2000年リトアニア議会選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2000年リトアニア議会選挙(2000ねんリトアニアぎかいせんきょ)は、リトアニア共和国立法府であるセイマスの議員を選出するため2000年10月8日に行われた議会選挙である。この選挙では、ブラザウスカス率いるリトアニア社会民主党(LSDP)を中心とした政党連合・選挙連合が勝利をおさめた。

選挙データ[編集]

  • 定数:141議席
    • 小選挙区:71議席
    • 比例代表:70議席
  • 選挙制度小選挙区比例代表並立制(2票制)
    • 小選挙区:第1回投票で得票の過半数を得た候補者がいた場合、当選が確定する。過半数を得た候補がいなかった場合は、2週間後に上位2名の候補者による決選投票が行われ、1位になった候補が当選する(2回投票制)。
    • 比例代表区:最大譲与ヘア基数式で議席配分されるが、阻止条項として最低でも得票5%(政党連合の場合は7%)以上を確保する必要がある。非拘束名簿式で5位までの選好投票が可能。

選挙結果[編集]

  • 投票日:2000年10月8日
  • 登録有権者数:2,623,621名(比例代表)
  • 投票率
    • 小選挙区:58.63%
    • 比例代表:58.67%
  • 有効得票総数:1,471,421票(比例代表)
2000年リトアニア議会議員選挙の結果[1]
# 政党連合 政党名 得票(比例) 議席









1 アルギルダス・ブラザウスカス
社会民主連合
(ABSK)
リトアニア民主労働党 (LDDP) 457,294 31.1 13 14 51
リトアニア社会民主党 (LSDP) 11 7
リトアニア・ロシア人連合 (LRS) 3 -
新民主党 (NDP) 1 2
2 新同盟(社会自由党) (NS) 288,895 19.6 17 11 28
3 リトアニア自由〔リベラル〕連合 (LLS) 253,824 17.3 15 18 33
4 祖国同盟 (TS-LK) 126,850 8.6 8 1 9
5 キリスト教民主連合 (KDS) 61,583 4.2 - 1 1
6 リトアニア農民党 (LVP) 60,040 4.1 - 4 4
7 リトアニア・キリスト教民主党 (LKDP) 45,227 3.1 - 2 2
8 リトアニア中道連合 (LCS) 42,030 2.9 - 2 2
9 穏健保守連合 (NKS) 29,615 2.0 - 1 1
10 リトアニア・ポーランド人選挙活動 (LLRA) 28,641 2.0 - 2 2
11 リトアニア自由〔フリーダム〕連合 (LLaS) 18,622 1.3 - 1 1
12 「若きリトアニア」・新民族主義・政治犯連合 (JL) 16,941 1.2 - 1 1
13 現代キリスト教民主連合 (MKDS) - - - 1 1
無所属 - - - 3 3
  70 71 141

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kjetil Duvold, "Making Sense of Baltic Democracy. Public Support and Political Representation in Nationalising States," Universitetsbiblioteket, 2006. p.396.; "Elections to the Seimas of the Republic of Lithuania 2000." リトアニア選挙管理委員会ホームページ. 2009年6月30日閲覧.; 「リトアニアの選挙・政党データ」(xlsファイル)仙石学.『ポスト社会主義国の選挙・政党データ(ベータ版)