20区 (パリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パリ・20区の位置
パリ・20区の位置

パリ20区 (20く、20e arrondissement de Paris) は、フランス首都・パリ市を構成する20の行政区のひとつである [1]。第20区、パリ20区ともいう。市の東部にあり、セーヌ川の北側に位置している。

概要[編集]

パリの20区は、市の東部にある行政区。「メニルモンタン区 (Arrondissement de Ménilmontant)」と呼ばれることもある [2]セーヌ川の北の地域にある。東には、ペリフェリック (パリ環状道路)に沿う形で市の境界線が敷かれており、南東の一部がヴァル=ド=マルヌ県に接しているほかはすべてセーヌ=サン=ドニ県に接している。人口は182,952人 (1999年)で、20区の中では3番目に多い(人口の推移等詳細については後述)。

区の名称は、市の中央部から時計回り螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその20番目にあたることから、「20区」と名づけられた。区内には、コローショパンビゼープルーストマリア・カラスモディリアーニモリエール等の多くの著名人が眠るペール・ラシェーズ墓地のほか、ベルヴィル公園、国立コリーヌ劇場などがある。

地理[編集]

パリ・20区の概略図
Rue de Ménilmontant avec vue sur Paris et Beaubourg.(メニルモンタン通りとパリ4区ポンピドゥー・センター

20区は、パリの東部に位置している。セーヌ川の北の地域にある [3]。面積は、5.98 平方キロメートル。

北は、同じパリの行政区である19区に接し、南は12区に接している。東は、ペリフェリックに沿う形で市の境界線が敷かれており、セーヌ=サン=ドニ県の各自治体、北東はル・プレ=サン=ジェルヴェとレ・リラに、東はバニョレに、南東はモントルイユに接し、南東の南寄りではヴァル=ド=マルヌ県の自治体であるサン=マンデに接している。西は11区に接している。

隣接する自治体(行政区)[編集]

地区(カルチェ)[編集]

パリ・20区のカルチェ詳細図

パリの行政区は、それぞれ4つの地区(カルチェ)に区分されている。20区を構成する4地区のコードと名称は、次のとおりである。

  • 77 - ベルヴィル地区 (Quartier de Belleville)
  • 78 - サン=ファルジョー地区 (Quartier de Saint-Fargeau)
  • 79 - ペール=ラシェーズ地区 (Quartier du Père-Lachaise)
  • 80 - シャロンヌ地区 (Quartier Charonne)

住民[編集]

人口[編集]

20区の人口は、1936年には208,115人となり、ピークに達した。その後は減少を続けたが、1982年の171,971人を底に増加傾向に転じ、1999年にはピーク時の9割弱の182,952人となった。20区のうちでは15区18区に次いで3番目に人口が多く、1990年以降は、パリの人口の8パーセント台で推移している。2005年の推計では191,800人と見積もられており、人口の増加が見込まれている。

また、人口の減少とともに人口密度も減少しており、1999年の人口密度は、ピーク時の9割弱の30,574人となっている。20区のうちでは4番目に人口密度が高く、パリの平均人口密度の1.3倍である。人口の推移の詳細は、次のとおりである。

区人口 市人口 区人口/市人口 区人口密度 市人口密度 備考
1872年 92,772 1,851,792 5.01% 15,503 21,303
1936年 208,115 2,829,753 7.35% 34,779 32,553 人口がピークに達する。
1954年 200,208 2,850,189 7.02% 33,457 32,788
1962年 199,310 2,790,091 7.14% 33,307 32,097
1968年 188,921 2,590,771 7.29% 31,571 29,804
1975年 175,795 2,299,830 7.64% 29,378 26,457
1982年 171,971 2,176,243 7.90% 28,738 25,035
1990年 184,478 2,152,423 8.57% 30,829 24,761
1999年 182,952 2,125,246 8.61% 30,574 24,449
2005年 191,800 2,166,200 8.85% 32,052 24,920 人口は推計。

歴史[編集]

第二帝政下の1860年ティエールの城壁の内のコミューンの全部または一部がパリに併合されたが、現在の20区付近では、ベルヴィル界隈並びにシャロンヌ、ル・プレ=サン=ジェルヴェ、バニョレの一部が併合された。このとき、メニルモンタンのあるベルヴィル通り以南など、これらの領域を含む形で20区の区域の設定が行われた。

