2000年J2最終節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2000年J2最終節2000ねん J2さいしゅうせつ)とは、2000年11月19日に行われた日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)ディビジョン2第44節のことを指す。

本項目では特に、Jリーグ ディビジョン1 (J1) 昇格の最後の椅子を争った浦和レッドダイヤモンズ(浦和)と大分トリニータ(大分)のそれぞれの試合について記す。

なお、正式には「J2からJ1への昇格」はリーグ終了後のJリーグ理事会での協議で決定するが、2011年までに成績条件を満たしたクラブが理事会でJ1昇格が否決されたケースがないため、便宜上「J2で2位以内(成績条件)=J1昇格」として扱うものとする。

最終戦までの経緯[編集]

二部制導入2シーズン目となった2000年のJリーグ ディビジョン2 (J2) は、前シーズンのJ1年間最下位に沈んだ湘南ベルマーレ(湘南、「ベルマーレ平塚」から改称)と、前年のJ1最終節で無念の降格となってしまった浦和の降格2チームに、前年の日本フットボールリーグ (JFL) で3位に入り昇格した水戸ホーリーホック(水戸)[注 1] を加えた11クラブによる4回戦総当たり(各チーム40試合、全44節)により行われた。

J1昇格争いは、降格にもかかわらず主力がほとんど残留し「1年でのJ1復帰」を至上命令に掲げた浦和、前シーズン勝ち点差1により昇格を逃した大分、そしてワールドカップフランス大会日本代表監督であった岡田武史体制2年目となったコンサドーレ札幌(札幌)の3チームによる争いとなった。

シーズン開幕当初は浦和が連勝を続けるが、リーグ戦だけで40試合という長丁場に加え、J1に比較して整わない競技環境や守備重視のJ2特有の戦術に苦しみ、さらにこの年の夏に行われたシドニーオリンピックの関係などから、徐々にそのペースを落としていった。その一方で、札幌は有珠山の火山活動が活発化した関係から室蘭市入江運動公園陸上競技場でのホームゲームが延期・会場変更になるなど日程変更を余儀なくされるも、この年J2得点王に輝いたFWエメルソンの決定力が光り、第2クールを全勝で折り返すと、7月29日に札幌厚別公園競技場で行われた浦和戦を2-1で勝利し、17試合無敗(16勝1分)[注 2]を達成するなど、中盤以降は他チームを引き離して独走状態となった[2]

そして大分はこのシーズン、なかなか成績が上がらない状況にあった。FWヴァルディネイの退団により獲得したFWルシアノが戦術にあわず、FWアンドラジーニャガンバ大阪(J1)から移籍させるといった按配であった。しかしその甲斐もあり、少しずつ成績は上向いていった。

札幌が昇格への勝ち点を6とした10月3日、浦和はゼネラルマネージャー横山謙三が総監督として現場復帰、斉藤和夫監督に代わってチームの実質的な指揮を執ることを発表(斉藤監督自身は監督の肩書きのままクラブに残留)し、1年でのJ1復帰をなんとしても果たすべく動き出した。

10月21日、札幌は湘南戦(平塚競技場)で3-0と勝利し2シーズン振りのJ1昇格を決定。29日の大宮アルディージャ(大宮)戦(札幌厚別公園競技場)を2-0と勝利し、4試合を残してJ2優勝を決めた。

これによりJ1昇格の座は残りひとつとなったが、その行方は最終節まで持ち越しとなった。

最終節[編集]

概要[編集]

最終節、昇格の可能性を持つのは浦和と大分の2チームに絞られており、両チームの対戦カードは以下の通りとなった。

両カードとも昇格を争うチームのホームゲームとなり、共に「埼玉九州」の対決となった。

第47節終了時順位表(一部)
順位 クラブ 試合 勝点 勝利 (90分勝) (延長勝) 引分 敗戦 得失点差 得点 失点
2 浦和レッズ 39 80 27 (23) (4) 3 9 +41 80 39
3 大分トリニータ 39 78 25 (25) (0) 3 11 +41 79 38

両チームの勝ち点差はわずかに2で得失点差は同じ+41。当時はリーグ戦でもVゴール方式が採用されており、勝ち点の配分は「90分勝ち:3、延長(Vゴール)勝ち:2、引き分け:1」であったため、最終戦の結果による昇格クラブは、以下のようになった。

浦和
90分勝(83) V勝(82) 分(81) 負(80)

90分勝(81) 浦和 浦和 大分 大分
V勝(80) 浦和 浦和 浦和 大分
分(79) 浦和 浦和 浦和 浦和
負(78) 浦和 浦和 浦和 浦和

浦和にとっては、90分でもVゴールでもとにかく勝てば昇格確定、一方の大分は勝ちさえすれば望みをつなぐことが出来る立場にあった。

前半[編集]

11月中旬。日差しは強いものの肌寒さも感じるデイライトマッチは午後1時にキックオフ。追いかける大分に対し、追われる浦和という構図ではあったが、ともに最終戦での決戦を2年連続してホームグラウンドで迎えるとあって、昇格を願う多くのサポーターがそれぞれのスタンドに詰め掛けた。

