2000年の西武ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2000年の西武ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ2位
69勝61敗5分 勝率.531[1]
本拠地
都市 埼玉県所沢市
球場
西武ドーム
Seibu Dome September-10 2007-1.jpg
球団組織
オーナー 堤義明
経営母体 西武鉄道
監督 東尾修
« 1999
2001 »

2000年の西武ライオンズ(2000ねんのせいぶライオンズ)では、2000年西武ライオンズの動向をまとめる。

この年の西武ライオンズは、東尾修監督の6年目のシーズンである。

概要[編集]

前年、チーム得点リーグ最下位となり貧打に苦しんだ西武は、メジャーでも実績のあるトニー・フェルナンデスレジー・ジェファーソンを獲得。打撃陣の強化でシーズンに挑むが、ジェファーソンは期待に応えられず9月に退団。鈴木健高木大成の不振、さらに大友進の怪我離脱が響きチーム打率のリーグ最下位となり、結局貧打を解消することが出来なかった。投手陣は松坂大輔西口文也石井貴が2ケタ勝利、リーグ1位の防御率を記録しこの年も充実ぶりが見られた。シーズンは投手力を持ち味に発揮し、開幕からダイエーオリックスと激しい首位争いを演じ、8月末には西武が抜け出し優勝に大きく近づいたが、大事な9月に9連敗を喫してしまう。この間ダイエーとの3連戦を全て落としてしまいこれが大きく響き結局2年連続で優勝を逃した。シーズン終了後、西武は打撃陣強化のため前近鉄監督の佐々木恭介をヘッド兼打撃コーチに招聘した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 大友進
2 松井稼頭央
3 フェルナンデス
4 ジェファーソン
5 鈴木健
6 高木大成
7 垣内哲也
8 伊東勤
9 高木浩之
投手 松坂大輔
2000年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 日本ハム -- 西武 -- 西武 -- ダイエー -- 西武 -- ダイエー --
2位 西武 0.5 オリックス ダイエー 0.0 西武 0.5 日本ハム 2.5 西武 2.5
3位 オリックス ダイエー 2.0 日本ハム 1.5 オリックス 2.5 ダイエー 3.0 日本ハム 4.5
4位 ダイエー 2.0 日本ハム 4.0 オリックス 2.0 日本ハム 4.5 オリックス 6.0 オリックス 8.0
5位 近鉄 6.0 近鉄 7.0 近鉄 6.5 ロッテ 6.5 ロッテ 10.5 ロッテ 9.0
6位 ロッテ 9.0 ロッテ 8.0 ロッテ 8.0 近鉄 10.0 近鉄 14.0 近鉄 15.0
2000年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ダイエーホークス 73 60 2 .549 -
2位 西武ライオンズ 69 61 5 .531 2.5
3位 日本ハムファイターズ 69 65 1 .515 4.5
4位 オリックス・ブルーウェーブ 64 67 4 .489 8.0
5位 千葉ロッテマリーンズ 62 67 6 .481 9.0
6位 大阪近鉄バファローズ 58 75 2 .436 15.0

オールスターゲーム2000[編集]

  • コーチ
東尾修
  • ファン投票
松坂大輔
松井稼頭央
  • 監督推薦
石井貴
森慎二

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
松坂大輔 最多勝利 14勝 2年連続2度目
最多奪三振 144個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
松坂大輔 投手 2年連続2度目
松井稼頭央 遊撃手 4年連続4度目
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
松坂大輔 投手 2年連続2度目
センチュリーベストナイン
選手名 ポジション 備考
江夏豊 投手 球団OB
松井稼頭央 遊撃手

ドラフト[編集]

網掛けの選手は逆指名による入団

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 大沼幸二 投手 プリンスホテル 入団
2位 三井浩二 投手 新日本製鐵広畑 入団
3位 帆足和幸 投手 九州三菱自動車 入団
4位 佐藤友亮 外野手 慶應義塾大学 入団
5位 中島裕之 内野手 伊丹北高 入団
6位 野田浩輔 捕手 新日本製鐵君津 入団
7位 水田圭介 内野手 プリンスホテル 入団
8位 福井強 投手 プリンスホテル 入団

出典[編集]