2000年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2000年オールスターゲーム (日本プロ野球)

2000年のオールスター
Previous: 1999 Next: 2001

試合概要[編集]

20世紀最後のオールスターゲームは前年日本一に輝いた福岡ダイエーホークス王貞治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグ優勝の中日ドラゴンズ星野仙一監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いて戦った。第3戦は当初、7月25日に行われる予定だったが、6月16日に崩御した皇太后良子斂葬の儀が行われたため試合を中止し、7月26日に順延となった。

このオールスターで全セのコーチを務めたのは長嶋茂雄読売ジャイアンツ監督)と権藤博横浜ベイスターズ監督)だった。全パ監督王と長嶋のONコンビがオールスターにユニフォームを着て同時に登場したのは1979年以来のことである。

全セの負けなし3連勝となった。これで全セは1997年の第2戦以来の8連勝を達成(オールスター記録)した。オールスターにおける2年連続3連勝は初めてのことだった。

ドミンゴ・マルティネス読売ジャイアンツ)、レオ・ゴメス中日ドラゴンズ)、ロバート・ローズ横浜ベイスターズ)の3選手が全セの外国人出場選手登録されたために前半戦大活躍したヤクルトスワローズの大砲・ロベルト・ペタジーニが選考から洩れてしまったが、マルティネスが故障によって出場辞退したことでペタジーニが補充された。マルティネス辞退はもう一人の大砲・清原和博(巨人)をも一塁手として補充させる結果になった。しかも補充要員のペタジーニと清原はそれぞれ第1戦、第3戦でMVPを獲る椿事を巻き起こした。

オールスター史に残る記録としては第2戦全パが1イニング7失点をしてしまったことと復活した「お祭り男」清原の前人未到の7度目のMVP受賞である。また、中日ドラゴンズからエディ・ギャラードメルビン・バンチレオ・ゴメスの3人の外国人選手がいずれも初出場しているが、同一球団から3名の外国人選手が同時に初出場を果たしたのは、この年のみである(2011年10月現在)。

なお、第2戦の開催球場となったグリーンスタジアム神戸(現:ほっともっとフィールド神戸)は翌年以降はオールスターゲームは開催されていない。

出場選手[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
監督 星野仙一 中日 監督 王貞治 ダイエー
コーチ 長嶋茂雄 巨人 コーチ 東尾修 西武
権藤博 横浜 仰木彬 オリックス
投手 上原浩治 巨人 2 投手 松坂大輔 西武 2
岩瀬仁紀 中日 吉田修司 ダイエー
バンチ 中日 ペドラザ ダイエー 2
ギャラード 中日 石井貴 西武 3
メイ 巨人 森慎二 西武 2
工藤公康 巨人 8 小倉恒 オリックス
小宮山悟 横浜 7 川越英隆 オリックス 2
川崎憲次郎 ヤクルト 4 小林雅英 ロッテ
高津臣吾 ヤクルト 4 小野晋吾 ロッテ
五十嵐亮太 ヤクルト 岩本ツトム 日本ハム 3
佐々岡真司 広島 5 建山義紀 日本ハム
高橋建 広島 前川勝彦 近鉄
藪恵壹 阪神 6 山村宏樹 近鉄
岡島秀樹 巨人 戎信行 オリックス
遠山奬志 阪神
捕手 古田敦也 ヤクルト 11 捕手 城島健司 ダイエー 4
谷繁元信 横浜 5 日高剛 オリックス
野口寿浩 日本ハム 2
一塁手 マルティネス 巨人 一塁手 石井浩郎 ロッテ 4
二塁手 仁志敏久 巨人 2 二塁手 大島公一 オリックス
三塁手 江藤智 巨人 7 三塁手 中村紀洋 近鉄 4
遊撃手 二岡智宏 巨人 2 遊撃手 松井稼頭央 西武 4
内野手 立浪和義 中日 8 内野手 小久保裕紀 ダイエー 5
ゴメス 中日 小坂誠 ロッテ 3
山﨑武司 中日 2 福浦和也 ロッテ
石井琢朗 横浜 5 小笠原道大 日本ハム 2
ローズ 横浜 4 片岡篤史 日本ハム 5
ペタジーニ ヤクルト 2 松中信彦 ダイエー 2
清原和博 巨人 15
外野手 松井秀喜 巨人 7 外野手 イチロー オリックス 7
高橋由伸 巨人 3 秋山幸二 ダイエー 16
新庄剛志 阪神 4 ローズ 近鉄 4
木村拓也 広島 柴原洋 ダイエー
金本知憲 広島 4
坪井智哉 阪神
指名打者 ボーリック ロッテ
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。
  • 上原浩治は左大腿部肉離れのため出場辞退。
  • 佐々岡真司は左側腹部肉離れのため出場辞退、代わりに遠山奬志が選出。
  • 江藤智は左肋軟骨損傷のため出場辞退、代わりに清原和博が選出。
  • マルティネスは腹筋損傷のため出場辞退、代わりにペタジーニが選出。
  • 川越英隆は腰椎椎間板症のため出場辞退、代わりに戎信行が選出。
  • 石井浩郎は左手橈骨遠位端骨折のため出場辞退、代わりに松中信彦が選出。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