大分はGK前川和也、MF山根巌を欠くも、ほかは通常のメンバーが出場。開始直後は大宮ペースであったがアンドラジーニャを中心とした攻撃で大宮ゴールに何度も攻めあがり、セットプレーでチャンスを何度も掴むも決めることができずにいた。

一方の浦和はこのシーズン最多となる20,207人もの観客を集め、鳥栖を相手にほぼベストメンバーで望んでいた。順当に行けば早い段階で得点を決めて有利に試合を支配するものと思われていたが、このシーズン4度目の対戦はそれまでが2勝1敗ということもあって研究されていたのか、非常に厳しい試合展開を強いられていた。

そして大分、駒場ともに、どのチームも得点することなく前半終了となった。

大分 0 – 0 大宮
浦和 0 – 0 鳥栖

後半[編集]

メンバーをともに一人ずつ交代した浦和と鳥栖の対戦は、後半開始早々に試合が動く。浦和は後半開始からFW福永泰を投入して2トップにフォーメーション変更。これが的中し、投入されたばかりのFW福永が起点となりFWアジエルがゴールを決め先制。記録上は45分(後半0分)でのゴールとなり、まさに電光石火の早業であった。

大分 0 – 0 大宮
浦和 1 – 0 鳥栖

これにより浦和が一歩リードをしたが、自らのミスによりそれも束の間の出来事となった。52分、浦和のGK西部洋平が目の前に来たボールをパンチングしようとしてゴールエリアの前方に出てきたが、DF西野努がヘディングをしてしまい、無人の浦和ゴール前に飛んだボールを鳥栖のFWルシアノに胸で押し込まれ、同点ゴールを決められてしまう。試合は瞬く間に振り出しに戻った。大分に途中入団したものの、わずか7試合の出場で登録抹消・移籍となったブラジル人選手が決めた一撃は、古巣に贈る援護になるかと思われた。

大分 0 – 0 大宮
浦和 1 – 1 鳥栖

その大分は、対戦相手の大宮ともども前半終了時と同じメンバーで試合再開。一進一退の攻防が続いていたが、62分、大分のMF竹村栄哉が左足で上げたクロスボールは中央に詰めていたMF加賀見健介のヘディングを経てゴールとなり、大分が待望の先制点を挙げる。

のちにルポタージュ「秋天の陽炎」の題材になった前年の最終戦でゴールを決めそこねJ1昇格を逃した竹村栄哉が、それにより昇格を決めることができたFC東京の選手であった加賀見健介へ送ったボールで、大分の悲願に夢をつなぐことになったが、事態はさらに大きな局面を迎えることになった。

大分 1 – 0 大宮
浦和 1 – 1 鳥栖

大分に先制ゴールが生まれたまさにその直後の63分、浦和DFフェルナンド・ピクンの軽率なプレーによる鳥栖FW石谷吾一の突破をフォローすべく、DF室井市衛が石谷をペナルティエリア内で倒してしまい、室井は一発退場、鳥栖にPKのチャンスが与えられる。これにより浦和は絶体絶命のピンチとなった。

鳥栖のキッカー・ルシアノの蹴ったボールは浦和のキーパーの逆を突くものの、ゴール右ポストに当たるとピッチに跳ね返り、あわてたルシアノが再度キックする[注 3]もクロスバーを越えていった。決まっていれば大分への恩返しになるはずのPKを失敗し、試合の流れは再び混沌となった。

その後はどのチームも得点することなく後半が終了。大分は対大宮戦4戦全勝で終え、この時点では勝ち点で浦和を1点上回り暫定2位浮上、あとは延長に突入した駒場の結果を待つことになった。

大分 1 – 0 大宮(試合終了)
浦和 1 – 1 鳥栖

延長前半[編集]

大分の勝利により、浦和のJ1復帰はVゴール勝ちが必須となった。引き分けでは大分と勝ち点で並ぶが得失点差で下回ってしまう。

浦和は後半戦の退場により一人少ないが、得点をあげるためにDFピクンを下げ、FW 岡野雅行を投入する。前がかりの攻撃にはなったが、延長Vゴール方式のため、先手一撃を狙っての投入である。岡野はインターバルの間にひとりピッチに登場し、猛ダッシュを繰返し、味方選手・サポーターを鼓舞した。これで浦和サイドの雰囲気が盛上がり、延長戦時点で一人多いはずの鳥栖の選手は明らかに怯み、ボールが足につかない状態となった。

そして延長開始から5分、浦和はセットプレーのチャンスを得る。FKは壁に弾かれるが、勢いを持ったこぼれ玉が途中出場の土橋正樹に渡る。体でワントラップしたあとの25m近いミドルシュートが左足から放たれ、これがネットに突き刺さって歓喜のVゴールとなった。

大分 1 – 0 大宮(試合終了)
浦和 2v – 1 鳥栖(試合終了)

1年前の最終試合でのFW福田正博の「世界で一番悲しいVゴール」もむなしくJ2へと陥落した浦和はこの日、そのときと同じ競技場で同じ延長Vゴールにより1年でのJ1復帰を果たした。対する大分は2年連続でわずか勝ち点1及ばず3位となった。

