2001年の日本競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

< 2001年 | 2001年のスポーツ

概要[編集]

馬齢表記の変更[編集]

2000年まで数え年で表記された馬齢表記を、国際的な表記である満年齢に変更[1]。 これに伴い、朝日杯3歳ステークス→朝日杯フューチュリティステークス阪神3歳牝馬ステークス→阪神ジュベナイルフィリーズ等、馬齢を表記した競走名が変更された。

クラシックに外国産馬出走[編集]

この年よりクラシックレースのうち東京優駿(日本ダービー)、菊花賞に2頭ずつ外国産馬が出走可能となった。

東京優駿にはNHKマイルカップを勝ったクロフネ青葉賞を勝ったルゼルが出走。クロフネは5着、ルゼルは14着に終わる。 菊花賞には神戸新聞杯を勝ったエアエミネムが出走し、3着。 2004年までに5大クラシック全競走に外国産馬の出走枠が設けられ、2008年には最大7頭にまで拡大されているが、2012年時点終了で外国産のクラシックホースはローブデコルテ2007年優駿牝馬)のみである。

地方競馬の廃止相次ぐ[編集]

大分県中津競馬場は経営不振に陥っており、このためこの年2月に中津市が廃止を決定した。本来は6月末での廃止の予定であったが、4月に入って着順判定写真の業者との契約問題が解決せず、開催が不能となったため、4月6日に2か月前倒しの廃止が決まった[2]

また、11月5日には、新潟県競馬組合の管理者である平山征夫知事が新潟県競馬(新潟競馬場三条競馬場)を2001年度限りで廃止、同組合を解散すると発表。栃木県宇都宮市も同年限りで宇都宮競馬場での開催を中止している[2]

日本調教馬の海外での活躍[編集]

国内外の国際競走で日本調教馬の活躍が目立った。3月にはトゥザヴィクトリーが世界最高賞金額レースであるドバイワールドカップにて牝馬として初めて賞金圏内に入線、同日のドバイシーマクラシックではステイゴールドワールドレーシング・チャンピオンシップの前年度チャンピオン・ファンタスティックライトを破る快挙を達成。11月にはジャパンカップ開催21年目にして初めて日本調教馬が掲示板を独占。12月の香港国際競走では同日に開催された3つの国際G1全てを日本調教馬が勝利した。

できごと[編集]

1月 - 3月[編集]

4月 - 6月[編集]

7月 - 9月[編集]

  • 7月2日 - 国際セリ名簿基準委員会により、宝塚記念が国際GIに、京王杯スプリングカップ毎日王冠が国際GIIに認定される[7]
  • 7月4日 - 川崎競馬の佐々木竹見の引退を前に、全国の騎手を招待して「佐々木竹見引退記念全国騎手交流競走」が行われる。競走は2回行われ、ともに佐々木が優勝した。佐々木は7月8日に7,151勝の記録とともに引退[7]
  • 7月14日 - 新潟競馬場が左回りへの改装、日本初の直線芝1000mのコースを新設して大規模な改装を施し新装オープン。NiLS21ステークスではツジノワンダーが芝2000mの日本レコードタイム[注 2]となる1分56秒4を記録[7]
  • 7月16日 - 日本中央競馬会の事務所が東京都港区六本木に移転する[7]
  • 7月18日
    • 田原成貴が、管理馬フジヤマハクザンの耳に小型発信機を装着していた事が発覚[8]
    • 姫路競馬第2競走(11頭立て)で、最低11番人気が1着となり同馬に対する単勝式馬券の配当が日本競馬史上最高となる20万5760円を記録。
  • 7月29日 - 河内洋が史上3人目の通算2000勝を達成。史上最年少・最速で達成。
  • 8月19日 - セイウンスカイの引退式が札幌競馬場で行われる[7]
  • 9月2日 - 中央競馬の騎手安田富男の引退式が新潟競馬場で行われる[7]
  • 9月14日 - JRAは、7月18日に発覚した発信機の事件に関して田原成貴に過怠金50万円の処分を行ったことを発表[8]
  • 9月30日 - アグネスタキオンの引退式が阪神競馬場で行われる[7]

10月 - 12月[編集]

競走成績[編集]

中央競馬・平地GI[編集]