7月22日 東京ドーム 開始18:31(試合時間:2時間58分) 観衆数/40,917人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 1 0 0 1 0 0 1 1 4 8 1
全セ 0 1 0 0 3 0 0 1 X 5 9 1
  1. パ : 岩本)、●建山(日)、吉田)、石井貴西)、ペドラザ(ダ)-城島(ダ)、野口(日)
  2. セ : メイ)、五十嵐)、○高橋建()、岡島(巨)、S高津(ヤ)-古田(ヤ)
  3. : 高橋建(1勝)  : 建山(1敗)  S: 高津 (1S)  
  4. :  パ – 小久保(ダ)1号(ソロ・岡島)  セ – ペタジーニ(ヤ)1号(ソロ・岩本)・2号(ソロ・ペドラザ)、ローズ)1号(2ラン・建山)
  5. 審判:球審…栄村(パ)、塁審…佐々木(セ)・(パ)・(セ)、外審…良川(パ)・小林毅(セ)

オーダー[編集]

パシフィック
打順守備選手
1[中]イチロー
2[遊]松井稼頭央
3[二]小久保裕紀
4[三]中村紀洋
5[指]ボーリック
6[左]タフィローズ
7[一]小笠原道大
8[捕]城島健司
9[右]秋山幸二
[投]岩本ツトム
セントラル
打順守備選手
1[右]高橋由伸
2[遊]石井琢朗
3[二]ロバートローズ
4[中]松井秀喜
5[一]ペタジーニ
6[指]ゴメス
7[左]金本知憲
8[捕]古田敦也
9[三]仁志敏久
[投]メイ
MVP
ロベルト・ペタジーニ(ヤクルト)

第2戦[編集]

7月23日 グリーンスタジアム神戸 開始18:37(試合時間:2時間52分) 観衆数/28,538人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全セ 3 0 1 0 1 0 0 7 0 12 18 1
全パ 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 7 0
  1. セ : ○藪()、遠山(神)、バンチ)、岩瀬(中)、ギャラード(中)-谷繁(横)
  2. パ : ●松坂(西)、前川)、)、小林)、(西)-日高(オ)、野口
  3. : (1勝)  : 松坂(1敗)  
  4. :  セ – 松井(巨)1号(2ラン・小林)
  5. 審判:球審…森(セ)、塁審…東(パ)・小林毅(セ)・良川(パ)、外審…佐々木(セ)・栄村(パ)

オーダー[編集]

セントラル
打順守備選手
1[左]坪井智哉
2[三]立浪和義
3[中]新庄剛志
4[一]ペタジーニ
5[指]山﨑武司
6[右]高橋由伸
7[二]木村拓也
8[捕]谷繁元信
9[遊]二岡智宏
[投]藪恵壹
パシフィック
打順守備選手
1[右]イチロー
2[遊]松井稼頭央
3[指]松中信彦
4[三]中村紀洋
5[一]片岡篤史
6[左]タフィローズ
7[二]大島公一
8[中]柴原洋
9[捕]日高剛
[投]松坂大輔
MVP
山﨑武司(中日)

第3戦[編集]

7月26日 長崎ビッグNスタジアム 開始18:31(試合時間:2時間52分) 観衆数/17,929人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全セ 0 1 0 1 1 0 5 1 0 9 13 1
全パ 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 6 1
  1. セ : ○工藤(巨)、川崎(ヤ)、小宮山(横)、岡島、五十嵐、高橋建-古田、谷繁
  2. パ : ●小野(ロ)、山村(近)、小倉(オ)、小林、石井貴、森、ペドラザ-城島、野口
  3. : 工藤(1勝)  : 小野(1敗)  
  4. :  セ – 清原(巨)1号(ソロ・小野)、坪井(神)1号(3ラン・石井)、新庄(神)1号(ソロ・森)  パ – イチロー(オ)1号(3ラン・五十嵐)
  5. 審判:球審…良川(パ)、塁審…小林毅(セ)・栄村(パ)・佐々木(セ)、外審…東(パ)・森(セ)

オーダー[編集]

セントラル
打順守備選手
1[中]新庄剛志
2[捕]古田敦也
3[二]ロバートローズ
4[右]松井秀喜
5[一]清原和博
6[左]金本知憲
7[三]ゴメス
8[指]山﨑武司
9[遊]二岡智宏
[投]工藤公康
パシフィック
打順守備選手
1[中]イチロー
2[遊]松井稼頭央
3[一]中村紀洋
4[三]小久保裕紀
5[捕]城島健司
6[指]ボーリック
7[右]秋山幸二
8[左]タフィローズ
9[二]大島公一
[投]小野晋吾
MVP
清原和博(巨人)

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:7月22日
  • 第2戦:7月23日
  • 第3戦:7月26日

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:7月22日
  • 第2戦:7月23日
  • 第3戦:7月26日

脚注[編集]

  1. ^ ホームラン競争などの総合司会は梅田淳(当時関西テレビアナウンサー)が担当

関連項目[編集]