最終節終了時順位表(一部)
順位 クラブ 試合 勝点 勝利 (90分勝) (延長勝) 引分 敗戦 得失点差 得点 失点
2 浦和レッズ 40 82 28 (23) (5) 3 9 +42 82 40
3 大分トリニータ 40 81 26 (26) (0) 3 11 +42 80 38

試合データ[編集]

2000年11月19日
13:04
大分トリニータ 1 - 0 大宮アルディージャ
加賀見健介 62分にゴール 62分 公式データ
大分市営陸上競技場
観客数: 7,631人
主審: 砂川恵一
大分トリニータ
GK 21 小山健二
DF 02 三木隆司
DF 03 村田一弘
DF 04 吉村寿洋
MF 05 シジクレイ
MF 06 若松大樹 76分に交代退場 76分
MF 22 加地亮 86分に交代退場 86分
MF 28 加賀見健介
MF 30 竹村栄哉
FW 09 アンドラジーニャ 89分に交代退場 89分
FW 31 吉田孝行
サブメンバー
GK 17 吉坂圭介
MF 14 瀬戸春樹 86分に交代出場 86分
MF 15 梅田高志 76分に交代出場 76分
MF 07 川崎元気 89分に交代出場 89分
FW 13 庄司孝
監督
石崎信弘
大宮アルディージャ
GK 01 白井淳
DF 19 上村祐司
DF 02 奥野誠一郎 73分に交代退場 73分
DF 04 浮氣哲郎
DF 05 岡本隆吾
MF 17 宮下真洋 30分に警告 30分
MF 07 氏家英行 60分に交代退場 60分
MF 10 マーク
MF 06 原崎政人 73分に交代退場 73分
FW 09 野口幸司
FW 11 磯山和司
サブメンバー
GK 20 渡辺英豊
DF 03 ヤン
MF 15 斉藤雅人 60分に交代出場 60分
MF 26 星大輔 73分に交代出場 73分
FW 16 小阪昭典 73分に交代出場 73分
監督
三浦俊也

2000 Jリーグ ディビジョン2 第44節第1日
2000年11月19日
13:04
浦和レッズ 2v - 1
(延長)
サガン鳥栖
アジエル 45分にゴール 45分
土橋正樹 95分にゴールデンゴール 95分
公式データ ルシアノ英語版 52分にゴール 52分
浦和市駒場スタジアム
観客数: 20,207人
主審: ルー・ジュン
浦和レッズ
GK 16 西部洋平
DF 21 室井市衛 64分に退場 64分
DF 03 ピクン 90分に交代退場 90分
DF 12 西野努
MF 02 山田暢久
MF 05 石井俊也
MF 20 阿部敏之
MF 33 路木龍次 45分に交代退場 45分
FW 35 アジエル
FW 08 小野伸二
FW 13 大柴健二 70分に交代退場 70分
サブメンバー
GK 17 安藤智安
MF 04 土橋正樹 70分に交代出場 70分
FW 10 福永泰 45分に交代出場 45分
FW 07 岡野雅行 90分に交代出場 90分
FW 34 クビツァ
総監督
横山謙三
サガン鳥栖
GK 01 高嵜理貴
DF 12 佐藤陽彦
DF 04 川前力也 77分に警告 77分
DF 05 松田考功
MF 02 有村光史 75分に交代退場 75分
MF 27 三原廣樹 60分に警告 60分
MF 26 矢部次郎
MF 14 島岡健太
MF 10 中村伸 45分に交代退場 45分
FW 28 ルシアノ英語版
FW 19 石谷吾一 72分に交代退場 72分
サブメンバー
GK 21 山口哲治
DF 13 井原康秀
MF 06 小林悟 72分に交代出場 72分
MF 07 佐藤大実 45分に交代出場 45分
FW 09 片渕浩一郎 75分に交代出場 75分
監督
高祖和弘

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この当時、JFLからJ2への昇格は「JFL2位以内」が条件だったが、前年優勝の横浜FCが特例措置により参加した「JFL準会員」だったため、「正会員で2位」の水戸のJリーグ入会(J2昇格)が認められた。詳細は第1回日本フットボールリーグの項目参照。
  2. ^ 当時は引き分けを挟んでも連勝記録として認定されていた為、J2記録となる「16連勝」として記録されていた。2005年に規定が改められ[1]「14連勝+1勝1分け」とされている(これでもJ2記録であった)。
  3. ^ ただし、この二度目のキックがゴールに入っても得点は認められない(PKのキッカーが、他の選手がボールに触れる前に再度ボールに触れたため。サッカー競技規則第14条「ペナルティキック」に記述あり[3])。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Jリーグ 公式戦における「連勝・連敗」の定義について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2005年5月17日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00000656.html 2012年7月3日閲覧。 
  2. ^ J2 札幌優勝、浦和とともにJ1昇格 - JリーグニュースNo.67(2000年11月30日)、Jリーグ公式サイト内。
  3. ^ サッカー競技規則 (PDF) p.45。資料は2011-12年版だが、このルールは改訂されていない。

関連項目[編集]