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 勝時計
第18回フェブラリーステークス ノボトゥルー 牡5 O.ペリエ 森秀行 JRA栗東
2月18日 東京競馬場 (有)池ばた 1:35.6
第31回高松宮記念 トロットスター 牡5 蛯名正義 中野栄治 JRA美浦
3月25日 中京競馬場 高野稔 1:08.4
第61回桜花賞 テイエムオーシャン 牝3 本田優 西浦勝一 JRA栗東
4月8日 阪神競馬場 竹園正繼 1:34.4
第61回皐月賞 アグネスタキオン 牡3 河内洋 長浜博之 JRA栗東
4月15日 中山競馬場 渡辺孝男 2:00.3
第123回天皇賞(春) テイエムオペラオー 牡5 和田竜二 岩元市三 JRA栗東
4月29日 京都競馬場 竹園正繼 3:16.2
第6回NHKマイルカップ クロフネ 牡3 武豊 松田国英 JRA栗東
5月6日 東京競馬場 金子真人 1:33.0
第62回優駿牝馬(オークス) レディパステル 牝3 K.デザーモ 田中清隆 JRA栗東
5月20日 東京競馬場 ロードホースクラブ(株) 2:26.3
第68回東京優駿(日本ダービー) ジャングルポケット 牡3 角田晃一 渡辺栄 JRA栗東
5月27日 東京競馬場 齊藤四方司 2:27.0
第51回安田記念 ブラックホーク 牡7 横山典弘 国枝栄 JRA美浦
6月3日 東京競馬場 金子真人 1:33.0
第42回宝塚記念 メイショウドトウ 牡5 安田康彦 安田伊佐夫 JRA栗東
6月24日 阪神競馬場 松本好雄 2:11.7
第35回スプリンターズステークス トロットスター 牡5 蛯名正義 中野栄治 JRA美浦
9月30日 中山競馬場 高野稔 1:07.0
第6回秋華賞 テイエムオーシャン 牝3 本田優 西浦勝一 JRA栗東
10月14日 京都競馬場 竹園正繼 1:58.5
第62回菊花賞 マンハッタンカフェ 牡3 蛯名正義 小島太 JRA美浦
10月21日 京都競馬場 西川清 3:07.2
第124回天皇賞(秋) アグネスデジタル 牡4 四位洋文 白井寿昭 JRA栗東
10月28日 東京競馬場 渡辺孝男 2:02.0
第26回エリザベス女王杯 トゥザヴィクトリー 牝5 武豊 池江泰郎 JRA栗東
11月11日 京都競馬場 金子真人 2:12.8
第18回マイルチャンピオンシップ ゼンノエルシド 牡4 O.ペリエ 藤沢和雄 JRA美浦
11月18日 京都競馬場 大迫忍 1:33.2
第2回ジャパンカップダート クロフネ 牡3 武豊 松田国英 JRA栗東
11月24日 東京競馬場 金子真人 2:05.9
第21回ジャパンカップ ジャングルポケット 牡3 O.ペリエ 渡辺栄 JRA栗東
11月25日 東京競馬場 齊藤四方司 2:23.8
第53回阪神ジュベナイルフィリーズ タムロチェリー 牝2 O.ペリエ 西園正都 JRA栗東
12月2日 阪神競馬場 谷口屯 1:35.1
第53回朝日杯フューチュリティステークス アドマイヤドン 牡2 藤田伸二 松田博資 JRA栗東
12月9日 中山競馬場 近藤利一 1:33.8
第46回有馬記念 マンハッタンカフェ 牡3 蛯名正義 小島太 JRA美浦
12月23日 中山競馬場 西川清 2:33.1

中央競馬・障害[編集]

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 勝時計
第3回中山グランドジャンプ ゴーカイ 牡8 横山義行 郷原洋行 JRA美浦
4月14日 中山競馬場 吉橋計 4:52.3
第124回中山大障害 ユウフヨウホウ 牡4 今村康成 松元茂樹 JRA栗東
12月22日 中山競馬場 (株)アイテツ 4:44.1

地方競馬主要競走[編集]

