審: フランク・ウィレンボルグ

二試合合計スコア 4 - 4、アウェーゴール差でヴェーエン・ヴィースバーデンが2.ブンデスリーガ昇格、インゴルシュタットが3.リーガ降格


得点ランキング[編集]

最終結果[36]

順位 選手 所属 得点
得点王 ドイツの旗 シモン・テローデ ケルン 29
2 コロンビアの旗 ジョン・コルドバ ケルン 20
3 オーストリアの旗 ルーカス・ヒンテルゼーア ボーフム 18
T4 ドイツの旗 ファビアン・クロス ビーレフェルト 17
アメリカ合衆国の旗 アンドルー・ウッテン ザントハウゼン
6 ドイツの旗 フィリップ・クレメント パーダーボルン 16
T7 アルメニアの旗 サルギス・アダムヤン レーゲンスブルク 15
ドイツの旗 パスカル・テストレート エルツゲビルゲ・アウエ
T9 ドイツの旗 ロベルト・グラツェル ハイデンハイム 13
ドイツの旗 ピエール=ミシェル・ラソッガ ハンブルガーSV
ドイツの旗 アンドレアス・フォクルザマー ビーレフェルト

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Ruthenbeck: „Es geht nicht um mich“” (ドイツ語). 1. FC Köln (2018年4月12日). 2018年8月7日閲覧。
  2. ^ Markus Anfang wird FC-Cheftrainer” (ドイツ語). 1. FC Köln (2018年4月17日). 2018年8月7日閲覧。
  3. ^ Anfang verlässt die KSV Holstein zum Saisonende” (ドイツ語). Holstein Kiel (2018年4月17日). 2018年8月7日閲覧。
  4. ^ Tim Walter übernimmt Traineramt bei Holstein Kiel” (ドイツ語). Holstein Kiel (2018年5月24日). 2018年8月7日閲覧。
  5. ^ New structure and football personnel” (ドイツ語). 1. FC Union Berlin (2018年6月9日). 2018年6月20日閲覧。
  6. ^ Union Berlin appoint Urs Fischer as head coach” (ドイツ語). 1. FC Union Berlin (2018年6月1日). 2018年8月7日閲覧。
  7. ^ Hannes Drews verlässt den FC Erzgebirge Aue auf eigenen Wunsch” (ドイツ語). FC Erzgebirge Aue (2018年5月28日). 2018年8月7日閲覧。
  8. ^ Die Pressekonferenz zur Vorstellung von Cheftrainer Daniel Meyer” (ドイツ語). FC Erzgebirge Aue (2018年6月15日). 2018年8月7日閲覧。
  9. ^ Dynamo Dresden beurlaubt Uwe Neuhaus” (ドイツ語). Dynamo Dresden (2018年8月22日). 2018年8月28日閲覧。
  10. ^ Cristian Fiel übernimmt bis auf Weiteres als Interimstrainer” (ドイツ語). Dynamo Dresden (2018年8月23日). 2018年8月28日閲覧。
  11. ^ a b Maik Walpurgis ist neuer Cheftrainer der SGD” (ドイツ語). Dynamo Dresden (2018年9月11日). 2018年9月19日閲覧。
  12. ^ FCI trennt sich von Cheftrainer Stefan Leitl und Co-Trainer Andre Mijatovic” (ドイツ語). FC Ingolstadt 04 (2018年9月22日). 2018年9月24日閲覧。
  13. ^ Neuer Chefcoach für die Schanzer: Alexander Nouri übernimmt” (ドイツ語). FC Ingolstadt 04 (2018年9月24日). 2018年9月24日閲覧。
  14. ^ MSV entbindet Ilia Gruev und Yontcho Arsov von ihren Aufgaben – Neuer Coach zeitnah” (ドイツ語). MSV Duisburg (2018年10月1日). 2018年10月2日閲覧。
  15. ^ Torsten Lieberknecht neuer Chef-Coach – Vorstellung live auf Youtube” (ドイツ語). MSV Duisburg (2018年10月1日). 2018年10月2日閲覧。
