2000TD型ホバークラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グリフォン2000TDX Mk.II
リトアニア国境警備隊沿岸警備部隊の保有艇

2000TD型ホバークラフト(Griffon 2000TD)は、イギリスのグリフォン・ホバークラフト社(現:グリフォン・ホバーワーク英語版社)の開発したホバークラフトである。軍用型と民間商用型が存在している。

用途としては、揚陸、警備、旅客輸送、救難、開発支援などが想定されている。

概要[編集]

イングランド南岸ハンプシャーに拠点を置くグリフォン・ホバーワーク英語版は、40年にわたりホバークラフトの開発、製造、販売を行っている。また同社は、ホバークラフトに始めてターボディーゼルエンジンを搭載したことでも知られる。

1990年代初頭に開発された2000TDシリーズは、1970年代から軍用・商用の両方で広く用いられていたブリティッシュ・ホバークラフト SR.N6英語版に比べるとわずかに小型で、また大幅に軽量化されていた。ほぼ全ての構造材がアルミ製となった2000TCXシリーズはSR.N6の約半分の重量となっている。

2008年には改良型の2400TDが開発された。このモデルは従来機種に比べ速度、積載量が増大し、また障害物を乗り越えられる高さも大きくなっている。

軍用型採用国[編集]

イギリス海兵隊のLCAC(L)型エア・クッション型揚陸艇

要目[編集]

グリフォン・ホバークラフト社による基本的な数値であり、採用者により細部は異なる

  • 全長 12.7m
  • 全幅 6.1m
  • 全高 3.93m
  • 乗員 1名
  • 乗客 20~25名
  • 積載量 2.2t
  • 稼働時間 10時間
  • 燃費 毎時45リットル
  • 速力 最大積載時に最高35ノット
  • 機関 ドイツAG社製ディーゼルエンジン1基、出力330Kw
  • 限界乗越え高 0.73m
  • 最大波高 1.2m