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 勝時計
第50回川崎記念 レギュラーメンバー 牡4 松永幹夫 山本正司 JRA栗東
1月26日 川崎競馬場 (有)ノースヒルズマネジメント 2:12.9
第24回帝王賞 マキバスナイパー 牡6 K.デザーモ 岡林光浩 船橋
6月26日 大井競馬場 新田知也 2:04.4
第3回ジャパンダートダービー トーシンブリザード 牡3 石崎隆之 佐藤賢二 JRA美浦
7月12日 大井競馬場 稲垣博信 2:05.8
第16回ダービーグランプリ ムガムチュウ 牡3 藤田伸二 清水出美 JRA栗東
9月24日 盛岡競馬場 寺田寿男 2:07.0
第14回マイルチャンピオンシップ南部杯 アグネスデジタル 牡4 四位洋文 白井寿昭 JRA栗東
10月8日 盛岡競馬場 渡辺孝男 1:37.7
第1回JBCスプリント ノボジャック 牡4 蛯名正義 森秀行 JRA栗東
10月31日 大井競馬場 (有)池ばた 1:11.1
第1回JBCクラシック レギュラーメンバー 牡4 松永幹夫 山本正司 JRA栗東
10月31日 大井競馬場 (有)ノースヒルズマネジメント 2:05.2
第47回東京大賞典 トーホウエンペラー 牡5 菅原勲 千葉四美 岩手
12月29日 大井競馬場 (株)東豊物産 2:05.2

表彰[編集]

JRA賞[編集]

  • 年度代表馬・最優秀3歳牡馬 ジャングルポケット
  • 最優秀2歳牡馬 アドマイヤドン
  • 最優秀2歳牝馬 タムロチェリー
  • 最優秀3歳牝馬 テイエムオーシャン
  • 最優秀4歳以上牡馬 アグネスデジタル
  • 最優秀5歳以上牝馬 トゥザヴィクトリー
  • 最優秀父内国産馬 該当馬なし
  • 最優秀短距離馬 トロットスター
  • 最優秀ダートホース クロフネ
  • 最優秀障害馬 ゴーカイ
  • 特別賞 ステイゴールド

ダートグレード競走最優秀馬[編集]

NARグランプリ[編集]

  • 年度代表馬・サラブレッド系5歳上最優秀馬 トーホウエンペラー
  • サラブレッド系2歳最優秀馬 プリンシパルリバー
  • サラブレッド系3歳最優秀馬 トーシンブリザード
  • 最優秀牝馬 該当馬なし
  • 最優秀短距離馬 該当馬なし
  • アラブ系2歳最優秀馬 レビンマサ
  • アラブ系3歳最優秀馬 フジナミスペシャル
  • アラブ系4歳上最優秀馬 ワシュウジョージ
  • ばんえい最優秀馬サカノタイソン
  • 特別表彰馬 ノボジャック

リーディング[編集]

リーディングジョッキー[編集]

分類 騎手の氏名 勝利数
中央競馬
地方競馬
ばんえい競走

リーディングトレーナー[編集]

分類 調教師の氏名 勝利数
中央競馬
地方競馬
ばんえい競走

リーディングオーナー[編集]

リーディングブリーダー[編集]

リーディングサイアー[編集]

リーディングブルードメアサイアー[編集]

誕生[編集]

この年に生まれた競走馬は2004年のクラシック世代となる。

競走馬[編集]

人物[編集]

死去[編集]

競走馬、繁殖馬[編集]

人物[編集]

引退[編集]

競走馬[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 競馬歴史新聞編集委員会『新版競馬歴史新聞』日本文芸社、2004年。ISBN 4-537-25205-7。
  • 一般社団法人 中央競馬振興会『日本近代競馬総合年表』中央競馬ピーアール・センター、2018年。

注釈[編集]