ちなみに、シャロンヌからバニョレに至る一帯には、かつて幼君ルイ15世の摂政オルレアン公フィリップ2世オルレアン家が所有したバニョレ城(Château de Bagnolet)があった。

現在のパリ19区及び20区に跨がり、さらに10区と11区に及ぶ地域を包含するベルヴィル、さらに現在のほぼ19区内にあたるラ・ヴィレット界隈をも含めて、歴史的にはワイン生産者や葡萄畑の収穫人、採石労働者や石工などの職人といった労働者階級のコミューンとして発展した。1848年の第二共和政、1871年のパリ・コミューンの存立では、ベルヴィル界隈のコミューンが大きな役割を果たした。特にパリ・コミューンの時には、メニルモンタン界隈と共に、ヴェルサイユの政府軍に対して最も大きな抵抗を示した。

20世紀半ばになると、多くの移民が定住するようになった。1933年のドイツ第三帝国成立によりユダヤ系ドイツ人が、1939年のフランコ独裁政権成立によりスペイン人、他にイタリア人らが、60年代にはユダヤ系トルコ人、アルジェリア人やピエ・ノワールらがこの地にやってきた。現在では、マグリブ諸国のアラブ系や、サハラ以南のアフリカ系の他、13区のトルビアック通り界隈と同様、中国系(華僑系)の旧仏印出身者もベルヴィル界隈で目立つようになり、いわば"中華街"として仏語版「パリのアジア人地区 (Quartiers asiatiques de Paris)」の記事の中でも括られている。

政治・行政・司法[編集]

主な官公庁・公共機関[編集]

経済[編集]

主な店舗・商業施設[編集]

健康・福祉[編集]

保健・医療[編集]

  • トゥノン病院 (Hôpital Tenon

生活[編集]

上水道[編集]

  • メニルモンタン貯水池 (Réservoir de Ménilmontant) - パリ市内に飲料水を供給している貯水池のひとつ。

墓地等[編集]

  • シャロンヌ墓地(Cimetière de Charonne
  • ベルヴィル墓地(Cimetière de Belleville
  • ペール・ラシェーズ墓地Cimetière du Père-Lachaise
    • 多くの著名人らが眠る。ジム・モリソンといった著名人墓への参拝が絶えない墓地で知られている。
画像をクリックして拡大

教育[編集]

 Le lycée Hélène-Boucher et Rue des Pyrénées vue de Rue de Lagny.

大学等[編集]

高等学校[編集]

  • リセ・エレーヌ=ブーシェ (Lycée Hélène-Boucher) - ヴァンセンヌの森近隣界隈、12区との境界線上クール・ド・ヴァンセンヌ通り (Cours de Vincennes) 75番地にあるリセ
  • リセ・モーリス=ラベル (Lycée Maurice-Ravel) - 12区との境界線上20区側、クール・ド・ヴァンセンヌ通り89番地にあるリセ。

文化施設[編集]

映画館・劇場[編集]

  • 国立コリーヌ劇場 (Théâtre National de la Colline
  • パリ東劇場 (テアトル・ド・レスト・パリジアン、Théâtre de l'Est Parisien (TEP)
  • ヴァンティエーム劇場 (Vingtième Théâtre

体育施設[編集]

プール[編集]

  • ジョルジュ=ヴァルレー・プール (Piscine Georges-Vallerey

宗教施設[編集]

画像をクリックして拡大

教会・寺院[編集]

  • サン=ジェルマン・ド・シャロンヌ教会(Église Saint-Germain de Charonne
  • ノートル=ダム・ド・ラ・クロワ教会(Église Notre-Dame de la Croix
    • または、ノートル=ダム・ド・ラ・クロワ・ド・メニルモンタン教会 Église Notre-Dame-de-la-Croix de Ménilmontant
  • ノートル=ダム=ド=ルルド教会(Église Notre-Dame-de-Lourdes

観光・憩い[編集]

建築[編集]

公園・緑地等[編集]