  16. ^ SV Sandhausen beurlaubt Kenan Kocak” (ドイツ語). SV Sandhausen (2018年10月8日). 2018年10月9日閲覧。
  17. ^ Koschinat ist neuer Chef-Trainer des SV Sandhausen” (ドイツ語). SV Sandhausen (2018年10月15日). 2018年10月16日閲覧。
  18. ^ a b HSV trennt sich von Trainer Titz – Hannes Wolf übernimmt” (ドイツ語). Hamburger SV (2018年10月23日). 2018年10月24日閲覧。
  19. ^ 1. FC Magdeburg stellt Chef- und Co-Trainer frei” (ドイツ語). 1.FC Magdeburg (2018年11月12日). 2018年11月14日閲覧。
  20. ^ Michael Oenning wird Cheftrainer des 1. FC Magdeburg” (ドイツ語). 1.FC Magdeburg (2018年11月14日). 2018年11月14日閲覧。
  21. ^ Schanzer trennen sich von Cheftrainer Alexander Nouri – Roberto Pätzold übernimmt als Interimslösung” (ドイツ語). FC Ingolstadt 04 (2018年11月26日). 2018年11月28日閲覧。
  22. ^ Nach dem HSV-Spiel übernimmt Jens Keller bis Sommer!” (ドイツ語). FC Ingolstadt 04 (2018年11月30日). 2018年12月1日閲覧。
  23. ^ Arminia stellt Saibene und Rump frei” (ドイツ語). Arminia Bielefeld (2018年12月10日). 2018年12月11日閲覧。
  24. ^ Uwe Neuhaus wird neuer DSC-Cheftrainer” (ドイツ語). Arminia Bielefeld (2018年12月10日). 2018年12月11日閲覧。
  25. ^ „Müssen für eine Veränderung sorgen“” (ドイツ語). SpVgg Greuther Fürth (2019年2月4日). 2019年2月5日閲覧。
  26. ^ Leitl neuer Kleeblatt-Coach” (ドイツ語). SpVgg Greuther Fürth (2019年2月5日). 2019年2月6日閲覧。
  27. ^ SV 98 stellt Dirk Schuster frei” (ドイツ語). SV Darmstadt 98 (2019年2月18日). 2019年2月19日閲覧。
  28. ^ Dimitrios Grammozis neuer Cheftrainer beim SV 98” (ドイツ語). SV Darmstadt 98 (2019年2月23日). 2019年2月28日閲覧。
  29. ^ Dynamo Dresden beurlaubt Maik Walpurgis” (ドイツ語). Dynamo Dresden (2019年2月24日). 2019年2月28日閲覧。
  30. ^ Cristian Fiel wird neuer Cheftrainer der SGD” (ドイツ語). Dynamo Dresden (2019年2月24日). 2019年2月28日閲覧。
  31. ^ FCI geht ohne Jens Keller und Thomas Stickroth in den Saisonendspurt” (ドイツ語). FC Ingolstadt 04 (2019年4月2日). 2019年4月5日閲覧。
  32. ^ Mit Tomas Oral und Michael Henke zum Klassenerhalt” (ドイツ語). FC Ingolstadt 04 (2019年4月3日). 2019年4月5日閲覧。
  33. ^ a b Uwe Stöver & Markus Kauczinski freigestellt” (ドイツ語). FC St. Pauli (2019年4月10日). 2019年4月12日閲覧。
  34. ^ a b FC trennt sich von Markus Anfang” (ドイツ語). 1. FC Köln (2019年4月27日). 2019年4月30日閲覧。
  35. ^ RAHMENTERMINKALENDER 2018/2019 (PDF)” (ドイツ語). DFL. 2018年8月7日閲覧。
  36. ^ 2. Bundesliga - Torjäger” (ドイツ語). kicker. 2019年5月20日閲覧。