  1. ^ 2011年ヴィクトワールピサが1着となるまでは日本馬の最高着順
  2. ^ 新潟競馬場としては基準タイム

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『総合年表』p.255
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『総合年表』p.256
  3. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年2月26日). 2020年9月27日閲覧。
  4. ^ 栗東レポート”. 競馬ブック (2001年3月26日). 2020年9月27日閲覧。
  5. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年6月4日). 2020年9月27日閲覧。
  6. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年6月18日). 2020年9月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 『総合年表』p.257
  8. ^ a b ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年9月24日). 2020年9月27日閲覧。
  9. ^ a b ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年10月22日). 2020年9月27日閲覧。
  10. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2002年1月8日). 2020年9月27日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j 『総合年表』p.258
  12. ^ a b ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2002年1月15日). 2020年9月27日閲覧。
  13. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年3月19日). 2020年9月27日閲覧。
  14. ^ ニュースぷらざ美浦”. 競馬ブック (2001年4月9日). 2020年9月27日閲覧。
  15. ^ a b ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年4月23日). 2020年9月27日閲覧。
  16. ^ ニュースぷらざ栗東”. 競馬ブック (2001年5月28日). 2020年9月27日閲覧。
  17. ^ a b ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年5月28日). 2020年9月27日閲覧。
  18. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年7月23日). 2020年9月27日閲覧。
  19. ^ ニュースぷらざ栗東”. 競馬ブック (2001年10月1日). 2020年9月27日閲覧。
  20. ^ ニュースぷらざ美浦”. 競馬ブック (2001年11月12日). 2020年9月27日閲覧。
  21. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年1月31日). 2020年9月27日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年3月5日). 2020年9月27日閲覧。
  23. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年5月7日). 2020年9月27日閲覧。
  24. ^ a b c ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年6月25日). 2020年9月27日閲覧。
  25. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年8月20日). 2020年9月27日閲覧。
  26. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年10月15日). 2020年9月27日閲覧。
  27. ^ a b c ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年12月3日). 2020年9月27日閲覧。
  28. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年12月17日). 2020年9月27日閲覧。
  29. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年1月23日). 2020年9月27日閲覧。
  30. ^ 栗東レポート”. 競馬ブック (2001年2月5日). 2020年9月27日閲覧。
  31. ^ 栗東レポート”. 競馬ブック (2001年2月12日). 2020年9月27日閲覧。
  32. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年2月19日). 2020年9月27日閲覧。
  33. ^ 栗東レポート”. 競馬ブック (2001年2月26日). 2020年9月27日閲覧。
  34. ^ 美浦レポート”. 競馬ブック (2001年3月26日). 2020年9月27日閲覧。
  35. ^ ニュースぷらざ栗東”. 競馬ブック (2001年4月30日). 2020年9月27日閲覧。
  36. ^ a b ニュースぷらざ美浦”. 競馬ブック (2001年5月28日). 2020年9月27日閲覧。
  37. ^ ニュースぷらざ栗東”. 競馬ブック (2001年6月4日). 2020年9月27日閲覧。
  38. ^ ニュースぷらざ美浦”. 競馬ブック (2001年6月25日). 2020年9月27日閲覧。
  39. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年7月30日). 2020年9月27日閲覧。
  40. ^ ニュースぷらざ栗東”. 競馬ブック (2001年8月6日). 2020年9月27日閲覧。
  41. ^ a b c ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年9月3日). 2020年9月27日閲覧。
  42. ^ ニュースぷらざ栗東”. 競馬ブック (2001年9月24日). 2020年9月27日閲覧。
  43. ^ a b ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年10月1日). 2020年9月27日閲覧。
  44. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年10月8日). 2020年9月27日閲覧。
  45. ^ ニュースぷらざ美浦”. 競馬ブック (2001年10月15日). 2020年9月27日閲覧。
  46. ^ ニュースぷらざ栗東”. 競馬ブック (2001年10月15日). 2020年9月27日閲覧。
  47. ^ a b ニュースぷらざ美浦”. 競馬ブック (2001年10月29日). 2020年9月27日閲覧。
  48. ^ a b ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年11月12日). 2020年9月27日閲覧。
  49. ^ ニュースぷらざ栗東”. 競馬ブック (2001年11月26日). 2020年9月27日閲覧。
  50. ^ a b ニュースぷらざ美浦”. 競馬ブック (2001年12月17日). 2020年9月27日閲覧。
  51. ^ ニュースぷらざ栗東”. 競馬ブック (2001年12月17日). 2020年9月27日閲覧。
  52. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年2月5日). 2020年9月27日閲覧。
  53. ^ 美浦レポート”. 競馬ブック (2001年2月12日). 2020年9月27日閲覧。
  54. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年4月9日). 2020年9月27日閲覧。
  55. ^ ニュースぷらざ”. 競馬ブック (2001年8月13日). 2020年9月27日閲覧。