  • エディット=ピアフ広場 (Place Édith-Piaf
  • エマニュエル=フルーリ公園 (Square Emmanuel-Fleury
  • サラ=ベルナール公園 (Square Sarah Bernhardt
  • 自然庭園 (ジャルダン・ナテュレル、Jardin Naturel
  • セヴリーヌ公園 (Square Séverine
  • ベルヴィル公園Parc de Belleville
  • メニルモンタン・エ・サン=シモニアン公園 (Square de Ménilmontant et des Saint-Simoniens


交通[編集]

鉄道[編集]

画像をクリックして拡大

高速道路・有料道路[編集]

  • ペリフェリック (パリ環状道路) (Boulevard Périphérique
    • ポルト・デ・リラ - ポルト・ド・バニョレ - ポルト・ド・モントルイユ - ポルト・ド・ヴァンセンヌ

道路[編集]

画像をクリックして拡大
  • アヴロン通り(Rue d'Avron
  • アクソ通り (Rue Haxo
  • オルトー通り(Rue des Orteaux
  • ガンベタ大通り(ガンベッタ大通り, Avenue Gambetta
  • クール・ド・ヴァンセンヌ通り(Cours de Vincennes
  • クロンヌ通り(Rue des Couronnes
    • ベルヴィル公園の南側を東西に走る。途中、下記ヴィラン通りが分かれる。
  • サン=ファルジョー通り(Rue Saint-Fargeau
  • シャロンヌ大通り(Boulevard de Charonne
    • ベルヴィル、メニルモンタン大通りと続いて、11区と20区との境界線上、ペール・ラシェーズ墓地西側を南北に走り、南側ナシオン広場東側至近まで伸びてゆく。
  • ダヴー大通り(Boulevard Davout
  • デノワイエ通り(Rue Dénoyez
  • 中国通り(リュ・ド・ラ・シーヌ, Rue de la Chine
    • 区内を南北に走る下記ピレネー通りの東側で並走する。メニルモンタン通りからガンベタ広場東側、ガンベタ大通りまでを繋ぐ。
  • 日本通り(リュ・デュ・ジャポン, Rue du Japon
    • ペール・ラシェーズ墓地の北東に位置するガンベタ広場前の20区役所と、裏手の公園との間を通る短い裏道
  • バニョレ通り(Rue de Bagnolet
  • ヴィラン通り(Rue Vilin
  • ピレネー通り(Rue des Pyrénées
    • メトロ ピレネー駅 (fr) があるベルヴィル通りとの交差点界隈にはマクドナルドやスーパーのカルフール等がある。同交差点から南に向かって、20区役所があるペール・ラシェーズ墓地北東端にあるガンベタ広場経由、上記クール・ド・ヴァンセンヌ通りまでを南北に走る通り。ベルヴィル通りとの交差点から北側19区内へはシモン・ボリヴァル大通りに続き、ビュット・ショーモン公園南側に伸びてゆく。
  • プロフェスール=アンドレ=ルミエール大通り(Avenue du Professeur-André-Lemierre
  • ベルヴィル大通り(Boulevard de Belleville
    • 10区と19区との境界線上を南北に走るラ・ヴィレット大通りがメトロ ベルヴィル駅があるベルヴィル交差点から先、ベルヴィル"大"通り、メニルモンタン大通り、シャロンヌ大通りと北から順に名を変え、ペール・ラシェーズ墓地西側に沿って20区南西端傍にあるナシオン広場の至近東側界隈まで伸びてゆく。
  • ベルヴィル通り(Rue de Belleville
    • レピュブリック広場から10区と11区との境界線上を東西に走るフォーブール=デュ=タンプル通りが、上記ベルヴィル交差点から先、ベルヴィル通りと名を変え引き続いて19区と20区との境界線上を東西に走る。ベルヴィル通り入り口からベトナムラオス等旧仏印ないしインドシナ難民出身者あるいは華僑系出身者らのレストラン乃至ブラッスリー、アジア食材店もチラホラ目立つ。周辺界隈の治安はかねてより決して芳しいものではないが、13区トルビアック通り界隈に次ぐ"パリ第二の中華街"等と呼ばれたりする所以である。和食店、ベルヴィル界隈移民の先駆にあたるイタリア料理地中海料理店・・など手頃な安手の店舗が連なる。通りを東側に走ると、セフォラがあり、スーパーのカルフールやフランプリ等も通り界隈に数店あり、メトロ ピレネー駅やジュールダン駅 (fr) 界隈を経由し、ペリフェリックが走るポルト・デ・リラまで伸びる。通りを挟んで北に19区内のビュット・ショーモン公園、南に20区内のベルヴィル公園がある。
  • ベルグラン通り(Rue Belgrand
  • ペルポール通り(Rue Pelleport
    • 19区との区境を東西に走るベルヴィル通りと、途中、メトロ ペルポール駅があるポール=シニャック広場でガンベッタ通りと交差し、ガンベッタ広場から南東に伸びるベルグラン通りとの間を南北に走る。
  • ポルト・ド・ヴァンセンヌ大通り(Avenue de la Porte-de-Vincennes
  • メニルモンタン大通り(Boulevard de Ménilmontant
    • ベルヴィル大通りから続いて、11区と20区との境界線上を走り、ペール・ラシェーズ墓地北西端ペール・ラシェーズ駅があるオーギュスト=メティヴィエ広場 (Place Auguste-Métivier) 交差点を過ぎると、同墓地西側に沿って南北に走り、途中シャロンヌ大通りと名を変え、南側ナシオン広場東側界隈まで伸びてゆく。
  • メニルモンタン通り(Rue de Ménilmontant
    • 11区内のオベルカンフ通りから続いて、メニルモンタン界隈を東西に伸びる通り。北側から順にベルヴィル通り、ランポノー通り、クロンヌ通り、メニルモンタン通り・・と、これらは20区内ベルヴィル界隈を東西に並走する通り。メトロのメニルモンタン駅交差点界隈でぶつかる11区と20区との境界線上を南北に走るベルヴィル大通りは、同交差点からメニルモンタン大通りと名を変え、さらにシャロンヌ大通りと名を変え、ナシオン広場東側界隈まで南側へ続いてゆく。
  • モルティエ大通り(Boulevard Mortier
  • ラニー通り (Rue de Lagny
  • レオン=ゴーモン大通り(Avenue Léon-Gaumont
画像をクリックして拡大

