2001年のインディカー・シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2001年のインディカー・シリーズは、インディカー・シリーズの6年目のシーズンとなる。

CART有力チームのインディ500参戦がこの年も増え、チーム・ペンスキーチーム・グリーン(この年はマイケル・アンドレッティのみ)が新たに参戦(ペンスキーは開幕戦フェニックスにもテスト参戦)。またチップ・ガナッシ・レーシングは当時CARTルーキーで経験という壁があったブルーノ・ジュンケイラとニコラス・ミナシアンのCARTレギュラーに加え、前年でチームを離れたジミー・バッサーとNASCARに転向していたトニー・スチュワートをスポット起用し4台体制でインディ500に臨んだ。

結果、この年もCARTからの参戦組であるペンスキーのエリオ・カストロネベスがインディ500デビューウィンを果たした。しかし、ホームステッド/マイアミやゲートウェイなどCARTで開催されていたオーバルコースがこの年からIRLで開催されるようになるなど、変化を見せ始めた勢力図を察知したペンスキーは翌シーズンからチームのCART撤退とIRLフル参戦を発表したのだった。

その他のトピックとしては、

  • 服部茂章が日本人初のIRLフル参戦を果たしたが、上位にはなかなか上がれず、インディ500では予選落ちを喫した
  • 女性ドライバーサラ・フィッシャーが第2戦のホームステッド/マイアミで2位に入る健闘を見せるが、こちらもそれ以外では上位にあがることはなかった
  • 前々シーズンのチャンピオングレッグ・レイは1勝をあげるがそれ以外のレースは服部やフィッシャーにも及ばない結果となり、シーズン途中でチームを解雇された
  • そのレイの代わりにメナードのドライバーとなったジャック・ラジアーが第12戦シカゴランドで初勝利。兄のバディ・ラジアーと共に兄弟での優勝者誕生となった。
  • オールズモビル・オーロラブランドで参戦していたGMは、オールズモビルのブランド名消滅が決定したことにより翌年からシボレーブランドでの参戦となった

開催地及び勝者

  開催日 開催コース コース種別 勝者 チーム シャシー/エンジン
1 3月18日 アメリカ合衆国の旗 フェニックス オーバル サム・ホーニッシュJr. パンサー ダラーラ/オーロラ
2 4月8日 アメリカ合衆国の旗 ホームステッド/マイアミ オーバル サム・ホーニッシュJr. パンサー ダラーラ/オーロラ
3 4月29日 アメリカ合衆国の旗 アトランタ オーバル グレッグ・レイ メナード ダラーラ/オーロラ
4 5月27日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス
インディ500
オーバル エリオ・カストロネベス ペンスキー ダラーラ/オーロラ
5 6月9日 アメリカ合衆国の旗 テキサス オーバル スコット・シャープ ケリー ダラーラ/オーロラ
6 6月17日 アメリカ合衆国の旗 パイクスピーク オーバル バディ・ラジアー ヘメルガン ダラーラ/オーロラ
7 6月30日 アメリカ合衆国の旗 リッチモンド オーバル バディ・ラジアー ヘメルガン ダラーラ/オーロラ
8 7月8日 アメリカ合衆国の旗 カンザス オーバル エディ・チーバー チーバー ダラーラ/インフィニティ
9 7月21日 アメリカ合衆国の旗 ナッシュビル オーバル バディ・ラジアー ヘメルガン ダラーラ/オーロラ
10 8月12日 アメリカ合衆国の旗 ケンタッキー オーバル バディ・ラジアー ヘメルガン ダラーラ/オーロラ
11 8月26日 アメリカ合衆国の旗 ゲートウェイ オーバル アル・アンサーJr. ギャレス Gフォース/オーロラ
12 9月2日 アメリカ合衆国の旗 シカゴランド オーバル ジャック・ラジアー メナード ダラーラ/オーロラ
13 10月6日 アメリカ合衆国の旗 テキサス オーバル サム・ホーニッシュJr. パンサー ダラーラ/オーロラ


ポイントランキング(トップ10および日本人)

優勝から10位までは順に50-40-35-32-30-28-26-24-22-20のポイントが与えられ、それ以下は1ポイントずつ減少し(29位以下はすべて1ポイント)、最多リードラップに2ポイントのボーナスポイントを総合しタイトルが争われた。

順位 名前(勝利数) 参戦 ポイント
1 サム・ホーニッシュJr.(3) 13 503 -
2 バディ・ラジアー(4) 13 398 105
3 スコット・シャープ(1) 13 355 148
4 ビリー・ボート 13 313 190
5 エリセオ・サラザール 13 308 195
6 フェリペ・ジャフォーネ 13 304 199
7 アル・アンサーJr.(1) 13 287 216
8 エディ・チーバー(1) 13 261 242
9 バズ・カルキンズ 13 242 261
10 アイルトン・ダーレー 13 239 264
13 服部茂章 12 215 288

トップチームのパンサーに抜擢されたホーニッシュJr.が開幕2連勝のあとは安定して上位に入り、勝利数では上回ったバディ・ラジアーをも大差で引き離し、チャンピオンに輝いた。


今日は何の日(12月10日

もっと見る