広場・交差点[編集]

画像をクリックして拡大

パリの「広場 (プラス、Place)」は、しばしば2以上の道路が交差する場所に位置し、中心の「島」を道路が周回するロータリー状の交差点となっている場合が多い。中心の「島」部分は、オベリスク緑地等に利用されている場合もあり、凱旋門があるシャルル・ド・ゴール広場は世界的に有名である。20区の広場や交差点には、次のようなものがある。

  • オーギュスト=メティヴィエ広場(Place Auguste-Métivier) - 11区と20区の境界に位置している。
  • ガンベタ広場(Place Gambetta
  • サン=ファルジョー広場(Place Saint-Fargeau
  • ポール=シニャック広場(Place Paul-Signac
  • ポルト=ド=バニョレ広場(Place de la Porte-de-Bagnolet
  • ポルト=ド=モントルイユ広場(Place de la Porte-de-Montreuil
  • マキ=デュ=ヴェルコール広場(Place du Maquis-du-Vercors) - 19区と20区の境界に位置している。
  • レユニオン広場(Place de la Réunion

著名な出身者[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

著名な居住者[編集]

文化[編集]

芸能[編集]

ゆかりの人物[編集]

政治[編集]

文化[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

20区を舞台にした作品[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フランス語の 「20e 」 = 「vingtième 」 は、英語の「twentieth 」 に相当する序数。「第20の」 「20番目の」を意味する。したがって、原語の「20e arrondissement 」を直訳すると「第20区」となる。
  2. ^ レジフランスLégifrance). “地方自治一般法典 (Code Général des Collectivités Territoriales (CGCT))” R2512-1条. 2008年6月26日閲覧.
  3. ^ セーヌ川右岸の地域にあたる。
  4. ^ Pavillon de l'Ermitage
  5. ^ 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方A07・パリ&近郊の町 2007〜2008年版』、ダイヤモンド社、2007年、p.217.
  6. ^ 銀座メゾンエルメス Le Forum「木村伊兵衛のパリ」展 エルメス、2006年10月

参考文献[編集]

  • MICHELIN編、『Plan Atlas 56 – Paris du Nord au Sud – 』、ISBN 978-2-06-710591-1、MICHELIN、2007年 (仏語。パリ市内の詳細地図。)

関連項目[編集]